【個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)】対【国民年金基金】徹底比較!どちらがよいのか?

イデコ対国民年金基金

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と同じ枠


個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と同じ枠で選択をすることになる制度として国民年金基金という制度があります。

そう。優香がCMしているアレです。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)をやってらっしゃる方は国民年金基金連合会が管轄していますので書類が届いたりもしているので名前はみたことあるでしょう。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)か国民年金基金どちらに入ろうか迷った方も多いと思いでしょう。

今回は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と国民年金基金の比較を行ってみたいと思います。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)とは


個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)とは毎月決まった金額を積み立てることで老後の生活に備えるための公的な制度です。

特徴としては

  • 所得税と住民税の節税効果
  • 確定拠出年金内の運用益の利益が非課税
  • 受け取る際も税制優遇

の3つがあります。詳しくは下記を御覧ください。

 

国民年金基金とは


国民年金基金は確定拠出年金(iDeCo)と同様に老後の生活に備えるための公的な制度です。

自営業者のための年金を増やす仕組みといえばわかりやすいかもしれません。

特徴としては

  • 所得税と住民税の節税効果
  • 年金額が今からわかる

の2つがあります。

確定拠出年金との大きな違いあらかじめもらえる金額が確定していることでしょう。

詳しくはこちらを御覧ください。

同じ枠を争うとはどういうことか


自営業者の場合、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)や国民年金基金へ入れる金額は68,000円までとなります。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と国民年金基金の両方を合わせて68,000円となりますので

片方68,000円入ってればもう片方に入ることはできなくなります。

もちろん両方に加入することはできますが合計で68,000円までとなります。

つまり、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と国民年金基金はある意味ライバル関係といえるかもしれません。

そのためどちらに入るのか、両方入る場合でもいくらずつ入るのがよいのか悩まれる方が多いのです。

ちなみに似た制度で小規模企業共済という制度もありますがこちらは枠が違います。


【個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)】対【国民年金基金】徹底比較


もらえる金額

まずはもらえる金額からです。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)はもらえる金額は決まっていません。

運用でたくさん稼げればそれだけもらえる金額も大きくなります。

逆に運用に失敗すれば掛金以下となってしまう場合もありえます。

国民年金基金

国民年金基金はもらえる金額があらかじめ決まっています

現在加入すると1.5%の予定利率となります。

もう一つのポイントが終身年金であるということです。(1口目は終身のみ、2口目以降は終身以外も選べる)

終身年金とは死ぬまでもらえるということです。

ただし、B型(掛金安め)の場合には早くに亡くなったとしても掛金は返ってきません

(その分を長生きした人に回す保険みたいな感じですね。)

もう一つのポイントは国民年金基金はインフレに対応できていないことです。

急激なインフレになる場合ちょっと怖いですね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の場合、インフレになればそれだけ運用商品もあがるので対応できます。

運用

次に運用です。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は自分で自由に決めることができます。

リスク高めでリターンも高いにしてもいいですし、リスクもリターンも低くと言った自分の考えにあったやり方ができます。

あまりおすすめしませんが元本保証というマイナスにならない運用方法もあります。

国民年金基金

国民年金基金は自分では運用できません

現状1.5%の予定利率となっています。

現在のポートフォリオは

グローバル債権 52%

グローバル株式 48%

です、(公開されている最新版)

意外にも結構リスク高めの運用になっています。

このカラクリは現在1.5%の予定利率ですが最高で6.5%で契約した人がいます。

その人達の分も含めて運用しなくてはならないため結構リスク高めの運用をしています。

しかし、現状準備金が不足しているため今後の対応が注目されるところです。

前述した小規模企業共済は7割債権の堅実な運用で準備金不足もほとんどありません。

節税効果

節税効果は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)も国民年金基金も同様です。

小規模企業共済控除が受けられますので同様に所得税と住民税の節税効果が期待できます。

もらえる際の税金

もらえる際の税金も年金でもらえば同様です。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は一括でもらうこともできます。

