メルペイでメルカリへ投資して年利2%と最大9,000円分のポイントゲット。Fundsでメルカリのファンド登場

資産形成をしたい個人とお金を借りたい企業を結ぶ「貸付ファンド」のオンラインマーケットの「Funds(ファンズ)」で興味深いファンドが登場しました。

メルカリ サステナビリティファンド#1 」です。

名前の通り、メルカリのファンドで「メルカリグループが提供するメルペイ事業」に利用されます。

このファンドに新しいところはメルカリのキャッスレス決済「メルペイ」を使って投資ができることでしょう。

今回は「メルカリ サステナビリティファンド#1 」をご紹介していきます。

Funds(ファンズ)って?

まずは今回の話の前提となりますFunds(ファンズ)についてみていきましょう。

Funds(ファンズ)は資産形成をしたい個人とお金を借りたい企業を結ぶ「貸付ファンド」のオンラインマーケットで、個人(投資家)は貸付ファンドを通じて、企業に間接的に資金を貸し付け​その利息をもとに分配金を得て、資産運用することができます。

つまり、企業に貸付をして利息をもらって利益を得ることができるサービスってことです。

ソーシャルレンディングはトラブルが怖いが・・・

最近はこの手の個人が企業などに貸付できる「ソーシャルレンディング」と呼ばれるサービスが多くなっています。

しかし、トラブルも多いんですよ。

それは信用力がなく銀行などから借り入れがうまくいかない企業や個人が対象となっているケースが多いためです。

そのため、企業が返済を滞るなどトラブルも多くなっているよう・・・

ですからこの本サイト「お金に生きる」でもほとんど紹介していません。

Funds(ファンズ)は対象企業をかなり絞っている

しかし、Funds(ファンズ)はそのリスクがかなり抑えられています。

Fundsに参加して資金調達を行う対象を上場企業または監査法人などの監査を受けた企業に限定しているためです。

また、元バンカー、公認会計士、弁護士、元株式アナリストで構成された審査部門が企業審査・ファンド審査をおこなうとのことですから他の企業が提供している貸付サービスなどと比較してリスクが少なくなると考えられます。

このあたりの話を聞くと安心して投資しやすいですね。

Funds(ファンズ)のリスクは限定的

また、クラウドファンディングなどとは違う特徴があります。

借り手企業の事業の成否に関わらず、借り手企業の全財産が借入金の返済原資になるということです。

クラウドファンディングなどではその事業が失敗してしまうと約束された商品が送られてこないなどとという話もありえます。

また、株式投資型クラウドファンディングでは上場などをしてくれないと換金が困難だったりします。

しかし、Fundsが採用している「リコースローン」の仕組みだと借り手企業の事業の成否に関わらず、借り手が借入金を返済さえしてくれれば元本は欠損しないのです。

また期限が決まっていますからその期限になれば通常返済されます。

つまり、クラウドファンディングなどと比較してリスクはかなり限定されるのです。

Fundsのリスク

出典:Funds 「ファンド組成スキーム」より

ただし、当然、借り手やファンド形成企業が倒産したりすれば元本の割れはありえますのでリスクがないとは言えないのでご注意ください。

投資したら放置でOK

なお、貸付ですから投資したら基本的に放置でOKです。

株などと違い値動きもありませんから運用期間中に相場を気にする必要もありません。

上記でご紹介したような倒産や貸付先が返済しないようなことがなければ予定どうりの金額が返ってくるのです。

このあたりも普段忙しくて相場を見ている暇がない人にはうれしいところでしょう。

メルカリ サステナビリティファンド#1概要

それでは今回ご紹介する「メルカリ サステナビリティファンド#1」について詳しく見ていきましょう。

ファンドの条件

「メルカリ サステナビリティファンド#1」のファンド条件は以下の通り。

予定利回り(年率、税引前) 2.00%
予定運用期間 約10ヶ月(2021/1/13〜2021/10/29予定)
募集金額 100,000,000円
元本償還方法 満期一括
利益配当方法 満期一括
担保・保証 担保なし、保証なし
最低成立金額 30,000,000円

つまり、約10ヶ月間年利2%で貸付をするってことです。

元本と利益配当は満期に一括して返ってくる予定となっています。

なお、先着募集となっており、2020/12/10 19:00 〜 2020/12/28 15:00で投資申込を受け付けとなります。

かなりの人気が予想されますので興味がある方は早めに動くのがおすすめです。

2%の利回りは対した事ないじゃんと思われる方も多いかもしれませんが、値動きがなくリスクが低い投資への利率であることを考えるとありな選択肢でしょう。

また、別途メルカリポイントが還元されますのでそれを勘案すればもう少し高い利率となります。

申し込み等の詳細はこちらからどうぞ。

ファンドの資金使途

なお、この集めたお金は

このファンドで集めた資金はメルカリグループが提供するメルペイ事業に利用します

とのことです。

後述するメルカリポイントの還元や支払いをメルペイを利用できるのもその一環でしょう。

メルカリがなぜFunds(ファンズ)を使うのか?

この話を聞いた時、まず思ったのが知名度も高く業績も右肩上がりのメルカリですから銀行などからも条件の良い借り入れできるだろうってことです。

つまり、なんでFunds(ファンズ)を使うんだろ?ってことです。

それについても以下のように回答が出ていました。

メルカリグループでは「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」ことをミッションに掲げ、地球資源が大切に使われる社会を目指しています。今回Fundsを通じて、メルカリグループが提供する「メルカリ」「メルペイ」を認知いただき、より多くのお客さまにご利用いただけるようなサービスとなることで、目指す社会の実現をさらに加速化してまいります。

出典:Funds メルカリ社のコメントより

プロモーションの一環ってことなんですね。

メルカリポイントの還元

今回のファンドでは投資額に応じて、最大9,000円分のメルカリポイントを還元するキャンペーンを実施されます。

具体的には以下のポイント還元です。

投資額 還元ポイント
30万円〜49万9,999円 2,000ポイント
50万円〜69万9,999円 4,000ポイント
70万円〜89万9,999円 6,000ポイント
90万円以上 9,000ポイント

90万ちょうどの投資なら9,000ポイントですから1%の還元ということになりますね。

メルペイで支払いが可能

なお、今回の「メルカリ サステナビリティファンド#1」はメルペイでの支払いが可能です。

ただし、投資上限は98万円までとなっていますのでご注意ください。

また、ポイントやメルペイスマート払いは利用できないとのこと。

メルペイ残高を利用しましょう。

Funds(ファンズ)得た利益もメルペイで利用可能

また、メルペイを利用して投資をしたファンドの分配は、メルカリアカウントにメルペイ残高として反映されるとのこと。

つまり、Funds(ファンズ)で得た利益をそのままメルペイで利用できるのです。

これも嬉しいところですね。

まとめ

今回は「メルペイでメルカリへ投資して最大9,000円分のポイントゲット。Fundsでメルカリのファンド登場」と題してFundsの「メルカリ サステナビリティファンド#1」をご紹介しました。

世界的な株高傾向で投資先を迷っている方も多いと思います。

基本的にソーシャルレンディングには否定的な私ですが、Fundsはかなり投資先を厳選してくれていますし、分散投資先一つ候補に入れてみてもよいと考えています。

先着に間に合えばメルカリも投資してみたいですね。

Fundsの「メルカリ サステナビリティファンド#1」について詳細はこちらからどうぞ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

年利2%と最大9,000円分のポイントゲット。Fundsでメルカリのファンド登場
最新情報をチェックしよう!