Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • iDeCo
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)とは、自分で作る年金制度のこと
  • HOME
  • ブログ
  • iDeCo
  • 個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)御用達の三井住友DC日本株式インデックスファンドSが信託報酬値下げ
個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)信託報酬値下げ

個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)御用達の三井住友DC日本株式インデックスファンドSが信託報酬値下げ

三井住友DC日本株式インデックスファンドS

SBI証券や楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)でラインナップされている三井住友DC日本株式インデックスファンドSが大きく信託報酬をさげ、名前も変えるようです。

まだ正式な決定ではないようですがSBI証券では以下の案内がでています。
以下はSBI証券の案内

平素は弊社ウェブサイトをご利用頂き誠にありがとうございます。
「三井住友・DC日本株式インデックスファンドS」につきまして約款変更が行われ、ファンド名称と信託報酬率が次のように変更となります。
■ファンド名称
変更前)三井住友・DC日本株式インデックスファンドS
変更後)三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド
■信託報酬率
変更前)0.19%(税抜)
変更後)0.16%(税抜)
■変更予定日
2017年9月21日(木)

信託報酬の値下げ

イオン銀行で扱われている国内株式インデックスファンドなどと比べると信託報酬面でちょっと見劣りしていた三井住友DC日本株式インデックスファンドSですが信託報酬を大きく下げて対抗できるレベルになりました。

■信託報酬率
変更前)0.19%(税抜)
変更後)0.16%(税抜)

名称の変更

合わせて名称の変更されるようです。
■ファンド名称
変更前)三井住友・DC日本株式インデックスファンドS
変更後)三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド
つみたてNISAにかなり力をいれていくつもりなのか名前に入っています(笑)

変更日

2017年9月21日(木)

まとめ

今回はSBI証券や楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)で取扱のある三井住友DC日本株式インデックスファンドSの信託報酬引き下げと名称の変更の話でした。

つみたてNISAが10月から募集始まるようですのでそれも合わせての変更かもしれません。

まだまだいろいろでてきそうですね。今後に期待したいところです。

個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)はこの3社に決まり

iDeCoの場合は長期投資となります。

運用に関係なく信託報酬、手数料は掛かってきますので少しでも信託報酬、手数料がやすいところを選択するのがセオリーとなります。

現状ならば下記の3つの証券会社、銀行の中から選択するのがよいかと思います。
それぞれ特徴がありますので比較検討してみるのをおすすめします。

SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金

また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。




私がSBI証券、イオン銀行、楽天証券、ニッセイ、みずほ銀行、ゆうちょ銀行でiDeCoをはじめるならこの運用商品を選ぶはこちらからどうぞ






読んでいただきありがとうございました。
私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。