私ならこれを選ぶろうきんの個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)おすすめ配分。運用商品を比較してみた

ろうきんiDeCoはやめておいたほうが

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で高シェアのろうきん

今回は公務員や労働組合などとの関係性が深いため2017年1月にルールが変わってからの個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のシェアがかなり大きいとの噂のろうきんで個人型確定拠出年金(iDeCo)をはじめるとしたら私ならどの運用商品を購入するかを考えてみたいと思います。
もちろん投資は自己責任なのでどこに投資するのはご自身でよく考えてくださいね。
私の選んだ運用商品で損がでたとしても保証はいたしかねます。

他の証券会社で私が運用商品を選ぶ場合はこちらからどうぞ

ろうきんの個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の運用商品

まずはろうきんの個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)運用商品を見てみましょう。

かなりシンプルな品揃えとなっています。4つの基本カテゴリーとバランス型3種のみです。

新興国株式やリート(不動産)がないのは選択の幅が狭くなりますのでもうちょっとがんばってほしいなって思います。

初心者にはわかりやすくてよいのかもしれませんが・・・

ただし、DCダイワ日本株式インデックス、DCダイワ日本債権インデックス、DCダイワ外国債券インデックスの3つのカテゴリーはインデックスファンドでありながら信託報酬が高すぎますね・・・個人的にこの3つはなしです。もし、ろうきんで iDeCoをやる場合でもこれらのカテゴリーには投資をせずNISAやつみたてNISAなどで運用するのが良いかと思われます。

カテゴリー 商品名 信託報酬
国内株式 DCダイワ日本株式インデックス 0.6696%
国内債券 DCダイワ日本債権インデックス 0.486%
外国株式 野村DC外国株式インデックスファンド 0.27%
外国債券 DCダイワ外国債券インデックス 0.702%

つぎにバランス型です。こちらは株式の比率に応じて3つの商品が用意されています。

これもそこまで魅力的な運用商品ではありません。しかし、他の運用商品と比較すると信託報酬がそこまで高くないので・・・といったところでしょうか。

バランス型(株式40%) DIAMバランスファンド<DC年金>1安定型 0.2808%
バランス型(株式60%) DIAMバランスファンド<DC年金>2安定・成長型 0.3132%
バランス型(株式80%) DIAMバランスファンド<DC年金>3成長型 0.3456%



私ならこれを選ぶ運用商品。リスク高めを許容できる人

iDeCoにかぎらずリスクを高めればそれだけリターンの金額もあがると予想されます。
つまり、ハイリスクハイリターンを考える方です。

リスクを取る場合私ならこういう運用商品を選択します。

ろうきんイデコアセットアロケーション

バランス型:100% DIAMバランスファンド<DC年金>3成長型

バランス型で1番リスクの高いDIAMバランスファンド<DC年金>3成長型1本です。

本来、インデックスファンドを買いたい所ですが、ろうきんのインデックスファンドは信託報酬が高い運用商品ばかりです。

それらを買うならバランス型のDIAMバランスファンド<DC年金>3成長型の方が信託報酬が割安なのでこれを選択します。

外国株式の野村DC外国株式インデックスファンドはまだましな方なので少額を積み立てる方はこれ1本でもいいかもしれません。

私ならこれを選ぶ運用商品。リスク低めにしか許容できない人

次にリスクをあまり取りたくない場合は私ならこうします。

こちらもバランス型のDIAMバランスファンドの安定・成長型か安定型です。

自分のとれるリスクに応じてどちらなのかを選択すればよいでしょう。

どちらもそこまで魅力的ではありませんが、相対的にみるとろうきんの運用商品の中では比較的ましなので消去法での選択となりました。

ろうきんIDECOアセットアロケーション

バランス型:100% DIAMバランスファンド<DC年金>1安定型

ろうきんIDECOアセットアロケーション2

バランス型:100% DIAMバランスファンド<DC年金>2安定・成長型

ろうきんの場合、どの運用商品も信託報酬が高いです。

そのため比較的ましな、バランス型を選択するか、少額な掛金ならば野村DC外国株式インデックスファンドだけを運用してあとはNISAや積立NISAで運用するのも1つの選択肢としてありだと思います。

また、この選択肢なら節税目的と割り切り定期預金を選択するのもありかもしれませんね・・・

定期預金を選択してしまうと基本的に目減りしていきますのでオススメはしませんが。

まとめ

今回は私がもしろうきんでiDeCoをはじめるならこの運用商品を選択するという記事でした。

いかがでしたでしょうか?

ろうきんは積極的に営業をかけているようでシェアは高いようですが、他と比較し運用商品の信託報酬は高めですし、手数料も安くはありません

ろうきんもiDeCoにかなり力をいれているようですので今後に期待したいところですが、現状のままの条件あらばiDeCoでろうきんを使うのはやめておいたほうがよいです。

iDeCoの場合は長期投資となります。

運用に関係なく信託報酬、手数料は掛かってきますので少しでも信託報酬、手数料がやすいところを選択するのがセオリーとなります。

現状ならば下記の4つの証券会社、銀行の中から選択するのがよいかと思います。
それぞれ特徴がありますので比較検討してみるのをおすすめします。
マネックス証券 iDeCo
SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金

また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。




読んでいただきありがとうございました。
私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ブロトピ:今日のブログ更新

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 自営業者、フリーランス必見。iDeCoの隠されたメリット 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)…
  2. 積立NISA
    来年2018年から積立NISAなる制度がはじまります。 現状のNISAは2014年からはじまっ…
  3. 投資信託計算
    先日も書きましたが2018年5月にDC法が改正されます。そこから確定拠出年金の商品数が35本が上限と…
  4. ビットコイン8月1日問題
    仮想通貨のビットコインが大きな下げを見せています。その理由として8月1日問題が取りざされています。今…
  5. モナコイン急騰
    モナコインが1日で2倍へ 仮想通貨といえばビットコインが有名ですがそれだけはありません…
  6. 確定拠出年金解約したいのに
    確定拠出年金の解約は・・・ 最近このサイトへの来ている方で確定拠出年金の解約について調…
  7. 毎月分配型投資信託イメージ
    先日もブログに書きましたが森信親金融庁長官が積立NISAの対象になれるような投資信託は本当に少ないと…
  8. iFree新興国株式インデックスの実質コスト
    iFree新興国株式インデックスの実質コストが判明 積立投資信託でここ数ヶ月くらい「iFree新興…
ページ上部へ戻る