1ツイートが3億円で売れる?今話題のNFTとはなにか?投資対象となり得る?

今年に入り急に話題となってきた用語に「NFT」があります。

特に大きな話題になったのがツイッター上で初めて投稿されたツイートのNFTが3億円超で売却された話でしょう。

ツイートが売れるってどういうこっちゃ??NFTってなんだ??って方も多いでしょうから今回はNFTについて解説していきます。

NFTとはなにか?

NFTとはNon-Fungible Tokenの略で日本語に訳すと非代替トークンです。

ちょっとわかりにくいですね笑

簡単に言えば偽造不可能な鑑定書や証明書がついたデジタルデータ

仮想通貨に使われているブロックチェーン技術を使ってNFTの所有者等を証明できるのです。

はじめてのツイートが3億円超える

前述したようにNFTで大きな話題となったのが、2021年3月に実施されたツイッターの共同創業者でCEOのJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏の最初のツイートをNFT販売です。

オークション形式で販売されたのですが、なんと50.8751669BTCの値が付いたんですよ。

当時のレートに換算すれば291万ドル(日本円で3億1,500万円)・・・

ツイートが販売できるわけですから様々なデジタル作品がNFTで今後販売されていくことになるでしょう。

今NFT化されているのが以下のようなものがありますが、他にもいろいろでてきそうです。

  • アート作品
  • 音楽
  • ゲームアイテム
  • デジタル上の土地
  • ライブチケット

投資対象として魅力的か

今回ツイートを購入した方の目的はわかりませんが、NFTを買う大きな目的は投資です。

デジタルコンテンツ自体はコピーも簡単ですからあまり価値が付きません。

また、ツイートを見るだけなら誰でも簡単にできます。

しかし、NFTになれば偽造もできませんし、所有者が証明できますので資産価値が大きく上がるのです。

所有する価値が付いてくるんですね。

つまり、所有権を売買してる感じです。

サブスクは聞く権利や見る権利ですから所有している感じは全くありません。

しかし、NFT作品を購入すれば所有していることになるのです。

絵画が投資対象になったりもしていますが、今後NFT作品が同じような意味を持ってくる可能性があります。

NFTの市場規模は右肩あがり

NFTの市場規模はNFTのデータベースを提供している「NonFungible.com」によると2020年度で315百万ドルだったそうです。

さらに2021年度には前述のツイートの売却で知名度が急激に伸びていることで1月〜3月期で1,500百万ドルと急拡大しているとの話もあります。

今後もしばらくは成長が続きそうな予感があります。

そういった点でもNFTは投資対象としても面白いかもしれませんね。

NFT作品は売却もできる

購入したNFT作品は売却も可能です。

通常の絵画などの作品とは基本的に同じなんですよ。

デジタルですから劣化もしませんから、人気が高まってこれば価値が上る可能性もあります。

そういう点でも投資対象として見られているのでしょう。

アーティスト支援の側面も

また、ミュージシャンや画家などデジタルコンテンツを作る側にもメリットがあります。

今までオンラインコンテンツはコピーが容易であることからあまり儲かるものではありませんでした。

しかし、所有する価値が加わることで高い金額で売れる可能性が高くなりますからね。

つまりアーティストにとってもプラスとなるのがNFTなのです。

昔は音楽を聞くといえばCDを買うのが当たり前でした。

しかし、ネット上で違法で簡単に音楽をダウンロードできるようになりCDが売れなくなり、握手券が付いたCDだけが馬鹿売れするという状況に。

最近ではサブスクで音楽を聞く人が増えていますが、プラットフォームを通しているためアーティストに落ちるお金はそれほど高くありません。

しかし、NFTならアーティストが直接販売できますからアーティストの活動資金にもなりやすいのです。

NFTのデメリット

今まで見てきたようにNFTはかなり魅力的な技術です。

しかし、まだまだこれからの部分も多くデメリットも多いんですよ。

投資対象として考えるならこれらの点は考えておく必要はあるでしょう。

金融庁の規制対象外

まず、NFTはまだ法律が未整備であるという点が最大のデメリットかもしれません。

NFT事業者自体が金融庁の規制監査外とされているのです。

そのため、初期の仮想通貨でよくあったような事件や不正が起こりかねない怖さがあります。

仮想通貨では下記のように多くの問題が起こっています。

  • 2014年:「マウントゴックス」ビットコイン盗難事件:被害390億円相当
  • 2016年:「Bitfinex」ビットコイン流出事件:被害73億円相当
  • 2017年:「Nicehash」ビットコイン流出事件:被害76億円相当
  • 2018年:「Coincheck」NEM流出事件:被害589億円相当
  • 2018年:「BitGrai」Nano流出事件:被害204億円相当
  • 2018年:「Zaif」ビットコイン流出事件:被害70億円相当

そのため、現在は仮想通貨交換業は登録制となり金融庁が監査しています。

流動性が低い

NFT作品は絵画の売買と同じようなもので売買の流動性は限りなく低いです。

そのため、株や仮想通貨の売買のように簡単に取引ができるとは限りません。

高額で入手したけど売るに売れないということになる可能性もあるのです。

詐欺やマルチ商法が流行りそう

仮想通貨でも詐欺やマルチ商法が流行っていましたが、NFTも同様になりそうな予感があります。

とくにNFT作品は価値がよりわかりにくいですからね・・・

日本でNFTを売買する方法

それではNFTを売買するにはどうすればよいのでしょう?

これは仮想通貨と同じように取引する場で売買することになります。

日本ではマネックス証券グループのコインチェックが他社に先駆けて国内初で2021年3月24日から「NFTマーケットβ版」をスタートしていますね。

Coincheckの口座をお持ちの方であれば、ワンストップでNFTの出品・購入・保管ができます。

現在はβ版ということもあり、日本最大級のブロックチェーンゲーム「CryptoSpells」および全世界4,000万DLを達成した「The Sandbox」で利用可能なNFTが取り扱われていますね。

今後はゲームのみならず、アートやスポーツなど幅広い分野に拡大していく予定とのこと。

まとめ

今回は「1ツイートが3億円で売れる?今話題のNFTとはなにか?投資対象となり得る?」と題してNFTについてみてきました。

まだまだこれからの分野ですから将来どうなるのかはわかりません。

しかし、夢のある話であることには間違いないでしょうね。

私はまだNFTに投資をすることはしませんが、観察していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

ツイートが売れる
最新情報をチェックしよう!