Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • iDeCo
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)とは、自分で作る年金制度のこと
  • HOME
  • ブログ
  • iDeCo
  • 【個人型確定拠出年金(iDeCo)】加入者の割合を見ると公務員が会社員の倍近くである件。
公務員のイデコ加入者数

【個人型確定拠出年金(iDeCo)】加入者の割合を見ると公務員が会社員の倍近くである件。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の公務員加入率が会社員の倍近く


毎月月初に国民年金基金連合会が個人型確定拠出年金(iDeCo)加入者の推移を発表しています。
このサイトでも詳細にお伝えしていますのでご覧になった方も見えると思います。

最新は下記の記事です。


それを見ていて1つ思ったことがあります。

それは会社員の方と公務員の方を比較するとかなりの差がある点です。

今回はこの件を見ていきましょう。


公務員の個人型確定拠出年金(iDeCo)加入者率

まずは公務員の個人型確定拠出年金(iDeCo)加入者率をみていきましょう。

最新データ(平成30年1月現在)の公務員の加入者は143,542人です。

公務員は約440万人いると言われていますので比率にすると3.2%となります。

つまり、1000人のうち32人は加入しているという状況です。

正直これでも少ないな・・・ってくらい個人型確定拠出年金(iDeCo)はお得な制度なんですけどね。

会社員の個人型確定拠出年金(iDeCo)加入者率

次に会社員はどうでしょうか?

同じく最新データ(平成30年1月現在)の会社員の加入者は646,313人です。

会社員は約3600万人と言われています。

比率にすると1.7%となります。

つまり、1000人のうち17人は加入しているという状況です。

ちょうど公務員の方と比べると半分くらいの比率でしか加入していないのです。

公務員も会社員も国民年金を厚生年金加入しているでしょうから普通は未納となりません。

加入できる条件は同じなんですけどね。

自営業の個人型確定拠出年金(iDeCo)加入者率

次に自営業者はどうでしょうか?

自営業者の加入者という括りで分けられてはいませんので自営業が多いと思われる第一号加入者で見ていきましょう。

(第一号加入者には厚生年金にはいっていないフリーターや無職も含まれる)

第一号加入者となる第一号被保険者はちょっと古いデータですが平成26年で3300万人と言われています。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者は111,910人です。

比率にすると0.3%となります。

少ないのは自営業者以外の人も入るので仕方ないのかもしれませんね。

第一号加入者が全部自営業だと仮定すると自営業者の数が約500万人と言われていますので比率にすると2.2%

それでも公務員より少なくなります。

自営業者は個人型確定拠出年金(iDeCo)と枠が同じ国民年金基金に加入している方も多いですからその影響もあるでしょうけどね。

専業主婦の個人型確定拠出年金(iDeCo)加入者率

最後に専業主婦の個人型確定拠出年金(iDeCo)加入者率をみていきましょう。

こちらも専業主婦という括りはありませんので第三号加入者を前提に見ていきます。

最新の国勢調査によると専業主婦数は720万だそうです。

第三号の個人型確定拠出年金(iDeCo)加入者数は19,583人です。

比率にすると0.27%となります。

下記記事にも書いたように主婦の方は所得税や住民税かかっていないでしょうから個人型確定拠出年金(iDeCo)の旨味を活かせないためこんなもんでしょうね。

公務員の加入者率が高いのはなぜか?

それではなぜ公務員の加入者率が高いのでしょうか?

これは推測でしかありませんが、公務員の方の方が安定している仕事をしていることもあり老後の事を考えている人が多いというのもあるでしょう。

また、共済年金というかなり有利な公務員向けの年金制度が厚生年金と統一したことも影響しているかもしれません。

あとはろうきんがかなり公務員向けに個人型確定拠出年金(iDeCo)の営業やセミナーを開いたそうですのでそれらの要因もあるかもしれませんね。

なにより公務員の方の方が有利な制度を熟知しているのかな・・・って私は思います。

それだけ有利な制度なのです。

まとめ

今回は個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者比率を各段階にわけてみてみました。

公務員の方が飛び抜けて多いのがとても印象深いですね。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は公務員の方が飛びつくくらい本当に有利な制度ですからまだ加入していない方はぜひご検討くださいね。

早く始めれば始めるほど有利な制度ですよ。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの4社

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるにはまずどこの金融機関で始めるのかを決めなくてはなりません。

変更する場合でも変更先を考えなければなりません。

たくさんの金融機関、証券会社が取扱をはじめていますので迷う方も多いでしょう。

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券の4択で決まりだと思います。

その中でもマネックス証券 iDeCoが筆頭候補となります。
信託報酬がほとんど最安値でスキがありません。

特に下記のeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

次点がSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」かな。
SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。
そのため選択の楽しさがあるでしょう。
また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。
このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです

楽天証券 確定拠出年金は楽天スーパーポイントがたまったり、セゾン投信なんかに加入できます。
また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった人気商品の取扱も魅力です。

総合して考えるとこの4つのどれかに加入すれば後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

松井証券あたりはeMAXIS Slimシリーズの取扱もありこの4社に対抗できるようになりそう

また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ4社の詳しい解説は下記をご覧ください。





読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。