• iDeCo
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)とは、自分で作る年金制度のこと
  • HOME
  • ブログ
  • iDeCo
  • 個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo)とは。メリット・デメリットをわかりやすく解説
株価晴れる

個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo)とは。メリット・デメリットをわかりやすく解説

個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo)とは、毎月決まった金額を積み立てることで老後の生活に備えるための公的な制度です。

この制度最大の特徴は税金面で様々な優遇措置が取られていることです。

他にもメリット・デメリットがありますのでそのあたりも含め確定拠出年金(iDeCo)についてみていきましょう。

※加筆修正を加えました。

個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo)とは


確定拠出年金(iDeCo)は簡単に言えば自分の老後生活のために老後資金を自分で作るための制度です。

具体的にはこんな感じの流れです。

60歳までの間に自分で決めた金額を積み立てていきます。
そしてそのお金を投資信託や定期預金、保険などの商品を選択して運用します。
そして60歳以降にその運用した資産を受け取ることができる仕組みになっています。

下記の図のように国民年金や厚生年金と合わせた年金制度の上乗せとして考えると良いでしょう。

掛け金として掛けられる金額ははその人の厚生年金等の状況により変わってきます。

例えば国民年金のみに加入ししている第一号被保険者でしたら国民年金基金と合わせて6万8千円まで加入することができます。

(付加年金入っている場合には6万7千円)

また、サラリーマンで年金制度がない会社にお勤めの方ならば月額2万3千円まで掛けることができます。

確定給付型年金などの年金制度がある会社にお勤めの場合には月額1万2千円まで掛けられます。

公務員の方も同様に月額1万2千円が上限となります。

出典:厚生労働省 iDeCo説明ページ

個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo)のメリット

確定拠出年金(iDeCo)のメリットとして大きなモノは3つあります。

所得税と住民税の節税効果

まず1つ目のメリットが所得税と住民税の節税が見込めることです。

確定拠出年金(イデコ/iDeCo)の掛け金は全額が所得控除となります。(小規模企業共済等掛金控除)

所得控除とは税金計算するときにその金額を控除して税金計算できるようになるってことです。

つまり、所得を減らしたことと同じ効果が得られます。

その結果、所得税及び住民税が減るのです。

例えば課税所得が500万の自営業者の場合でみてみましょう。
毎月満額の6万8千円を確定拠出年金(iDeCo)に積み立てたとします。
すると年間で81万6千円の掛け金です。
それがそのまま全額所得控除となり24万4千8百円もの節税となります。
(81万6千円✕30%)所得税率20%、住民税10%で計算

自分の将来の年金を作るために積み立てているだけなんですが、税金までやすくなってかなりオトクであると言えます。

つまり、毎年3割(所得税率20%、住民税10%の方の場合)の運用ができる投資をしたようなものなのです。

正直このためだけに掛けてもよいくらい有利になっていますね。

確定拠出年金内の運用益の利益が非課税

もう一つのメリットは個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo)の中での運用について売却益や配当などを得た場合も全額非課税となります。

普通に投資信託や株などに投資をして売却益や配当が出た場合や定期預金の利息をもらった場合には税金が20.315%(所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%)が掛かります。

それが個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo)の中で運用すれば税金が掛からないのですからこちらもかなりオトクです。

受け取る際も税制優遇

確定拠出年金の給付を受取るときも一時金として受け取れば「退職所得控除」が受けられます。

また、年金として受け取る場合も「公的年金控除」がうけられます。

受け取る際は自身の他の退職金や年金の金額と合わせて検討しより有利な方法で受け取るといいでしょう。

個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo)のデメリット

とても有利な制度となっている個人型確定拠出年金(iDeCo)ですが考えなければならないデメリットもあります。

後々後悔しないためにも始める前にデメリットも理解してはじめたいところです。

原則として60歳まで引き出せないこと

個人型確定拠出年金(iDeCo)最大のデメリットといえるかもしれないのが原則として60歳まで積み立てた資産を引き出すことができないことです。

また、途中で解約もできません。

逆に言えば「老後資金」を貯めるためにはそのくらい強い覚悟が必要ですから、強制的に貯める手段として個人型確定拠出年金(iDeCo)を使うと考えると良いかもしれませんね。

もし、自由に引出したいのならつみたてNISAがおすすめです。

損益通算できないこと

個人型確定拠出年金(iDeCo)のもう一つのデメリットは個人型確定拠出年金(iDeCo)内で損失が発生しても他の株等の利益との損益通算はできないことです。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は積極的に売買する仕組みではないです。

長期的な目を考えて取引するならこの点はそこまで問題ないかもしれませんけどね。

運用次第であること

もう一つが当たり前といえば当たり前ですが運用次第によっては損失がでたり、思ったように増えない可能性もあることもデメリットといえるかもしれません。

ただし、長期的な投資ですから期待値はかなり高いのは事実です。


個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo)をはじめるには

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるにはまずどこの金融機関で始めるのかを決めなくてはなりません。

たくさんの金融機関、証券会社が取扱をはじめていますので迷う方も多いでしょう。

中にはバカ高い手数料を取る上に信託報酬の高い商品ばかりの会社も実際あります。

どこで個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるのかは実はかなり重要です。

私が今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券、松井証券の5択で決まりだとおもいます。

5社とも手数料が無条件無料(金融機関取り分)で低信託報酬のインデックス投信を取り揃えています。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの5社

マネックス証券

その中でもマネックス証券 iDeCoが筆頭候補となります。

信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。

特に下記のeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

eMAXIS Slimシリーズについてはこちらをご覧ください。

松井証券

松井証券のiDeCoは取扱商品が12本と少ないですが、

マネックス証券と同様にeMAXIS Slimシリーズを取り揃え信託報酬が最安値水準となっています。

抑えるところは抑えた感じがあります。

最後発の強みですね。

また、1番人気のひふみ年金の取扱もあるのもポイント高いです。

SBI証券

次はSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」かな。

SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。

そのため選択の楽しさがあるでしょう。

また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

あとは確定拠出年金について古くから携わっており5社の中で1番の老舗で安心感が高いのも大きいと思います。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。

このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。

また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。

楽天証券

楽天証券 確定拠出年金は楽天スーパーポイントがたまったり、セゾン投信なんかに加入できます。

また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった人気商品の取扱も魅力です。

総合して考えるとこの5つのどれかに加入すれば後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。





まとめ


個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo)は大変おとくな制度ですのでぜひ加入を検討してみてください。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。