セル・イン・メイ(株は5月に売れ)は本当か?

セルインメイ

株式の有名な格言にセル・イン・メイ SELL IN MAY(株は5月に売れ)というのがあります。この格言が本当に当たっているのでしょうか?今回はセル・イン・メイを検証して見たいと思います。

 

セル・イン・メイ(株は5月に売れ)とは


セルインメイ(SELL IN MAY)とは直訳どおり株は5月を売れということで9月の半ばまで相場から離れていろというウォール街の格言です。もともとアメリカで言われていたことになります。下記はアメリカダウと日経平均の5年チャートです。赤い丸の地点が5月です。今年はまだですので過去4年を見てみるとダウは2年がプラス、2年がマイナス、日経平均は1年プラス、3年マイナスとなっています、しかし、よくみるとプラスでも少し上がっているだけなのがわかるでしょう。また、日経は2106年は大きく下げてるのがわかります。ある程度格言どうりと言えなくもありません。

 
セルインメイ
出所:yahoo finance日経平均セルインメイ出所:yahoo finance

なぜ5月に売るのか?


それではなぜ5月に売れという格言ができたのでしょうか?5月に株価が下がるからでしょうか?これはもともとアメリカのヘッジファンドのルールに45日ルールというのがあり、それに伴い5月に売られやすいからというのがもともとの発生源だそうです。現在はそのルールがないためあまり関係ないとも言われています。また、アメリカの税還付の件じゃないか?信用取引の決済期限の関係じゃないのか?など色々な説があります。正直いろんな要素が絡んでいるのでしょうが一番大きいのがこの格言があることでいったん売っておこうかなって人が多いのではないかなって思ってます。結局相場は心理ゲーム的なところが多分に含まれていますのでその影響が大きいのです。

 

まとめ


セル・イン・メイはよく聞く格言ですが、過去5年でもある程度はその傾向が読み取れましたが、すごい顕著な結果という訳でもありませんでした。特に初心者の人はそういう格言などにとらわれがちになりますが気にしすぎもよくないと思います。なんども書いていますが積立式にしてドルコスト平均的に買っていけばあまりそういうことに惑わされずに住むと思いますのでオススメです。

 

読んで頂きありがとうございます、最後に応援クリックを頂けると励みになりますm(__)m
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. 株価晴れる
    確定拠出年金(iDeCo)とは、毎月決まった金額を積み立てることで老後の生活に備えるための公的な制度…
  2. 赤字
    日本郵政が民営化後初めての赤字となりました。しかもその金額は400億と大きいこと、ちょうど郵便料金が…
  3. つみたてNISAアクティブ
    つみたてNISA対象のアクティブ型 つみたてNISA向けにはすでに138本の商品が用意…
  4. SBI証券でイデコオススメ運用商品
    激戦の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) 楽天証券が10万円以上の残高で手数料無料にすると発…
  5. パッシブ、アクティブどちらがよい
    前回の記事で書きましたが個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)での運用では国内株式型でパッシブ運用…
  6. さわかみファンドつみたてNISA
    さわかみファンドがつみたてNISA導入見送り 来年から鳴り物入りではじまるつみたてNISA。 …
  7. 8資産バランスを再現
    iFree8資産バランスをiDeCo(イデコ)で買えるのはSBI証券だけ SBI証券「…
  8. 30代のイデコ加入
    年代ごとに違う個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ iDeCoはこのペー…
ページ上部へ戻る