2020年のふるさと納税はまだ間に合う!!「ふるさと納税ポータルサイト」のキャンペーンをまとめてみた

地方自治体に寄付をすると寄付した金額は寄附金控除の対象となり税金が安くなり、さらにお礼のお品(返礼品)がもらえるという大変お得な制度「ふるさと納税」

駆け込みでふるさと納税をする人が多いようで「ふるさと納税ポータルサイト」各社が11月ころから年末に掛けて大規模なキャンペーンを実施しています。

そうは言っても締め切りまであまり期限がありませんのでどのポータルサイトで寄付をするの得なのか調べてるのが面倒・・って方も多いでしょう。

そこで今回は、「ふるさと納税ポータルサイト」のキャンペーンをまとめてみました。

比較する際の参考にどうぞ。

2020年のふるさと納税対象となるのはいつまでの寄付??

ふるさと納税は寄付金控除(個人所得税・住民税に関する税制)を利用している制度です。

そのため、その年の対象となるふるさと納税は住民税の計算期間と同じく1月1日から12月31日となります。

年度単位ではないのでご注意くださいね。

ってことは基本的には寄付を12月31日までにすればよいことになります。

年単位の制度ですから2020年分のふるさと納税は2020年中に寄付をする必要があるってことですね。

自治体によってルールが違う場合も

ただし、これは厳密に言えば細かいルールがあるわけではないようです。

そのため自治体によって対応がまちまちであったりします。

例えば自治体によっては年内に処理が終わる分までが、今年のふるさと納税として処理をするため12月の頭くらいに受付を終了してしまう自治体もあります。

また、人気の返礼品だと早い段階で売り切れてしまう場合もあります。

狙ったふるさと納税の返礼品がある場合は早めにしておくのがよいでしょうね。

ワンストップ特例制度を使う場合

ふるさと納税は基本的に行った場合、確定申告が必要となるのですがそれを不要とするワンストップ特例制度なる制度があります。

これを利用するなばらもう少し早めに行っておく必要があります。

それはワンストップ特例制度を利用するためには来年(2021年)の1月10日までに申請用紙を郵送する必要があるためです。

しかも元の書類は向こうから送られて来ますのでそのスケジュールを考えると12月初旬までにやっておかないと怖い気もしますね。

できるだけ早めに行っておきましょう。

ふるさと納税の詳しい条件などはこちらの記事を御覧ください。

ふるなび

まずはふるさと納税ポータルサイトの老舗である「ふるなび」から見ていきましょう。

もともと、ふるなびでふるさと納税をするとAmazonギフト券1%を付与されていました。

そこにさらにリニューアルキャンペーンを実施中なのです。

Amazonギフト券最大7%プレゼント

ふるなびではAmazonギフト券最大7%プレゼントのキャンペーンを実施しています。

キャンペーン期間

なお、キャンペーン期間は以下の通りです。

2020年11月30日23時59分まで

キャンペーン内容

キャンペーン内容は以下の通りです。

  • ふるなび納税サイト「ふるなび」からのエントリー&条件を満たした寄付で合計5%
  • ふるなび「クラウドファンディング」でエントリー&条件を満たした寄付で合計6%
  • ふるなび「トラベル」でエントリー&条件を満たした寄付で合計7%

となります。

キャンペーン参加条件

キャンペーンの条件はさほど難しくありません。

以下の条件を満たせばOKです。

ログイン(もしくは新規会員登録)及びエントリーが必要ですので忘れずにしておきましょう。

また寄付をクレジットカード決済が条件となります。

ふるなびは食べ物&家電に強い

なお、ふるなびは「お米」「お肉」「海鮮」などの食べ物系、家電製品などが強いですね。

ちなみに現在の最新ランキングは下記からご覧いただけます。

人気となっているものはお得度がかなり高いものが多い傾向にありますね。

特にふるなびは家電が充実しているのが魅力です。

他のふるさと納税ポータルサイトで扱っていないものの多くありますね。

楽天ふるさと納税

次は楽天ふるさと納税です。

楽天ふるさと納税は他のふるさと納税ポータルサイトと違い楽天グループ(楽天経済圏)としての活動の一環としてポイント還元を実施しています。

そのため、楽天スーパーセールや楽天マラソンなどをうまく活用すれば多くのポイントをゲットできるのが強みですね。

ブラックフライデーで最大44倍

直近では楽天市場でブラックフライデーセールを実施しています。

そちらに上手く乗っかると最大44倍ポイントとなります。

キャンペーン期間

なお、キャンペーン期間は以下の通りです。

 11月19日(木) 20:00から11月24日(火) 1:59ま

そちらに上手く乗っかると最大通常の44倍ポイントとなります。

ショップ買い回りでポイントアップ

具体的には1ショップ合計1,000円(税込)以上の購入を対象に、2ショップ購入でポイント2倍、10ショップ以上の購入で最大ポイント10倍になります。

これはふるさと納税も同じで複数の自治体に寄付をすると1ショップという扱いとなります。

つまり、1つの自治体で高額寄付をするよりもバラけた方がよいってことですね。

例えば10万円ふるさと納税をしようと思っても1つの自治体に10万円を寄付するよりも1万円ずつ10つの自治体に寄付をしたほうがお得ということです。

楽天SPU(スーパーポイントアップ)やショップ毎のポイント増額が合わさると最大で通常の44倍ポイントとなります。

なお、ショップ買い周りの対象となるにはエントリーが必要ですので忘れずにエントリーしておきましょう。

ポイント還元率は最強か?

