銀行振り込み時間

銀行振込が反映される時間、営業時間、給料振込時間、リアルタイム送金ができる銀行をおさえておこう。

商売やネットオークションなどの個人間取引をしていると、相手方から「振込したよ」と連絡があったのに銀行で通帳記帳したり、ネットバンキングで見ても振込が確認できないというトラブルはよくあります。

私も何度か経験したことがありますね。

これは振込先の銀行と振込元の銀行のタイムラグによるものです。

また、給料の振込も銀行によって給時間が違ったりもするのです。

そんなトラブルを回避するためにも銀行振込が相手の銀行口座に反映される時間をおさえておきたいものです。

最近はリアムタイム送金ができる銀行も増えてきました。

今回はそんな銀行振り込みについて考えてみたいと思います。

※2018年10月9日に全銀ネットが24時間365日いつでも他行口座への振込に対応した新システムを稼働させました。これによって新システム(モアタイムシステム)対応の銀行は即時振込が可能となりました。

銀行振込が相手の銀行に反映されるのはタイミングはいつ?


銀行振込が相手の銀行に反映されるタイミングについて見ていきましょう。

まず、新システム対応の銀行は24時間365日の即時振込サービスが可能となっています。

しかし、新システムはすべての銀行が対象ではありません。例えば大手ではみずほ銀行が対象外となっていますね。



新システム(モアタイムシステム)の対応銀行か否か

新システム(モアタイムシステム)の対象となっているのかは下記のサイトを御覧ください。少しずつ増えている感じですね。

>>https://www.zengin-net.jp/company/pdf/more-member1.pdf

新システムに未対応な銀行の着金までの目安(他行間)

新システム未対応の銀行の着金までの時間に大きく影響するのが銀行の営業時間です。

基本的に銀行の営業時間は平日(月〜金で祝日除く)で9時〜15時です。

この営業時間内に振込を終えたものについては基本的にその日の着金となります。

着金までの時間は混雑具合や相手先の銀行によります。

あまり混雑していない時期の同行間(同じ銀行の間)ならばほぼリアルタイムで相手側の銀行にも反映されます。

ただし、月末などの混雑時や15時ギリギリに振込処理をした場合には翌営業日扱いとなるケースもよくありますのでご注意ください。

まずは銀行振込をした際に相手の銀行口座に着金するまでの時間を見ていきましょう。

前日の15時〜8時59分までに振込処理をした場合

この時間帯に銀行振込を終えて入れば基本的に当日の9時に入金確認ができる場合がほとんどです。

ただし、多くの企業が振込をする給料日や月末などの場合には反映が少し遅くなるケースも有るようです。

それでも基本的には営業時間が始まってスグに反映されるようになっています。

9時〜15時までに振込処理をした場合

同行間ならほぼリアルタイムで反映されます。

他行間でもそれほどの時間差がなく着金されます。

ただし、これも混雑具合によります。月末や10日、20日、25日など振込が多くなる日は着金が遅れるケースがあります。

また、窓口などで15時ギリギリに手続きした場合には翌日振込扱いとなることもよくあります。

(この場合には銀行の窓口でその旨を言われると思いますが)

私も仕事で月末の午前中に振り込んだ支払いが当日に反映されなかったことがよくありました。

月末など混雑時はとくに時間に余裕を持つことが必要ですね。

15時〜以降の振込処理

15時以降の振込は翌営業日扱いの振り込みとなります。

翌営業日ですから翌日も営業日なら次の日の9時です。

もし、金曜の15時以降ならば次の営業日は月曜日ですから月曜日の9時に確認できるということになりますね。

給料振込

給料振込みは基本的に事前にデータが送信されていますので、前日の15時〜8時59分までに振込処理をした場合と同様に当日の9時には遅くとも反映されています。

これって実は「給料日の午前10時ころまでに払い出しを可能にする」という労働基準監督署から指導がでているためよほどのことがない限り守られていると思います。

また、ネット銀行によっては給料の振込口座にしていて会社が給料振込み処理を事前に行っているならば当日の0時に着金します。

すぐ使いたいならばネット銀行がおすすめですね。

ただし、中小企業など資金繰りがあまり芳しくない企業だとそうでもないケースがあります。

例えば当日に入ったお金を給料に回しているようなケースだと、給料振込みとして行った処理ではなく、入金確認後に普通の銀行振込で処理をしますので少し着金のタイミングがずれます。

