NO IMAGE

初心者向けの手法IPO投資とはなにか

  • 2019年4月21日
  • IPO
IPO NO IMAGE

IPO投資は素人でもかなりの確率で勝てる勝負です。

IPO投資とは簡単に言えば新規に上場する会社の株を買う投資法です。

新規上場する株は割安に売られることも多く、将来性に期待する声も大きいため高騰する可能性が高いです。

そこでその割安分で利益を得られる事ができる可能性があるのがIPO投資法なのです。

IPOは他の投資法と比べてのリスクが低く高い確率で勝てますので特に初心者におすすめなのです。

IPO投資の参加方法


IPO投資は証券会社に抽選やブックビルディングの申込みをする必要があります。

各証券会社によって参加方法や抽選の仕方が違います。

IPO投資はなかなか当選する可能性が低いですから複数の証券会社から応募するのがおすすめです。

IPO投資をするなら開設しておきたい証券口座は以下のページを御覧ください。

関連記事

IPOはリスクが低くリターンが大きいが当選しずらいIPO(新規公開株)の購入はかなりリスクが低くリターンが大きい投資法です。そのため人気が高くなかなか当選しにくいです。当選確率をあげるためおすすめしたいのはた[…]

IPO証券会社一覧

IPO投資のデメリット


IPO投資は簡単にできて儲かる手法です。

しかし、大きなデメリットがあります。

そもそもIPOのなかなか当たらない

それはなかなか当たらないということです。

IPO投資は儲かる確率が高いわけですからみんなが挑戦したいわけです。

しかし、公開される株数には限りがありますので争奪戦となってしまうんですね。

そのため買えるかどうかは基本的に抽選です。(証券会社の上顧客はそうでもないケースもあります)

そもそも抽選にあたらないとその株が買えませんので儲かることはないのです。

どれくらいの確率であたるのかは証券会社もデータを公開していないところが多く正確にはわかりませんが当選者と応募者の比較で数十倍から数千倍の確率になるケースもあるようです。

ですから宝くじにあたるくらいの確率でしか当たらないという認識でいるとよいかもしれません。

ただし、宝くじと違って当たらなければ参加するのにお金がかからないことはかなり大きなメリットかも知れません。

関連記事

もうすぐ毎年恒例の年末ジャンボ宝くじが発売の季節になりますね。今年こそは当選してやると息巻いて買おうと思っている方ちょっとお待ち下さい。もっとよいお金の使いみちがあるのです。この記事を読んでも買おうと思うなら止めませ[…]

宝くじとIPO投資

必ず上がるとは限らない

IPO投資も株を買うのですから絶対はありません。

中には昨年大きな話題となったソフトバンクの通信子会社ソフトバンクのように公開価格より初値が低いマイナススタートとなってしまう株もあるのです。

※公開価格はIPOの抽選に当選した人が買える価格、初値は上場時に初めてつく価格。

このあたりはある程度銘柄を選別する必要があるのです。

選別するのはある程度の知識が必要ですが可能です。例えば私も前述のソフトバンクの通信子会社ソフトバンクのIIPOの抽選は当選していました。しかし、儲かる可能性は低いと判断し辞退しております。

ソフトバンクは抽選に参加するくらいギリギリまで迷いましたが、はじめからこりゃ駄目だ・・って銘柄もありますのでそのあたりは選別しておかないと大きなリスクとなりますね。

関連記事

今週12月19日にソフトバンクHDの子会社ソフトバンクが東証一部にIPO(新規上場)します。過去最大規模のIPOということで注目度はすごいですね。私ももちろんお祭りIPOなので抽選にほどほどに挑戦しました。(全力でないのは後[…]

ソフトバンクIPOキャンセル

ある程度の資金が必要となる

もう一つのデメリットは資金の証券会社にもよりますが、IPOへの申込みをするためには先に資金が必要な場合があることです。資金が拘束されてしまうんですね。

例えばSMBC日興証券やマネックス証券などは応募時に資金がないとそもそもIPOの抽選に申し込みができません。抽選が終わるまで資金が拘束されます。(引き出してもいいですが抽選日に資金がなければ抽選対象外となります)

また、SBI証券などは抽選日にそのIPO銘柄が買えるだけの資金を入れて置く必要があります。

つまり、それなりの資金が応募するために必要になるということです。

金額は銘柄にもより最低単位で5万円くらいから100万円くらいまで様々です。

私の場合は面倒ですので各証券会社にIPOに必要になるだろう資金をおいてあります。

ただし、野村證券など資金0円で応募が可能で、当選しなければ資金がいらないところもあります。その分応募も多いため当選確率は厳しそうです。

IPO投資のポイント


IPO投資は簡単で儲かりますが幾つか守らないといけないことがあります。

まず1つ目が危なそうな銘柄には近づかないことです。デメリットでも書きましたが新規上場株が全て上がるわけではありません。

そこを見極めて抽選に参加するしないを決めてください。

当サイトでも参加すべきなのかどうかを検討していきたいと思います。

基本的にIPO銘柄の初値は需要と供給で決まります。そのあたりを見極める必要があるのです。

2つ目が売るタイミングです。

基本的にはIPO投資は初値で売るのがセオリーです。

公開価格と初値の差が利益となるやり方です。

このやり方が一番リスクは低くなります。

しかし、初値がついたあと高騰する銘柄もありますのでいつ売るのはということはよく考えなくてはならないのです。

セカンダリー投資といってIPOには抽選に外れた人などが初値で買う投資法があるくらい新規上場の株は値動きが大きいです。

初値より高くなることも多いですがリスクも多いです。

ずっと相場をみていられる方はタイミングを見計らうこともいいでしょうが、それ以外の方は基本的には早めに売ったほうがリスクは少ないでしょうね。

まとめ


IPO投資はとても簡単で儲かりますが注意しないとリスクもあります。

また、なかなか当選しないので諦めてしまう方も多いです。

本サイトでは当選方法を上げる手法などもご紹介しますのでぜひ挑戦してみてください。

読んで頂きありがとうございます、

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「いいね」、「フォロー」していただけるととうれしいです

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!