Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • 節約技
  • お金を貯めるには入金を増やすか出費を減らすかしかありません。ここでは出費を減らすわざを見ていきます
振込手数料節約

証券会社同士の資金移動で銀行の振込手数料を0円にする裏技

振込手数を節約する方法


IPOなどで複数の証券会社を使っている場合に証券会社から証券会社への資金移動が生じます。

この場合、通常ならば証券会社から銀行へ出金、銀行から証券会社への振込となりますので振込手数料が発生してしまいます。

(一部の証券会社では振込手数料をもってくれるところもありますが・・・)

しかし、ちょっとした裏技を使うとこの振込手数料が節約できるのです。

今回はこの振込手数料節約の裏技をご紹介したいと思います。

※加筆修正を加えました。

即時入金を使おう

振込手数料を節安する方法は、入金の際に即時入金を使うことです。

その前の出金先の銀行をこの即時入金対応銀行しておくことで可能となります。

即時入金を使えば振込・振替手数料は無料ですし、買付余力へも即時反映されます。

(即時入金という名前は証券会社毎に違います。)

ちなみに即時入金が使える銀行は証券会社毎に違いますので、それぞれ把握しておく必要があります。

順番に見ていきましょう。


SBI証券

SBI証券は即時入金という名前です。

即時入金ができる銀行は

住信SBIネット銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
近畿大阪銀行
楽天銀行
ジャパンネット銀行
ゆうちょ銀行
セブン銀行
スルガ銀行
イオン銀行

となっています。ネットに積極的なほとんどの銀行に対応していますね。

SBI証券は住信SBIネット銀行と特に相性がよいですね。

楽天証券

楽天証券の場合は即時入金ではなくリアルタイム入金という名前です。

使える銀行は下記の通りです。

楽天銀行
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
ジャパンネット銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
近畿大阪銀行
セブン銀行
住信SBIネット銀行
イオン銀行

こちらはほとんどSBI証券と同様ですね。

楽天証券の場合には楽天銀行との相性がよいですね。

マネックス証券

マネックス証券もSBI証券と同様に即時入金という名前になっています。

みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
楽天銀行
ゆうちょ銀行
ソニー銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
住信SBIネット銀行

こちらもほぼ同様ですね。少しだけ使える銀行が少なくなっています。

カブドットコム証券

カブドットコム証券の場合、ネット振込サービスという名前です。

使える銀行は下記の通りです。

三菱東京UFJ銀行
じぶん銀行
ジャパンネット銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行

こちらは使える銀行が少し減っています。楽天銀行や住信SBIネット銀行が使えないのは痛いですね。

松井証券

松井証券はネットリンクという名前になっています。

統一してほしいところですよね(笑)

使える銀行は下記の通りです。

ゆうちょ銀行
みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
ジャパンネット銀行
セブン銀行
ソニー銀行
楽天銀行
住信SBIネット銀行
じぶん銀行
イオン銀行
スルガ銀行
京銀銀行
近畿大阪銀行
福岡銀行

となっています。こちらも使える銀行がたくさんありますね。

野村證券

野村證券は入金指示(Web入金)という名称です。

使える銀行は下記の通りです。

三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
スルガ銀行
ジャパンネット銀行
楽天銀行
セブン銀行

となっています。こちらも充実していますが住信SBIネット銀行が使えないのが残念ですね。

大和証券

大和証券の場合には特に名称はついてません

使える銀行は下記のとおりです。

ゆうちょ銀行
三井住友銀行
三菱UFJ銀行
みずほ銀行
ジャパンネット銀行

こちらはちょっと少なめですね。大手銀行とジャパンネット銀行のみの対応です。

SMBC日興証券

SMBC日興証券はインターネット入金と言う名前です。

使える銀行は下記のとおりです。

三井住友銀行
みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
ゆうちょ銀行

こちらも大和証券とほぼ同じでちょっと少なめですね。大手銀行とジャパンネット銀行のみの対応です。

みずほ証券

みずほ証券はインターネット入金という名前です。

みずほ証券なだけあって同じグループのみずほ銀行だけは即時入金といって即座に入金できる方法も使えます。

使える銀行は下記のとおりです。

みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
ジャパンネット銀行
ゆうちょ銀行

こちらも大和証券とほぼ同じでちょっと少なめですね。大手銀行とジャパンネット銀行のみの対応です。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は入金(カンタン振替)という名前になっています。

こちらは三菱系だからでしょうか三菱UFJ銀行のみの対応となっています。

ライブスター証券

ライブスター証券はクイック入金という名前です。

取扱は下記の銀行です

三井住友銀行
楽天銀行
三菱東京UFJ銀行
住信SBiネット銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
近畿大阪銀行
ゆうちょ銀行
セブン銀行
ジャパンネット銀行
みずほ銀行
イオン銀行

となっています。こちらは結構充実していますね。

便利なのは大手銀行とジャパンネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行

今回ずらーと各証券会社の即時入金対応を見てきました。

ほぼ全ての証券会社で使えるのは三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、ジャパンネット銀行でした。

このあたりの口座を作っておけば間違いないでしょう。

特にこの中で個人的に使いやすいと思うのはネット専門でやってるジャパンネット銀行ですね。


ジャパンネット銀行の口座開設

私も出金口座をジャパンネット銀行にしてそこから即時入金にしています。

あとは利便性や楽天証券との連携を考えると楽天銀行を作っておいてもよいかもしれませんね。

楽天証券との相性は抜群で預金の利率が大手銀行と比較しかなり高くなっています。

楽天証券口座開設を行い連携を行えば株式投資を行わなくても年0.1%となります。

これは大手と比較すると100倍近いです。

、楽天銀行を使うならぜひやっておきたいですね。

ジャパンネット銀行の次にネット系の銀行で使えます


楽天銀行 口座開設

また、SBI証券をつかっているなら住信SBIネット銀行も有力な候補です。

こちらもセブンイレブン、ローソン、イオン、ゆうちょのATMが使えますのでお金を引き出す際に不便となりことはほとんどありません。

また、利用状況に応じてATMからのお引出し・他行宛てのお振込みは、最大月15回まで無料となります。

もう一つの特徴が預金の利率が楽天銀行と同様にSBI証券で口座開設を行った上で連携すれば年0.1%となります。これは大手と比較すると100倍近いです。

さらにローンの利率もかなり安いため住宅ローンを考えている方にも適した銀行だと言えます。

また、住信SBIネット銀行にはプレミアムサービスなる有料サービスもあります。

まとめ

今回は振込手数料を少しでも節約する方法でした。

特にジャパンネット銀行はほとんどの証券会社と連携していますのでおすすめです。

また、複数の証券会社を使っている人は下記のアプリを使うのもおすすめですよ

読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。