岡三オンライン証券も100円で投資ができるように

100円投資

岡三オンライン証券がSBI証券楽天証券松井証券の三社につづいて投資信託の金額買付け及び積立買付けの最低金額を100円に引き下げる発表をしました。通常購入は再投資コースが従来が1000円以上1円単位だったのが100円以上1円単位となります、積立買付けも同様に100円以上1円単位となります。また受取コースも10000円口以上10000口単位が1000口以上1000口単位に下がります。

岡三オンライン証券

出所;岡三オンライン証券プレスリリース

下記のSBI証券、松井証券が100円単位に変更したときも書きましたがお釣りなど余ったお金を投資信託に回すなどの活用がかんがえられますね。

今まで貯金箱にしていたものが投資になります。投資になればその分お金がお金を稼げますからね。

はじめての投資としてはいいやり方ではないでしょうか?

また、お子さんなんかもお小遣いでの投資なんかも考えられるかもしれませんね。


 

まとめ


今回の岡三オンライン証券で4社目です。今後大手証券会社が続いて来れば「100円」投資信託がが業界標準となるかもしれません。

また、最近なにかと話題のWealth Naviマメタス – おつりで簡単投資(日本初のお釣り投資アプリ)のようにお釣り投資が増えてきそうな予感もありますね。

読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 信託報酬は実質コストをみよう
    信託報酬はほんとうのコストではない?? 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)やつみ…
  2. 世界の確定拠出年金
    日本では確定拠出年金(iDeCo)の使える範囲が拡大し公務員なども加入できるようになりました。 …
  3. 激戦の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) 手数料無条件無料で人気となっているSBI証券、楽天…
  4. IBM
    世界一の投資家といっても良いウォーレンバフェット氏が2011年に買いはじめていたIBM株を3分の1売…
  5. ろうきんiDeCoはやめておいたほうが
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で高シェアのろうきん 今回は公務員や労働組合などとの関係性…
  6. 毎月分配型投資信託イメージ
    先日もブログに書きましたが森信親金融庁長官が積立NISAの対象になれるような投資信託は本当に少ないと…
  7. ふるさと納税
    先日、ふるさと納税をするだけで返礼品をもらった上でAmazonギフト券を1000円分プレゼントすると…
  8. NISAマイナンバー
    NISAでマイナンバーを登録していないと・・・ 日経新聞に注目の記事がありました。 …
ページ上部へ戻る