毎月分配型投資信託はなぜダメなのか?3つの理由

毎月分配型投資信託イメージ

先日もブログに書きましたが森信親金融庁長官が積立NISAの対象になれるような投資信託は本当に少ないと発言されています。そして名指しで指摘されたのが毎月分配型投資信託です。しかし、この毎月分配型投資信託大変人気もあり、お金の専門家のはずの銀行員や証券会社の職員、ファイナンシャルプランナーの中からも「毎月分配金が出るから安心できる」という意見や「損するからやめたほうが良い」という意見があるなど、様々に意見が分かれている商品です。今回はこの毎月分配型投資信託がメリット・デメリットをみながらなぜダメなのかという点を考えていきたいと思います。

 

毎月分配型投資信託とは


毎月分配型投資信託(毎月決算型)とは名前の通り、毎月分配金がある投資信託のことです。(ただし、手元に入る前に税金が差し引かれます。)毎月分配型は根強い人気があり、SBI証券の投資信託ランキングだとベスト10までに2つ、楽天証券の投資信託ランキングだとベスト10までに4つ、野村証券の投資信託ランキングだとベスト10までに0、大和証券の投資信託ランキングだとベスト10までに2つと結構な割合で入っている人気商品となります。毎月分配金が入って来ますので投資してる感が強いことからお得感を感じている方が多いそうです。ピーク時には7割が毎月分配型の投資信託だったそうです。

 

毎月分配型投資信託のメリット


毎月分配型投資信託のメリットは何と言っても名前の通り毎月決算を行い毎月決まった日に分配金が入ることです。給料や年金みたいなものですよね。生活費に回したり年金の足しにしたり色々できます。例えば毎月の分配金で「ちょっと豪華なディナーに行く」、「旅行に行く」、「自分へのご褒美を買う」など行った方が多いそうです。

 

毎月分配型投資信託のデメリット


毎月分配型投資信託は私はオススメしておりません。むしろやめておくことをオススメします。それは何故なのでしょうか?3つの大きなデメリットがあるからです。

1.複利効果が活かせない

投資信託のメリットの一つに複利効果があります。利息に利息がかかるとイメージするとわかりやすいかもしれません。闇金ウシジマくんで借り手の方がすごい金額を払っているのはこの複利効果の力です。そのせっかくの複利効果を得られる部分を分配してしまっているため投資信託のメリット半減と行ったところがあります。

闇金複利

2.分配ごとに税金がかかる

これも複利効果に少し関係ありますが、分配ごとに税金がかかります。そのため実際に得られる収入は税引後になります。もちろん普通の投資信託も分配があれば税金はかかりますし、売却して利益が出れば税金が出ます。つまり、先に税金が出るのか後に出るのかの違いといえばそうです。しかし、前述の複利効果を考えると税金は後にかかった方が有利に働きますのでデメリットとなります。

税金

3.元本を食べている

これは全ての毎月分配型投資信託ではありませんが分配金が決まっているためもしそれに見合った収益をあげていない場合は元本部分を分配として出しています。つまり自分の足を食べいるタコ状態担っているのです。(タコ足分配金と言います)これも1の複利効果に繋がりますが元本が小さくなればなるだけ複利効果が得れなくなりますので不利となります。特に元本部分を分配している毎月分配型投資信託はやめておくのが吉だと思います。明細等に「元本払戻金(特別分配金)」という言葉があればタコ足分配金のことですのでご注意ください。

タコ足分配

 

まとめ


毎月分配金はせっかくの長期投資のメリットを低減された商品です。そのためあまりオススメはできません。ぜひ購入される前に毎月分配型投資信託のダメな理由の3つを考えて判断してみてください。

 

森信親金融庁長官が積立NISAのお話されている内容については下記にありますので合わせてご覧ください。

日本の投資信託の99%はダメ【積立NISAに不適格】

読んで頂きありがとうございます、

私の意見に賛同される方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 積立NISA
    来年2018年から積立NISAなる制度がはじまります。 現状のNISAは2014年からはじまっ…
  2. スパークス
    SBI証券(iDeCo)スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンドを追加 ただで…
  3. 退職
    個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCO)の受け取り方は注意が必要 このサイトでも何度か…
  4. 積立NISA
    来年から始まる積立NISAとiDeCoどちらを優先? 前回、個人型確定拠出年金(iDe…
  5. ラチェット効果
    お金を増やす方法は2つある お金を増やすための方法は大きくわけて2つあります。 それは収入を…
  6. COMSAでICO
    日本でICOができるCOMSA ビットコインが分割イベントが終わっての安堵感から急上昇…
  7. 海外ETF
    海外ETFとは 海外ETFとは海外の証券取引所に上場している投資信託のことです。普通の…
  8. ふるさと納税
    先日、ふるさと納税をするだけで返礼品をもらった上でAmazonギフト券を1000円分プレゼントすると…
ページ上部へ戻る