私のiDeCo(個人型確定拠出年金)投資戦略

前回の私のNISA戦略に続いて今回は私のiDeCo(個人型拠出年金)戦略をお話したいと思います。

iDeCoの特徴を押さえる

まず一番のポイントはこれです。DeCoの特徴を押さえておくことです。

売買利益が非課税

例えばiDeCoの特徴である売買利益が出ても非課税という特徴があります。この特徴はNISAも同様です。ですから特定口座と比べて利益が出やすいものにした方が得になります。例えば債権半分、株式半分のアセットロケーションを考えていたとしても株式部分はiDeCoやNISAにした方が税金分だけ分があるのです。

引き出し制限

しかし、NISAと違い60歳になるまで引き出すことはできませんのでNISAよりもさらに長期的な視点が必要となります。

小規模企業共済等控除

控除が受けられることは投資戦略とはあまり関係ありません。かなりお得ですけどね・・・

iDeCoも全体のポートフォリオの一部として捉える


iDeCoだけで完結するのではなくNISAや特定口座なども含めて全てのポートフォリオの中の一つとして考えています。もちろんiDeCoだけで完結するアセットロケーションを組んでも良いですが前述の特徴を考えると効率はよくありません。ですので全体の一部として考えて特徴にあった部分をiDeCoに持ってきます。具体的には株式などリターンが大きそうな部分はiDeCoかNISAに置く方がお得です。

 

私のiDeC投資戦略


今まで見てきた2つの要素を加味して私のiDeCoの投資戦略はこうしています。

リターンの大きいリスク資産をiDeCoに入れる

という戦略を立てています。また、60歳まで引き出すことができないことを考え

インデックス型の投資信託のうち信託報酬の一番安いのを買う。

としています。長期的なことを考えれば信託報酬ほど重要なものはありません。

また、売買利益の税金がかからないこと、手数料がかからないことを加味して

より信託報酬が安いのが出たら乗り換える。

としてます。また、NISAや特定口座も併用していますから

より信託報酬が安いものがあればiDeCoにこだわらずそちらで買います。

ですからiDeCoで買うのはiDeCoが最安か同じ場合です。

私のiDeCo投資戦略まとめ


iDeCoはNISAと違い本当に長期になります。そのため長期であることや売買利益がかからないという特徴を意識してNISAや特定口座を合わせてトータル的に検討してみるのがいいと思います。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの5社から選ぼう

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるならまずは金融機関を決める必要があります。

しかし、たくさんあってどこにしたらよいのかわからない方も多いでしょう。

簡単に決めてしまう方もおおいかもしれませんが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の場合、金融機関ごとの違いがとても大きいですから慎重に選びたいところです。

私が今もし、新たに加入するならSBI証券、マネックス証券、松井証券、大和証券、楽天証券の5択の中から決めます。

(※私が加入しているのはSBI証券です)

この5つの金融機関は運営管理機関手数料が無料です。※国民年金基金連合会の手数料等は各社共通で掛かります。

また、運用商品もインデックスファンドを中心に信託報酬が低い投資信託が充実しているんですよ。

順番に見ていきましょう。

SBI証券

まずイチオシはSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」です。

SBI証券は信託報酬も最安値水準のeMAXIS Slimシリーズを始めとしたインデックスファンドから雪だるま全世界株式、ひふみ年金、NYダウ、グローバル中小株、ジェイリバイブといった特徴ある投資信託をたくさん揃えているところが最大の魅力です。

選択の楽しさがありますよね。

また、確定拠出年金を会社員に解禁される前から長年手掛けている老舗である安心感も大きいですね。

SBI証券iDeCo
5

SBI証券は運営管理手数料が無条件で0円ですし、なにより運用商品が豊富で選択の幅が広いです。現状最強のラインナップを誇ることになります。
また、他の証券会社に先んじて確定拠出年金の取扱をはじめてますから安心感が強いですね。

マネックス証券

次点はマネックス証券 iDeCoです。

こちらも後発ながらかなりiDeCoに力をいれていますね。

iDeCo初でiFreeNEXT NASDAQ100 インデックスを取扱い開始したのに興味をひかれる人も多いでしょう。

マネックス証券iDeCo
5

マネックス証券 iDeCo

マネックス証券はeMAXIS Slimを多く取り扱っており、信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。また、iDeCoでいち早くiFreeNEXT NASDAQ100 インデックスの取り扱いをはじめたところも大きなポイントになりますね。

松井証券

松井証券のiDeCoは35本制限まで余裕があるというのは後発の強みですね。

その35本制限までの余裕を生かして他社で人気となっている対象投資信託を一気に採用して話題になっていますね。

こちらも有力候補の一つですね。

松井証券iDeCo
5

松井証券【iDeCo 口座開設申込】

2020年10月18日から取り扱い商品が大幅拡充されました。
人気となっているeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)や楽天・全世界株式インデックス・ファンドなども採用され最強ラインナップといっても過言ではない充実ぶりですね。

大和証券

大和証券 iDeCoは大手証券会社でありながら、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にもかなり力を入れています。

他のネット証券と違い店舗が全国各地にたくさんあります。そこに魅力を感じる方にはおすすめできますね。

また、取扱商品もダイワつみたてインデックスシリーズなど信託報酬が安めの商品を取り揃えています。

大和証券iDeCo
4.5

大和証券 iDeCo

運営管理機関手数料が無条件で無料ですし、商品も充実したことで選択肢となりえる金融機関になりましたね。中国株、ロシア株、ブラジル株のファンドへ投資できるなど特徴的な商品があるのが他との差別化要因かな。あとはiFreeシリーズ、とくに米国株さえ入れば十分に他と競争できると思いますので期待したいところです。

楽天証券

楽天証券は楽天・全世界株式インデックス・ファンドや楽天・全米株式インデックス・ファンドといった自社の人気商品の取扱が大きなポイントとなっています。

この2つのファンドは人気ですね。

楽天証券iDeCo
4.5

楽天証券 401K用プログラム

楽天証券は人気のセゾン投信なんかにも加入できます。また、実質信託報酬の低いたわら先進国株、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった自社の人気商品の取扱が魅力です。今後は楽天SPUの対象になったり、つみたてNISAのように楽天カードでポイントが貯まるようになるようでしたらかなり面白い存在ですね。

総合して考えるとこの5つの金融機関に加入すれば大きな後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですが・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

idecoは買い
最新情報をチェックしよう!