ですからそのようなケースだと朝ATMで現金をおろそうと思ってもまだ入っていなかったということも・・・

あまりにおかしいようならば経理担当者などに確認してみましょう。

給料日が休み

給料日が土日祝日などである場合には、会社の方針により振込日が決まります。

一般的には休み前の営業日に振り込まれるケースがほとんどだと思います。



同一銀行間のリアルタイム振込(大手銀行)

基本的に同一銀行間ではリアルタイム振込が可能な銀行が多いです。

基本的に新システム対応の銀行は24時間365日リアルタイム振込が可能となっています。

みずほ銀行など未対応な銀行はそれぞれの銀行によります。例えばみずほ銀行は営業時間内9:00〜15:00の営業時間内は即時振込となります。みずほ銀行は会社が合併したときにシステムの統合がうまくいかず苦労されたましたのでその関係かもしれませんね。もうちょっと頑張って欲しいところですが。

同一銀行間のリアルタイム振込(ネット銀行)

店舗を持たず、インターネット上で営業しているネット銀行と呼ばれる銀行はリアルタイム振込が充実していますね。

とくに充実しているのが下記のネット銀行です。

振込時間着金までの時間
楽天銀行24時間365日リアルタイム
住信SBIネット銀行24時間365日リアルタイム
ジャパンネット銀行24時間365日リアルタイム
じぶん銀行24時間365日リアルタイム
イオン銀行24時間365日リアルタイム
セブン銀行24時間365日 リアルタイム

上記のネット銀行はシステムメンテなど特別な期間以外は基本的に24時間365日リアルタイム振込が可能です。

ただし、他の銀行との間ではリアルタイムとならず、相手銀行のルールの時間にしか着金されませんので注意が必要ですね。

ネット銀行はリアルタイム送金だけでなく振込手数料が安かったり、預金の利息も良かったりもしますので一つは持っておきたいところです。

とくにおすすめは下記の5行かな。

楽天銀行

まずおすすめとして楽天銀行があげられます。

楽天銀行の最大の特徴は最大で月7回までATM手数料が無料であることです。

また、コンビニで入出金が可能ですから引き出す場所に困ることもありません。

振込手数料も利用状況に合わせて月に最大3回まで無料となります。

あと面白いのが振込で楽天スーパーポイントが貯まるのです。


楽天銀行 口座開設

また、ネット銀行の利点ですが預金の利率が大手銀行と比較しかなり高くなっています。

また、楽天カードの引き落としを楽天銀行で行えば楽天市場の買い物のポイントが+1倍になります。(楽天SPU)

さらに楽天証券口座開設を行い連携(マネーブリッジ)を行えば株式投資を行わなくても預金の利息が年0.1%となります。

これは大手銀行と比較すると100倍近いです。

楽天銀行を使うならぜひ楽天証券の口座も合わせて開設しておきたいですね。

GMOあおぞらネット銀行

次ははGMOあおぞらネット銀行があげられます。

GMOあおぞらネット銀行はまだできたばかりの銀行ですが、他のネット銀行を研究して作られているためかなりお得な銀行となっています。

まず、GMOクリック証券の口座とGMOあおぞらネット銀行の銀行口座を連携させることで(スイープサービス)普通預金金利が0.001%から0.110%まで上げることがあります。

楽天銀行や住信SBIネット銀行でも同様なサービスはありますが金利はこちらのほうが高くなっています。

これは株式取引やFXの取引を行わなくても適用されますのでGMOあおぞら銀行で口座開設するなら合わせてGMOクリック証券の口座も開設してスイープサービスの登録をしておきたいところです。

