トンチン年金大人気

トンチン年金(ながいき年金)の新商品続々登場。しかし・・・

トンチン年金(長生き年金)が大人気


最近だいぶ前に書いた下記のトンチン年金の記事のアクセスが急騰しています。

なぜだろう?と思ってましたが今日のモーニングサテライトを見て納得しました。

野村証券と三井住友銀行が新しいトンチン年金(ながいき年金)を発売するみたいですね。

今回はこの件を見ていきたいと思います。

関連記事

あまり聞き慣れないかもしれませんが「トンチン年金」(トンチン保険ともいう)という保険商品があります。個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と少し毛色は違いますが老後に備えるという点では同様の商品です。今回はこの「トンチン年[…]

トンチン年金

トンチン年金とは

トンチン年金とは簡単に言えば長生きに備えるための保険です。

長く生きれば得をして早く亡くなれば損をする仕組みで長生きに備えることができます。

多少違いますが日本の年金制度(国民年金や厚生年金)もこれと似たような考え方にもとづいた仕組みです。

トンチンって聞きなれないと思いますがトンチン年金を開発した「トンティ」Lorenzo Tonti(1630‐95)の名前から名付けられたようです。

寿命がどんどん伸びていますので長生きをした場合を考えておくことは重要ってことですね。

トンチン年金について詳しくは上記の記事をご覧ください。


トンチン年金の新商品

トンチン年金としては野村證券がマスミュチュアル生命の「ながいき年金プラン」の販売、

三井住友銀行も今日の日経新聞に外貨建て年金を発売するとでていました。

(詳しくはプレスリリース等がまだでていませんのでわかりませんが)

とりあえず現状判明しているマスミュチュアル生命の「ながいき年金プラン」について見てみましょう。

ながいき年金プラン

ながいき年金プランはマスミュチュアル生命の定額年金(米ドル建)の一プランとなります。

ながいき年金プランの正式名称は年金総額保証付後厚終身年金です。

ちょっと長くてわかりにくいですね(笑)

他にも終身年金プラン(死ぬまでもらえる)や確定年金プラン(決まった金額を決まった期間もらえる)があります。

ながいき年金プラン

出所;マスミュチュアル生命の定額年金パンフレットより

ながいき年金プランの特徴

上記の図の通り契約からのしばらくの間の年金額を抑えることで死ぬまで(一生涯)もらえる年金を増やす仕組みです。

また、国民年金や国民年金基金と違い早くになくなった場合でも継続年金として家族が受け取れるのも特徴となっています。

一般的なトンチン年金は掛け捨て(早くなくなったら損)ですからそこはちょっと違いますね。

3%の利率を予定しているとのことで国民年金基金の1.5%と比較すると条件はよいですね。

(国民年金基金は責任準備金がかなり不足しているのでおすすめしかねます)

ながいき年金プランのリスク

ながいき保険のリスクとしては運営会社の業務や財産の状況によっては年金額などが削減されることがあるってことです。

特にこの商品は利率3%を見込んでいますのでそのあたりはちょっと怖いところがありますね。

ただ、生命保険契約者保護機構に加入しているのでもし破綻しても破綻時点の責任準備金の90%までは原則補償されますけどね・・

また、この保険自体が米ドルまたは豪ドル建てのため為替相場の変動の影響を受けることがあります。

為替の件と責任準備金の件にはちょっと目を光らせておく必要がありそうです。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)との比較

トンチン年金全体で言えることですが個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)が小規模企業共済等控除で全額所得控除扱いなのに対して、トンチン年金は保険料控除と控除額がかなり少なくなります。

そのため節税効果という点では個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に大きな分があります。

詳しくはこちらを御覧ください

関連記事

個人年金保険という方法もある将来の老後に備える制度としてこのページでも何度も紹介している「個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)」が人気です。それ以外に「個人年金保険」というものもありますので今回はご紹介していきます。[…]

個人年金保険とイデコ比較

対してトンチン年金は終身年金というメリットがあります。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は運用で増えた(減った)分を一括でもらうか分割でもらうかということになりますのでかなり長生きした場合に足りなくなってしまうことも考えられます。

しかし、トンチン年金はある程度決まった金額が死ぬまでもらえるのでそのあたりの計算はしやすくなります。

また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は貰える金額が自分の運用次第ですがトンチン年金はあらかじめ決まっているという違いもあります。

どちらがいいのかは好みですが、個人的には節税額の差が大きいため個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の方が良い気がします。

