株式投資の有料noteを買うな!!同じお金を出すなら海外の著名投資家の書籍を買え!

ここ最近、株価が乱高下した影響やグーグルコアアップデートの影響なのか株式投資界隈にも有料noteや情報商材の波が押し寄せています。

しかも、結構売れているようなのです。

しかし、私の個人的な意見として言わせてもらうならば「投資をするのに有料noteを必要ないし、買わないほうがよい」と考えています。

同じお金を出すなら海外の著名投資家の書籍を買うほうが有意義なんですよ。

今回はこの株式投資における有料noteについて考えていきましょう。

有料noteってなに?

まず、今回の前提となる「有料note」ってなに?って方も多いでしょうからそこからみていきましょう。

noteとは

noteとは公式の言葉を引用すると以下のようなサービスです

文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿して、クリエイターとユーザをつなぐことができる、まったく新しいタイプのウェブサービスです。 つくった作品(ノート)は、通常のブログやSNSなどと同様に無料で公開することもできますし、手軽に売り買いすることも可能です。
出所:note公式

簡単に言えば個人が様々な情報発信ができるメディアってことですね。

多くはブログ形式で公開されています。

私もいくつか無料記事(投資系以外)を投稿してみましたが、はてなブログやライブドアブログと比較してもより手軽に発信できるブログメディアって感じました。

アクセスもそれなりにあり将来性あるメデイアであることは確かです。

手軽な分、制限も多いですけどね。

有料noteとは

前述のようにnoteは記事などを無料で公開することもできますし、有料で販売することもできるのが最大の特徴です。

例えばこのブログ記事は会心の出来だから有料で販売するとかそういった使い方がされるのが想定されているのでしょう。

また、途中まで無料、途中からは有料って形で提供されている方も多いですね。

仕組み的には別に悪いものでは決してありません

後追いで登場したBrainも似たサービスですね。



株式投資における有料noteの問題

それではなぜ株式投資における有料noteを勧められないのでしょう。

もちろん中には優良な有料noteもあるとおもいます。

しかし、多くはそうではありません。

おすすめできない理由としては以下が挙げられます。

誰が書いたの記事なの?

まず、誰が書いた有料記事なのか?というところがあります。

有料noteは誰でも発行できる

noteの魅力ではあるのですが、有料noteの作者は誰でもなれます。

そのため、投資のプロや投資実績がある人が書いたものばかりではないのです。

素人に毛が生えたような人が書いてある記事も多く存在します。

そんな人の投資法を聞いたところで・・・ってのは大きいです。

実績はいくらでも盛れる

また、作者のプロフィールや実績が書いてあっても盛ったような内容が多く存在しています。

ちなみに証券口座のスクショや預金口座のスクショなんて簡単に偽装が可能

ですからその手の証拠が出ていても全面的には信用が出来ないんですよ。

もちろん作者のプロフィールなんて自己申告ですからね。

私もそれなりに投資経験が長いですからバーチャルの方はだいたいわかります。

有料noteを出している方にそういった傾向が多く見受けられるんですよ。

単に一発当たっただけ

もちろん中には本当に実績を出している方もみえるでしょう。

しかし、そういったケースでも短期的に運が良かっただけという場合も。

つまり、競馬で大穴当てた、宝くじで一等当選したって人の攻略法レベルの話のケースも。

株式投資の話ではありませんが、ほんの少しの成功体験を大きく謳い、有料noteを販売。

その有料noteの収益をネットで稼いだと載せてすげえだろ・・・

こうなりたいなら有料noteを販売しようぜって記事を有料で販売している有名な人までいますね。

レベルや内容が保証されていない

また、書籍などと違いレベルや記載内容に保証がないこともあります。

通常の書籍であれば出版社が間に入りますからあまりにレベルが低い内容だったり、問題のある記載内容だったとしたら出版させないでしょう。

しかし、noteの場合は基本的にそういったことがないのです。(犯罪行為等はnoteが取り締まっていますが・・・)

ですからレベルの担保が全くない状態といってよいのです。

そもそも本当に実績が伴って発信もしていれば出版社から書籍出版の話がきますしね。(私レベルでも何度か来てます)

現在進行系の手法は公開しない

また、よく考えれば当然のことですが、株式投資などでかなり高い確率で儲かる手法があったとしても現在進行系で使えるならば普通は公開しません。

真似する人が増えれば通用しなくなる可能性が高いからです。

価格に見合うの?

また、有料noteの多くは価格に見合わないレベルのものが多いです。

1記事数百円レベルなら問題はないでしょう。

しかし、数千円、数万円だしてその記事を読む価値があるのかはよく考える必要があります。

例えばアメリカの著名投資家でマーケットの魔術師にも載っている「ウィリアム・オニール」氏は多くの著書を書いています。

その代表的な著書「オニールの成長株発掘法」や「オニールの相場師養成講座」は2,800円+税です。

この金額を越える株式投資関連の有料noteはたくさんありますが、内容的に超えられているものはどれだけあるのでしょうか?

ちなみに「オニールの成長株発掘法」は」428ページ、「オニールの相場師養成講座」は240ページあります。

ボリューム的にも多くの有料noteはこれより少ないでしょう。(文字数が多ければ良いってもんでもないでしょうが)

>>次は株式投資をするなら有料note買うよりも有名な株本を買おう

株式投資の有料noteを買うな!! 同じお金を出すならの書籍を買え!
最新情報をチェックしよう!