また、振込手数料が安いのも魅力的です。

当行あては無料、他の金融機関宛ても月に1件無料、それ以降は154円(税込)/件となっています。

さらにつかいわけ口座という目的別の口座サービスなんかも便利そうですね。

詳しくはこちらをご覧ください。
【300×250】GMOあおぞらネット銀行株式会社/GMO あおぞらネット銀行

ジャパンネット銀行

次はジャパンネット銀行です。

ジャパンネット銀行もネット銀行の1つです。

こちらもセブンやローソンなどのATMや三井住友銀行、ゆうちょ銀行のATMが使えますのでお金を引き出す際に不便となりことはほとんどありません。

また、ATM手数料も毎月最初の1回は無料(入金・出金それぞれ1回)

毎月2回目以降は1回の入出金金額が3万円以上なら何度でも無料となっておりこちらも節約になります。

また、振込手数料が安いのも特徴です。ジャパンネット銀行あてなら54円、その他の銀行宛ででも3万円未満172円、3万円以上270円とかなり安くなっています。大手は振込金額が高く他行宛振込だと864円かかるときもありますからそれと比較してかなり安いです。

面白いことにヤフオクの支払いで1%のポイントが貯まるなんてサービスもあります。

株式投資なんかしている方はほとんどの証券会社とリアルタイム送金ができますのでそのあたりのメリットも大きいです。


ジャパンネット銀行の口座開設

じぶん銀行

次にはじぶん銀行です。auと三菱UFJ銀行が手を組んだ銀行でネット銀行としては大手となります。

預金残高が1兆円を超えたことも話題になっていましたね。

特徴としてはすべての取引をスマートフォンで完結できるように設計されていることが上げられます。

口座開設はもちろん様々な取引がスマホで完結できるのです。

とくにauを使っている方にはメリットが大きい銀行ですね。例えばauウォレットとと組み合わせるとポイントがかなり貯まりやすくなっています。また、auの契約年数や取引状況に応じてポイントがもらえるau STARというサービスもお得です。

auを使っている方は必須といってもよいかもしれませんね。

【300×250】じぶん銀行/口座開設/MIRAIMO

住信SBIネット銀行

最後は住信SBIネット銀行です。

こちらもセブンイレブン、ローソン、イオン、ゆうちょのATMが使えますのでお金を引き出す際に不便となりことはほとんどありません。

また、利用状況に応じてATMからのお引出し・他行宛てのお振込みは、最大月15回まで無料となります。

もう一つの特徴が預金の利率が楽天銀行と同様にSBI証券と連携を行えば年0.1%となります。これは大手と比較すると100倍近いです。

さらにローンの利率もかなり安いため住宅ローンを考えている方にも適した銀行だと言えます。

まとめ

今回は「銀行振込が反映される時間、給料振込時間、リアルタイム送金ができる銀行をおさえておこう。」と題して銀行振込について見てきました。

特にネットオークションなどの個人間売買をやられている方はトラブルを回避するためにもぜひ振込が反映される時間を把握しておきましょうね。

また、便利なネット銀行を積極的に活用したいところです。

銀行関連の記事はこちらもおすすめですよ。

関連記事

新年度になり、新入社員や転職された方の中には今日から勤務の方もお見えだと思います。どの会社もそうだと思いますが、初日もしくは事前に必要書類として給料の銀行振込先を書く紙を渡されますよね。いつも使っている銀行口座を指定する方も[…]

給料振込みに最適な銀行口座
関連記事

IPOなどで複数の証券会社を使っている場合に証券会社から証券会社への資金移動が生じます。この場合、通常ならば証券会社から銀行へ出金、銀行から証券会社への振込となりますので振込手数料が発生してしまいます。(一部の証券会社では振込手数料[…]

振込手数料節約

読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「ツィート」、「フォロー」してもらえると大変うれしいです。

銀行振り込み時間
最新情報をチェックしよう!