松井証券のイデコ運用商品はこう選ぶ

私ならこれを選ぶ松井証券の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)おすすめ配分。運用商品を比較してみた

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に松井証券が新風


楽天証券が10万円以上の残高で手数料無料にすると発表すればみずほ銀行が月1万円以上拠出で無料にすると発表。

それに対抗してSBI証券が無条件での手数料発表をすれば楽天証券も同条件に変更。

さらにイオン銀行、マネックス証券も同条件での参入と個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)をめぐる証券会社、金融機関の争いがすごいことになっていました。

しかしその後はつみたてNISAが始まったこともあるのかしばらく新しい参入もなかったのですが松井証券が満を持して参入したことでまた業界が動き出そうとしています。

松井証券のiDeCoの魅力については下記をご覧ください。


松井証券の取扱いの商品は12本とそれほど多くはありません。

しかし、どれも信託報酬が最安値水準となっています。

そのためどれを選んでも大きな失敗はないと思われます。

今回は私ならこれを選択するというのを考えてみたいと思います。

もちろん投資は自己責任なのでどこに投資するのはご自身でよく考えてくださいね。

私の選んだ運用商品で損がでたとしても保証はいたしかねます。

他の証券会社で私が運用商品を選ぶのはこれというのは下記記事にまとめてあります。合わせてどうぞ

松井証券の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の運用商品

まずは松井証券の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)運用商品を見てみましょう。
松井証券の運用商品は他社を本当によく研究しているなって感じがします。

ほとんどのカテゴリーで最安値のインデックスファンドを揃えていますね。

また、各社の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で人気となっているバランスファンドの8資産均等も用意されています。

一方、アクティブ型はSBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で1番の人気商品になっているひふみ年金があることもうれしいですね。

カテゴリ 運用商品名
(運用会社・商品提供会社名)
信託報酬
(税抜)
国内株式 DIAM DC 国内株式インデックスファンド
(アセットマネジメントOne株式会社)
0.155%
国内外株式 ひふみ年金
(レオス・キャピタルワークス株式会社)
0.760%
国内債券 三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)
(三菱UFJ国際投信株式会社)
0.120%
国内REIT たわらノーロード 国内リート
(アセットマネジメントOne株式会社)
0.250%
先進国株式 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
(三菱UFJ国際投信株式会社)
0.189%
新興国株式 eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
(三菱UFJ国際投信株式会社)
0.190%
先進国債券 eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
(三菱UFJ国際投信株式会社)
0.170%
新興国債券 三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド
(三菱UFJ国際投信株式会社)
0.520%
海外REIT たわらノーロード 先進国リート
(アセットマネジメントOne株式会社)
0.270%
コモディティ ゴールド・ファンド(為替ヘッジなし)
(日興アセットマネジメント株式会社)
0.370%
バランス型 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
(三菱UFJ国際投信株式会社)
0.210%
元本確保型商品 みずほDC定期預金(1年)
(株式会社みずほ銀行)

出所:松井証券がiDeCoページより



私ならこれを選ぶ運用商品。リスク高めを許容できる人

iDeCoにかぎらずリスクを高めればそれだけリターンの金額もあがると予想されます。

もしある程度のリスクを取るならば私はこういう運用商品を選択します。

松井証券イデコアセットアロケーション

国内株式:10% DIAM DC 国内株式インデックスファンド
先進国株式:60% eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
新興国株:30% eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

