とうとうイーサリムまできた!!年明け以降約5日で倍!!

イーサリアム高騰

イーサリアムが5日で約2倍へ


仮想通貨といえばビットコインが有名ですがそれだけはありません。

無数の仮想通貨(一説には約1000通貨あるとか)が存在しています。

年末はビットコインを始めとした仮想通貨が軒並み下がっていました。

税金がだいぶ掛かる方が多いようでその換金売りでは?との噂もありましたが・・・

しかし、年をあけたら仮想通貨は軒並み元気です。

その中でもイーサリアムが年明け以降約2倍と元気です。

今回はそんなイーサリアムについて見ていきます。

イーサリアムとは

イーサリアムとは仮想通貨の一種です。

仮想通貨としてのイーサリアム(Ethereum)の通貨単位はイーサ(Ether)ですが、それ以外にユーザが独自に定義した契約(スマートコントラクト)・財産を扱うことができる柔軟性の高い仮想通貨です。

先日まではビットコインに次ぐ時価総額2位でしたが先日リップルに抜かれました。

今回の上げで2位に返り咲いたかな?

ただリップルも負けず劣らず上がっていますので・・・



イーサリアムの価格

Ripple (リップル)の価格は現在126000円前後です
ビットコインなんかと比べるとかなり買いやすい金額ですね。

しかし、ちょっとまでは30000円前後だったのです。

すごい高騰ですよね。

こういうすごい安い仮想通貨を扱い始めたばかりのころに買っておくのも作戦としては面白いと思うのです。

イーサリアムを買うには

イーサリアムは時価総額2位でしたのでメジャーところなら大抵取扱いがあります。

CoinCheck

まずはCoinCheckです。

最近は出川哲朗氏のCMでも有名になってますね。

ビットコイン取引所としてはアプリの利用者数NO1となっており人気です。

私も一番初めに開いた取引所です。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットトレード

次はBittradeです。

こちらもビットコインやリップル以外にもライトコインやイーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュが購入する事ができます。

ビットバンク

もう一つがビットバンクです。

こちらはビットコインなどの仮想通貨でFXができます。

レバレッジも掛けることができますのでよりハイリスク・ハイリターンを求めたい方に人気となっています。

こちらもビットコインやリップル以外にもライトコインやイーサリアムが買えます。
リップルならビットバンク

bitFlyer(ビットフライヤー)

次はビットフライヤ−です。
ビットコイン、イーサリアムの取引所としては国内最王手です。
リクルート、SBIインベストメント、三菱UFJキャピタル、三井住友海上キャピタル、GMOなど大手が多数出資していますので会社としての安心感は他よりも高そうです。

ビットコイン、Ehereum、Ehereum Classic、ライトコイン、Bitocoin Cashなどを取り扱っています。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

GMOコイン

こちらもビットコインなどの仮想通貨でFXができます。

レバレッジも掛けることができますのでよりハイリスク・ハイリターンを求めたい方に人気となっています。

こちらもビットコインやイーサリアム以外にもビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルが買えます。

GMOグループがバックにいるのは安心感が高いですね。

今なら20,000サトシプレゼントキャンペーンやってますのでお得です。

バイナンス

中国の取引所で日本語が使えるバイナンスでも買うことができます。

バイナンス特徴は扱っているコインの数が半端ないことです。

かなり多くの仮想通貨を扱っています。(アジアで1番種類が多いらしい)

マイナーな仮想通貨買いたいならここはおすすめですね。

また、ビットコインが分岐したときに日本の取引所はあまりあたらしい仮想通貨を配布していませんが

バイナンスはほとんど配布しているようです。

このあたりを考えるとオススメの取引所です。

詳しくはこちらをご覧ください。

ビットポイント

もう一つがビットポイントです。

こちらも上場企業の運営ですから安心感は高いですね。

リップルやイーサリアムなどの仮想通貨の戦略

ビットコインもそうですがイーサリアム、リップル、モナコインやPEPECASHなどの仮想通貨は特に乱高下が激しいです。

そのためおすすめは普通の投資と一緒で分散投資ですね。

どれが高騰するかなんて正直よくわかりません。

株のようにファンダメンタルもありませんので

どこまでが割安で割高なんてないのです・・・

面白いところであり怖いところですね。

ですからちょっとずつ買っておくのがよいのかもしれません。

「卵は1つの籠に盛るな」ですね

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を始めるには

仮想通貨も資金の逃げ先として認知がかなりされてきた感があります。

今回のように戦争不安なんかがあれば資金は逃げ先をさがします。

その際に今までは金などが有望でしたが今後は仮想通貨へもかなりの金額が向かうのでは?ともいわれています。

また、アメリカではビットコインの先物もできましたしこの先楽しみではありますね。

しかし、まだまだ乱高下が激しいですから一部資産だけにしておくのがオススメですが分散先として検討してもいいかもしれません。

仮想通貨を始めるにはまず取引所の口座が必要です。

株式投資の証券口座みたいなものと言えば理解しやすいかもしれませんね。

他にビットコイン、仮想通貨関連はこちらの記事もご覧ください。






読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
ビットコインブログランキング
人気ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. 確定拠出年金規制
    昨年話題になりました確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の運用商品の上限を35本に制限するという話。…
  2. ビットコインの税金
    曖昧だったビットコインなどの仮想通貨の税金 今まで仮想通貨の税金関連はかなりあいまいで…
  3. イデコ加入者増加中
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の2月までの加入者推移 個人型確定拠出年金(iDeCo/イ…
  4. 松井証券のイデコ運用商品はこう選ぶ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に松井証券が新風 楽天証券が10万円以上の残高で手数料無料…
  5. ふるさと納税グルメポイント
    冷蔵庫、冷凍庫を圧迫するふるさと納税の返礼品 ふるさと納税は市町村に寄附をするとそのかわりに住民税…
  6. イデコの年末調整・確定申告の方法
    忘れずやっておこう。個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の年末調整 急に寒くなってきましたね。…
  7. 年金支給年齢68歳へ
    平成30年4月11日に財務省の「財政制度分科会」が社会保障の今後の考え方について議論しました。 …
  8. イデコ統計資料をみてびっくり
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の統計データがでました。 個人型確定拠出年金(…
ページ上部へ戻る