楽天ふるさと納税は楽天市場を普段利用している方が上記のブラックフライデーのようなセール期間のキャンペーンに上手く乗れるととてもお得となります。

ポイント還元率は最強と言っても過言ではないでしょう。

ふるさと本舗

次は「ふるさと本舗」です。

こちらもキャンペーンを頑張っていますね。

既存会員:寄附金額の5%分のアマゾンギフト券プレゼント

寄附金額の5%分のアマゾンギフト券プレゼントが実施されています。

キャンペーン期間

なお、キャンペーン期間は以下の通りです。

 11月30日(木) 23時59分まで

キャンペーン内容

下記条件を満たしてふるさと納税をすると寄付金額の5%分のAmazonギフト券をプレゼントされます。

ただでさえお得なふるさと納税がさらにお得になりますね。

条件は厳しくありません。

①ふるさと本舗にログインを行ってください。
キャンペーンページに記載のキャンペーンコードをコピーしてください。
③寄付申し込みフォームの決済情報入力画面にある「キャンペーンコード」部分に、キャンペーンコードをご入力ください。

新規会員:寄附金額の8%分のアマゾンギフト券プレゼント

また、新規会員登録の方はさらにお得なキャンペーンが実施されています。

キャンペーン期間

なお、キャンペーン期間は以下の通りです。

 11月27日(木) 23時59分まで

キャンペーン内容

下記条件を満たしてふるさと納税をすると寄付金額の8%分のAmazonギフト券をプレゼントされます。

ただし5万円以上の寄付が条件となりますのでお気をつけください。

①「無料会員登録」からふるさと本舗の会員登録を完了し、ログインしてください。
キャンペーンページに記載のキャンペーンコードをコピーしてください。
③寄付申し込みフォームの決済情報入力画面にある「キャンペーンコード」部分に、キャンペーンコードをご入力ください。

食品に強い

ふるさと本舗はランキングでもほとんど上位が食品というくらい食べ物につよいふるさと納税ポータルサイトです。

カニ、魚、お肉などが上位となっていますね。

さとふる

次は老舗ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」です。

3と8の日キャンペーン

他と違って抽選のキャンペーンとなります。

キャンペーン期間

なお、キャンペーン期間は以下の通りです。

3と8の付く11月の日です。

2020年11月3日・8日・13日・18日・23日・28日・30日

なお、12月は3と8の付く日に加えてさらにその前日である2と7のつくが対象となるメガさとふるの日キャンペーンとなっています。

2020年12月2日・3日・7日・8日・12日・13日・17日・18日・22日・23日・27日・28日・29日・30日・31日

キャンペーン内容

さとふるにてキャンペーン対象日(3と8のつく日)当日中に合計1万円以上の寄付をされた方を対象に、1万円ごとを1口として、抽選で合計460名様にAmazonギフト券5万円分(10名様)または1万円分(450名様)をプレゼントとなります。

あくまで抽選ですが当たれば他よりも還元率が高くなりますね。

なお、条件は以下の通り。

  • さとふるのポータル会員の方(エントリー期間中に会員登録された方を含む)
  • 本キャンペーンにエントリーされた方
  • 本キャンペーン対象日の当日中に1万円以上の寄付をされた方

レビューが充実していてわかりやすい

さとふるは5年連続認知度NO1のふるさと納税サイトも納得な見やすさ、選びやすさが売りのサイトです。

特にレビューがとても充実していて選びやすいのが良いですね。

auPayふるさと納税

最後はau PAY ふるさと納税です。

こちらもちょっと他と違った3つのキャンペーンが実施されています。

Pontaポイント寄付額の1%還元

まずはポイント還元です。

こちらは使いやすいPontaポイントとなっているのが嬉しいところですね。

条件はそれほどありません。会員になっておく必要がありますのでご注意ください。

  • au Pay ふるさと納税で寄付していること
  • 寄付・ポイント加算時点で「au Pay マーケット」および 「au Pay ふるさと納税」の会員であること

au Payマーケットのお買い物で最大15%のPontaポイント

また、いくつかの条件をクリアするとau Payマーケットのお買い物で最大15%のPontaポイントが還元されます。

その条件にau Pay ふるさと納税もはいっているのです。

つまり、普段からauの携帯やau Payを使っている方には魅力的なサービスとなります。

お特なポイント交換所(50% 増量のポイント交換可能)

さらに今ならPontaポイントをPontaポイント(auPayマーケット限定)に50%増量で交換できるのです。

交換レートが50%増量されているのです。

具体的には

Ponta100ポイント→Pontaポイント(auPayマーケット限定)150ポイント
となります。

なお、ポイント交換の上限は1回の交換につき2,000ポイントまで

期間中に交換できるのは2回までとなっています。

ポイント交換の単位は100ポイントとなります。

ですから2回上限まで実施すれば合計4,000ポイント分が6,000ポイントになるってことですね。

ただし、交換したポイントの有効期限は30日となっています。

利用先をある程度決めてから交換するのがよいかもしれませんね。

なお、交換したポイントは即時進呈されます。

au利用者にはお得

au Pay ふるさと納税は普段からauの携帯やau Payを使っている方には魅力的なサービスとなりますね。

まとめ

今回は「2020年のふるさと納税はまだ間に合う!!「ふるさと納税ポータルサイト」のキャンペーンをまとめてみた」のキャンペーンをまとめてみた」と題してふるさと納税各社のキャンペーンを見てきました。

かなりたくさんのキャンペーンが実施されますね。

もう、今年のふるさと納税の期限まであまり時間がありませんので忘れずにキャンペーンを利用して寄付しておきましょう。

なお、2020年は新型コロナの影響で所得に大きな変化があった方も多いかと思います。

ですからふるさと納税の上限額にはお気をつけくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

2020年の ふるさと納税は まだ間に合う!! 「キャンペーンを まとめてみた
最新情報をチェックしよう!