すべて株式となりますので少しリスクは大きくなります。

世界経済インデックスファンドの比率を参考

ちなみにこの割合は世界経済インデックスファンドを参考にしています。

世界経済インデックスファンドは地域別(日本、先進国、新興国)のGDP(国内総生産)総額の比率を参考に決定して比率を決定してします。

現在の世界経済はだいたいこのような比率のGDP総額になっているようです。

つまり、この比率で投資すれば世界全体の株式にその比率に応じて投資することになり、世界経済の成長を享受できるのです。

世界経済インデックスファンドの信託報酬は0.54%ですからこの組み合わせで買ったほうが信託報酬を安く投資できたりもします。

もちろん世界経済インデックスファンドの場合には世界のGDP総額の比率が変わって来れば自動で修正してくれるってのはありますけどね。

ひふみ年金をいれるのも面白い

また、国内株式の一部や全部にひふみ年金とするのも面白いかもしれません。

信託報酬は少し高めですがiDeCo運用商品の中で人気が1位で実績も高い評判がよい商品です。

ちなみにひふみ年金の藤野さんは国内株式のインデックスファンドに否定的です。

藤野さんいわく国内株式のインデックスファンドは「半分腐った幕の内弁当」だそうです。

日本は米国の株式市場と違いダメな会社を退場させるルールが弱いため腐った会社がたくさん上場しているとのこと。

そのため全体平均となるインデックスファンドは良くないつまり半分腐った株が入っている状況なのです。

ですからあまり国内株式のインデックスファンドをするめることはできないひふみシリーズ買ってねってことだと思います。

もちろん藤野さんはアクティブファンドを運用されていますのでポジショニングトークな一面もありますが、わたしはこれは一理あるな・・・って思います。

実際に本当に腐った上場企業がたくさんありましね・・・

この意見に賛成の方は国内株式部分をひふみ年金にすればよいでしょう。

私ならこれを選ぶ運用商品。リスク低めにしか許容できない人

次にリスクをあまり取りたくない場合は私ならこうします。

松井証券イデコアセットアロケーションリスク低め

国内株式:10% DIAM DC 国内株式インデックスファンド
先進国株式:30% eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
新興国株:10% eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
国内債券:10% 三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)
先進国債権:30% eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
新興国債権:10% 三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド

こちらは半分を株式、半分を債権としてリスクを大きく下げています。

本来はもう少し、国内債権を増やせばリスクは下がると思いますが、日本国内はマイナス金利で債権にはあまり期待できませんので10%としています。

NISAや積立NISAを個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と合わせて使うなら債権部分やちょっと信託報酬が高めの新興国系はNISAや積立NISAで購入するのもありでしょう。私はそんな感じで運用しております。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)を参考にするのも手

私個人的にはそれほど日本の将来性に期待をしていませんので、比率を低めにしていますが、日本へ期待したい方へのおすすめは下記の配分です。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のアセットアロケーションとなります。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)とはみなさんの年金を運用しているところです。

みなさんの年金ですからかなり安全に運用していると思われますのでこれに見習うというのも一つの手ですね。

半分を株式、半分を債権というのは上記のパターンと同じですが、新興国が入っていなかったり国内、国外の比率が大きく違います。

GPIFアセットアロケーション

出所:年金積立金管理運用独立行政法人「基本ポートフォリオ」より

私ならこれを選ぶ運用商品。選ぶのが面倒な人

松井証券はインタビューなどをみると運用商品の基本はeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)と考えているようです。
これはかなりわかりやすいコンセプトの商品で国内債券、先進国債券、新興国債権、国内株式、先進国株式、新興国株式、国内リート、海外リートの代表する8資産にバランス良く均等に配分しましょうとしています。

よくどこセグメントがあがるから・・・とか予想する事がありますが、それはあくまで予想です。

実際毎年どのセグメントがあがったのかを検証してみると予想と全然違ったりして毎年バラバラなんです。

だったらもう予想するのはやめて代表的な資産に均等配分しようぜってのが「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」なのです。

分かり易いので私は好きです。

さらにこの商品のいいところが信託手数料が0.210%と新興株などが入っているのにかなり安いところでしょう。

これを他の商品で再現すると0.210%で抑えることは困難です。

それだけお得な商品といえますね。

もう、選択するのが面倒という方はこれ一本にしてしまうのも1つです。

選択している運用商品は1本だけですが8セグメントへ分散することができます。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)投資割合

出所:eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)目論見書

まとめ

今回は私がもし松井証券でiDeCoをはじめるならこの運用商品を選択するという記事でした。

松井証券は運営管理手数料が無条件で0円ですし、運用商品の信託報酬が最安値水準でくオススメできます。

松井証券の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の資料請求はこちらからどうぞ。
松井証券のiDeCo

松井証券以外の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)有力候補4社の資料請求はこちらから
マネックス証券 iDeCo
楽天証券 確定拠出年金
SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行iDeCo

読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。