Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • iDeCo
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)とは、自分で作る年金制度のこと
idecoは買い

私のiDeCo(個人型確定拠出年金)投資戦略

前回の私のNISA戦略に続いて今回は私のiDeCo(個人型拠出年金)戦略をお話したいと思います。

iDeCoの特徴を押さえる


まず一番のポイントはこれです。DeCoの特徴を押さえておくことです。

売買利益が非課税

例えばiDeCoの特徴である売買利益が出ても非課税という特徴があります。この特徴はNISAも同様です。ですから特定口座と比べて利益が出やすいものにした方が得になります。例えば債権半分、株式半分のアセットロケーションを考えていたとしても株式部分はiDeCoやNISAにした方が税金分だけ分があるのです。

引き出し制限

しかし、NISAと違い60歳になるまで引き出すことはできませんのでNISAよりもさらに長期的な視点が必要となります。

小規模企業共済等控除

控除が受けられることは投資戦略とはあまり関係ありません。かなりお得ですけどね・・・

iDeCoも全体のポートフォリオの一部として捉える


iDeCoだけで完結するのではなくNISAや特定口座なども含めて全てのポートフォリオの中の一つとして考えています。もちろんiDeCoだけで完結するアセットロケーションを組んでも良いですが前述の特徴を考えると効率はよくありません。ですので全体の一部として考えて特徴にあった部分をiDeCoに持ってきます。具体的には株式などリターンが大きそうな部分はiDeCoかNISAに置く方がお得です。

 

私のiDeC投資戦略


今まで見てきた2つの要素を加味して私のiDeCoの投資戦略はこうしています。

リターンの大きいリスク資産をiDeCoに入れる

という戦略を立てています。また、60歳まで引き出すことができないことを考え

インデックス型の投資信託のうち信託報酬の一番安いのを買う。

としています。長期的なことを考えれば信託報酬ほど重要なものはありません。

また、売買利益の税金がかからないこと、手数料がかからないことを加味して

より信託報酬が安いのが出たら乗り換える。

としてます。また、NISAや特定口座も併用していますから

より信託報酬が安いものがあればiDeCoにこだわらずそちらで買います。

ですからiDeCoで買うのはiDeCoが最安か同じ場合です。

私のiDeCo投資戦略まとめ


iDeCoはNISAと違い本当に長期になります。そのため長期であることや売買利益がかからないという特徴を意識してNISAや特定口座を合わせてトータル的に検討してみるのがいいと思います。

今イデコに加入するならこの4社から選ぼう

イデコを始めるにはまずどこの金融機関で始めるのかを決めなくてはなりません。

たくさんの金融機関、証券会社が取扱をはじめていますので迷う方も多いでしょう。

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券の4択で決まりだとおもいます。

ちなみに私はSBI証券に入っています。

また、今回見たように個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は現在申込みが殺到しています。

そのため申し込んでから実際に使えるようになるまでに結構時間がかかるのです。

早く始めれははじめただけ税金面で得が大きいですのでお早目の申込みをオススメします。
SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金
マネックス証券 iDeCo
また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。




読んでいただきありがとうございました。
私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。