両方掛けるのも手でしょうね。

まとめ

今回は、トンチン年金の新商品の話をみてきました。

トンチン年金は商品として考えるとそこまで戻りもよくありませんし、元がとれるためにはかなり長生きしなくてはいきません。

そのためそこまで魅力的な商品とはいえないかもしれませんが、平均寿命もどんどん上がっていますし長生きのための保険と考えるとないこともないかな・・・って感じですね。

個人年金保険料控除の金額はだいぶ超えてしまいますので節税としての効果は薄いというのもポイントです。

ですから基本は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)やつみたてNISAような商品で老後に備えること

国民年金や厚生年金をもらうのを遅らせて(繰り下げ受給)もらう金額を減らすことでトンチン性を高めるのがよいと思います。

国民年金や厚生年金はもらうのを1年遅らせれば8.4%増、5年遅らせれば42%増します。

75歳まで遅らせることもできるようになりそうですのでそのあたりの制度を活用して対応したほうが良い気がしますね。

それでも余裕があったり、老後が心配の方はトンチン年金に加入するとよいと思います。

会社員・公務員の老後資金対策については詳しくはこちらからどうぞ

関連記事

会社員や公務員やフリーランスや自営業の方と比較すると老後資金はある程度確保されているといえます。厚生年金ですし、企業年金や退職金がある会社も多いです。しかし、それだけでは足りない方も多いのは事実です。今回はそんな会社[…]

会社員公務員の老後対策
自営業・フリーランスのための老後資金対策については詳しくはこちらからどうぞ
関連記事

自営業者・フリーランスは自分で老後対策が必要自営業者(個人事業主)やフリーランスは自由度はとても高いです。しかし、その分サラリーマンと違って老後の対策は自分である程度行っていく必要があります。実際にはほとんど[…]

自営業者フリーランスの老後対策

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの6社から選ぼう

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるならまずは金融機関を決める必要があります。

しかし、たくさんあってどこにしたらよいのかわからない方も多いでしょう。

簡単に決めてしまう方もおおいかもしれませんが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の場合、金融機関ごとの違いがとても大きいですから慎重に選びたいところです。

私が今もし、新たに加入するならSBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、イオン銀行、大和証券の6択の中から決めます。

この6つの金融機関は運営管理機関手数料は無料です。(国民年金基金連合会の手数料等は各社共通で掛かります。)

また、運用商品もインデックスファンドを中心に低信託報酬の商品が充実しています。順番に見ていきましょう。

SBI証券

イチオシははSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」です。

SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。

そのため選択の楽しさがあります。

また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

また、2018年11月からセレクトプランなる新しいプランができました。

こちらではeMAXIS Slimなども取り扱いがあり、信託報酬にも他に負けないだけのものになりましたね。

ちなみに既存加入者も無料でプラン変更可能となっています。

私も先日セレクトプランに変更しました。

また、SBI証券は確定拠出年金について古くから携わっており、1番の老舗で安心感が高いのも大きいと思います。

筆頭候補はSBI証券で決まりでしょう。

まずはこちらを検討してみてください。

マネックス証券

次点はマネックス証券 iDeCoです。

信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。

特にeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

また、最近、一番人気のひふみ年金もラインナップに追加されさらにスキがなくなりました。

松井証券

松井証券のiDeCoは取扱商品が12本と少ないですが、SBI証券やマネックス証券と同様にeMAXIS Slimシリーズを取り揃え信託報酬が最安値水準となっています。

抑えるところは抑えた感じがありますね。逆に本数が少ないことにより選びやすさは増しており初心者向けの筆頭候補といってもよいかもしれません。

また、35本制限まで余裕があるというのは最後発の強みですね。

1番人気のひふみ年金の取扱もあるのもポイント高いです。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。

このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。

また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。
イオン銀行iDeCo

楽天証券

楽天証券 確定拠出年金は人気のセゾン投信なんかにも加入できます。

また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった自社の人気商品の取扱が魅力です。

今後は楽天SPUの対象になったり、つみたてNISAのように楽天カードでポイントが貯まるようになるようでしたらかなり面白いです存在ですね。

大和証券

大和証券 iDeCoは大手証券会社でありながら、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にもかなり力を入れています。

他のネット証券と違い店舗が全国各地にたくさんあります。そこに魅力を感じる方にはおすすめできますね。

また、取扱商品もダイワつみたてインデックスシリーズなど信託報酬が安めの商品を取り揃えています。

また、UBS中国株式ファンド、ブラックロック・インド株ファンド、ダイワ・ロシア株ファンド、ダイワ・ブラジル株式ファンドといった他の金融機関ではみかけないその国特化のファンドなんかもあるのがおもしろいですね。

大和証券 iDeCo

総合して考えるとこの6つの金融機関ならどれかに加入すれば大きな後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

トンチン年金大人気
最新情報をチェックしよう!