その場合、退職所得控除が受けられますのでその点は違います。

付加年金

あまり知られていませんが最高にお得な年金制度の付加年金というのがあります。

これに個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に入っていても加入できますが国民年金基金に入っている場合は加入できません。

その代わり個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の場合は掛けれる金額の上限が1,000円減って67,000円となります。

国民年金基金の場合は、国民年金基金の1口目に付加年金が含まれているという名目であるため加入することができなくなります。

まとめ


どちらもメリット・デメリットがあり、どちらが正解かは人それぞれでしょう。

ポイントは

  • 国民年金基金はあらかじめもらえる年金額が確定しているが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は自分の運用次第であること。
  • 国民年金基金はインフレに未対応であること。
  • 国民年金基金は終身年金がベースであるが、そのかわりB型の場合、早期に亡くなれば掛け捨てになってしまう。(掛け捨てでないA型の場合、割高)
  • 国民年金基金は準備金不足が騒がれており、将来に不安が残る。

この四点ですね。

このあたりをどう考えるかで選択は変わりそうです。

私は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を選択しました。

その理由としては

  • 元々株をやっており、自分で運用指示をしたいと思うこと。
  • 1.5%はちょっといくらなんでも少ないんでない?と思うこと。
  • 国民年金基金のインフレ未対応はちょっとこわい。(物価が倍になったのにもらえる金額は同じでは価値が半分になったのと同じです)
  • 国民年金基金は責任準備金不足が指摘されており不安があること。(厚生年金基金の例もありますし・・・)
  • 今から契約すると1.5%しか利率がないのに昔に契約した人は最高で利率が6.5%と優遇されているのが不公平感があること。

この5点であまり迷うことなく個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を選択しました。

選択したので当然ですが個人的にも個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の方が制度として優位かな?って思ってます。

まず、1.5%の利率って長期投資でもそれほど難しくないんですよね。

また、終身年金を希望される方も個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を扱う一部証券会社等で扱っていますので60手前で移管すれば終身年金化も可能です。

投資によほどアレルギーが有る方とかどうしてもマイナスになる可能性があるのが許せないという方以外は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の方をオススメします。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)オススメ金融機関

イデコを始めるにはまずどこの金融機関で始めるのかを決めなくてはなりません。

たくさんの金融機関、証券会社が取扱をはじめていますので迷う方も多いでしょう。

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券の4択で決まりだとおもいます。

ちなみに私はSBI証券に入っています。

また、今回見たように個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は現在申込みが殺到しています。

そのため申し込んでから実際に使えるようになるまでに結構時間がかかるのです。

早く始めれははじめただけ税金面で得が大きいですのでお早目の申込みをオススメします。
SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金
マネックス証券 iDeCo
個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。




読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブロトピ:ブログ更新しました

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 国民年金基金合併
    国民年金基金が合併へ 国民年金基金の合併が発表されました。 分かりにくいですが国…
  2. iDeCO加入しないほうが良い場合
    iDeCo(個人型確定拠出年金)はかなりお得な制度ですので加入者がすごい勢いで伸びています。また、い…
  3. 大和証券イデコ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にも力をいれている大和証券 大和証券は証券大手であり、個人…
  4. 世界の確定拠出年金
    日本では確定拠出年金(iDeCo)の使える範囲が拡大し公務員なども加入できるようになりました。 …
  5. 腕組みの法則
    投資の世界ではいろいろな格言や法則があります。ひふみ投信の藤野さんが提唱している「スリッパの法則」な…
  6. 海外ETF
    海外ETFとは 海外ETFとは海外の証券取引所に上場している投資信託のことです。普通の…
  7. 激戦の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) 手数料無条件無料で人気となっているSBI証券、楽天…
  8. ベーシックインカム
    ベーシックインカムってご存知ですか?今後の少子高齢化、AI化に社会保険が対応するために最適な制度なの…
ページ上部へ戻る