Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • iDeCo
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)とは、自分で作る年金制度のこと
イデコで定期預金

個人型確定拠出年金(iDeCo)で定期預金に投資するなら年末一括で払おう

このサイトで長いこと人気記事となっているのが下記の個人型確定拠出年金(iDeCo)で定期預金を選択するとどうなるか?です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は基本的にかなりお得な制度ですが少額ではありますが毎月手数料が取られます。

特にサラリーマンの方のように上限額が低い方の場合は手数料負担割合はかなり大きくなります。

そのため定期預金を選択した場合、手数料負けをしてしまうのです。

それでも節税効果がありますのでプラスにはなるでしょうがちょっと気持ちいいものではありませんよね。

そんな方に朗報です。

手数料を減らす方法があるのです。

今回はこの件を見ていきましょう。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の手数料負担と定期預金の利息

個人型確定拠出年金(iDeCo)の手数料は下記のようになっています。

まず、加入時、移管時には以下の手数料を国民年金基金に払います。

加入時・移換時の手数料:2,777円(国民年金基金連合会)

多分審査なんかにかかる経費なんでしょうかね・・・

次に加入している最中は以下の経費がかかります。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の毎月の手数料

国民年金基金連合会:103円/月
信託銀行 :64円/月
合計:167円/月

そうです。毎月手数料が最低167円がかかっているのです。

つまり、毎月167円を超えた利益がでないと必ず赤字になってしまいます

例えば満額の68000円を個人型確定拠出年金(iDeCo)にまわしている人の場合

167円の投資額に対しての割合は
167/68000 ⇨0.24%

となります。

会社員の場合は上限が23000円ですから

167円の投資額に対しての割合は
167/23000 ⇨0.72%

公務員や確定給付企業年金に加入している会社員の場合は上限が12000円ですから

167円の投資額に対しての割合は
167/12000 ⇨1.39%

となります。

さらに掛金が少ない方は手数料の負担割合が高くなります。

アクティブファンドの信託報酬並みに手数料かかっているのです。


定期預金の利率

個人型確定拠出年金(iDeCo)の定期預金で1番高い利率はSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」

あおぞらDC定期(1年)の0.020%

です。

1番高い利率のものと比較しても完全に手数料負けなんですよね・・・

ですから本来は株などの投資信託を選択するのが良いと思われます。

期待値的には数%のプラスとなりますからね。

ただ、現状の株式市場のように不安定だと怖い方も多いと思います。

そんな方は下記のような手法を使うとよいでしょう。

掛金の年単位化を利用

下記の記事にも書きましたが、2018年から個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金の掛け方が月ごとではなく年単位化という方法がとれるようになりました。

つまり、まとめて支払うことができるのです。

これの最大の利点は手数料を減らすことができることです。

下記の手数料は月に1度掛かる費用です。

国民年金基金連合会:103円/月
信託銀行 :64円/月
合計:167円/月

しかし、このうち国民年金基金連合会に支払う103円は掛金の徴収などにかかる費用としての名目で引かれています。

そのため、支払う回数が年に1回になれば11回分1133円節約できるのです。

大したことないとおもわれるかもしれませんが、定期預金で年間1133円の利息を得ようと思えば前述のあおぞら銀行の定期預金0.02%で5665000円の預金がないともらえません。

月に12000円しか掛けれない方の場合472ヶ月分つまり、40年近く積み立てないと達成できないレベルなのです。

ですから定期預金での運用を考えている方は掛金の年単位化を利用しましょう。

年単位化は後払いでしか対応できませんので年末にまとめて支払うという形になります。

定期預金以外の方は?

定期預金以外の運用を考えている方にも年単位化は手数料の削減としては有効です。

ただし、例えば株の投資信託などでは期待値がそれなりに高いため、拠出をあとに回せば回すほど投資効率が落ちますのでどちらが正解かはなんともいえないところです。

まとめ

今回は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で定期預金の運用を考えている方に少しでも手数料を減らす方法をご紹介しました。

今年から始まった制度ですのでご存じない方もみえると思いますが該当される方はぜひ検討してみてくださいね。

定期預金での運用でも個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は節税効果を考えるとやったほうが良い制度だと思います。

まだ加入されていない方はぜひ検討してみてください。

おすすめは下記の5社ですよ。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの5社

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるにはまずどこの金融機関で始めるのかを決めなくてはなりません。

たくさんの金融機関、証券会社が取扱をはじめていますので迷う方も多いでしょう。

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券、松井証券の5択で決まりだとおもいます。

マネックス証券

その中でもマネックス証券 iDeCoが筆頭候補となります。

信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。

特に下記のeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

eMAXIS Slimシリーズについてはこちらをご覧ください。

松井証券

松井証券のiDeCoは取扱商品が12本と少ないですが、

マネックス証券と同様にeMAXIS Slimシリーズを取り揃え信託報酬が最安値水準となっています。

抑えるところは抑えた感じがあります。

最後発の強みですね。

また、1番人気のひふみ年金の取扱もあるのもポイント高いです。

SBI証券

次はSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」かな。

SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。

そのため選択の楽しさがあるでしょう。

また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

あとは確定拠出年金について古くから携わっており5社の中で1番の老舗で安心感が高いのも大きいと思います。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。

このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。

また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。

楽天証券

楽天証券 確定拠出年金は楽天スーパーポイントがたまったり、セゾン投信なんかに加入できます。

また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった人気商品の取扱も魅力です。

総合して考えるとこの5つのどれかに加入すれば後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。





読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。