確定拠出年金(iDeCo)とは(メリット・デメリット)

確定拠出年金(iDeCo)とは、毎月決まった金額を積み立てることで老後の生活に備えるための公的な制度です。この制度最大の特徴は税金面で様々な優遇措置が取られていることです。そのあたりも含め確定拠出年金(iDeCo)のメリット・デメリットをみていきましょう。

確定拠出年金(iDeCo)の概要と拠出限度額


確定拠出年金(iDeCo)は下記の図のように国民年金や厚生年金と合わせた年金制度の上乗せとして機能する制度です。例えば国民年金のみに加入ししている第一号被保険者でしたら国民年金基金と合わせて6万8千円まで加入することができます。(付加年金入っている場合には6万7千円)また、サラリーマンで年金制度がない会社にお勤めの方ならば月額2万3千円まで掛けることができます。

出典:厚生労働省 iDeCo説明ページ

 

確定拠出年金(iDeCo)のメリット


確定拠出年金(iDeCo)のメリットとして大きなモノは3つあります。

所得税と住民税の節税効果

まず1つ目が所得税と住民税の節税が見込めることです。確定拠出年金(iDeCo)は全額が所得控除となります。(小規模企業共済等掛金控除)そのため払った金額が所得から控除して税金を計算することができます。結果、所得税及び住民税が減るのです。

例えば課税所得が500万の自営業者の場合 毎月満額の6万8千円を確定拠出年金(iDeCo)に積み立てたとしましょう。すると年間で81万6千円となります。それがそのまま全額所得控除となり24万4千8百円もの節税となります。将来の積立で節税できますのでお得ですよね。 (所得税率20%、住民税10%)で計算

確定拠出年金内の運用益の利益が非課税

次に確定拠出年金内で売却益や配当などを得た場合も全額非課税となります。(通常の税率は20.315%

受け取る際も税制優遇

確定拠出年金の給付を受取るときも一時金として受け取れば「退職所得控除」が受けられます。また、年金として受け取る場合も「公的年金控除」がうけられます。受け取る際は自身の他の退職金や年金の金額と合わせて検討しより有利な方法で受け取るといいでしょう。

 

確定拠出年金(iDeCo)のデメリット


とても有利な制度となっている確定拠出年金(iDeCo)ですが考えなければならないデメリットもあります。

原則として60歳まで引き出せないこと

原則として60歳まで引き出すことはできません。また加入した時期によっては60歳でも受給できません(60歳で受け取るには10年以上の実績が必要)もし、自由に引出したいのならば来年からスタートする積立NISAがおすすめです。

損益通算できないこと

確定拠出年金内で損失が発生しても株等の利益との損益通算はできません。

運用次第であること

当たり前といえば当たり前ですが運用次第によっては損失がでたり、思ったように増えない可能性もあります。

 

確定拠出年金(iDeCo)をはじめるには


確定拠出年金(iDeCo)は証券会社、銀行等で扱われています。各金融機関で購入できる商品や手数料が違いますのでそれぞれ比較の上で検討してみてください。どの証券会社、銀行がおすすめという記事も後日かいてみたいと思います。

 

まとめ


確定拠出年金は大変おとくな制度ですのでぜひ加入を検討してみてください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 豊かな暮らしへ
にほんブログ村

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsachi197909をフォローしよう!

koge

kogeおひとりさまのアラサー女子

投稿者プロフィール

おひとりさまのバツイチアラサー女子。年収200万円の底辺派遣社員でしたが投資に挑戦。そのおかげで現在では派遣社員を辞めて投資で生きていけています。ゲス不倫されて結婚はもうこりごりなのでひとりで生きていくことを決意し「お金に生きる」とこのブログを始めました

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 赤字
    日本郵政が民営化後初めての赤字となりました。しかもその金額は400億と大きいこと、ちょうど郵便料金が…
  2. 黒猫
    日本の投資信託の99%はダメとはショッキングな内容ですが日本証券アナリスト協会 第8回国際セミナ…
  3. セルインメイ
    株式の有名な格言にセル・イン・メイ SELL IN MAY(株は5月に売れ)というのがあります。この…
  4. IPO投資は素人でもかなりの確率で勝てる勝負です。IPO投資とは新規に上場する株を抽選やブッ…
  5. 投資戦略
    私のNISA戦略についてお話をしてみたいと思います。下記のブログにも書きましたがほとんどの人が株やF…

アーカイブ

ページ上部へ戻る