Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • 格安SIM
  • 固定費である通信費を大きく削減する格安SIM
  • HOME
  • ブログ
  • 格安SIM
  • 【赤ロム】格安SIMを使うために中古スマホ(白ロム)を購入する際に注意しなければならないポイント
白ロム、赤ロム注意点

【赤ロム】格安SIMを使うために中古スマホ(白ロム)を購入する際に注意しなければならないポイント

数年前までは大手キャリアでも一括0円で買っておけば最新機種のiPhone本体無料、さらに通信料も激安(複数台買えば2年間通信料0円ということも可能でした)という裏技が通用していましたが、総務省が一括0円や実質0円をやめるように通知を出して以来そこまでお得な売り方はされていません。

最近は一括0円や実質0円的な売り方も復活しつつありますが、前ほどはお得ではありませんね。

ちなみに総務省の通知以降、大手キャリアの決算の数字は劇的に良くなっていますね(笑)つまり、端末代の負担を大手キャリアがしなくなったことにより通信料を多少下げた分をカバーしてもあまりあるってことです。キャリアのための通知だったとしか思えません・・

そのため最近は格安SIMを使う人が増えています。私も楽天モバイルをつかっています。格安SIMのお得さは月々の基本料金などの通信料金が安いことにありますが、基本的に端末は自分で用意しなければならないケースが多いです(元々使っていた端末があればそれでもOK)

しかし、端末を自分で用意するといってもiPhoneなどだと10万円近くしますし、その他のアンドロイドでも最新機種ならそれなりの金額がします。そこで選択肢として出てくるのが中古のスマートフォンです。通称「白ロム」といわれるものです。もちろん中古ですから新品で買うのと比べてそれなりに安く手に入るのですが、購入する際には注意しない点があります。今回はそんな白ロムを買う際の注意点を見ていきましょう。

中古でスマートフォン(白ロム)を買う


白ロムとは簡単に言えばSIMカードが刺さっていないスマートフォンや携帯電話のことです。最近のスマートフォンは機種の中に契約者の情報などはなにも記憶されません。すべてSIMカードと呼ばれる小さなカードに記録されています。そのためSIMカードさえ入れ替えれば新しい端末を簡単に使えるようになっているのです。ですから中古のスマートフォンを買う人が増えてマーケットも大きく広がっています。最近は中古と言っても未使用品や未開封のものなんかも多数売られていますね。車の新古車と仕組みは違いますが同じようなものです。


赤ロムに注意が必要

ただし、SIMカードが刺さっていないスマートフォンがすべて白ロムかというとそうではありません。中には赤ロムと呼ばれる注意しなければならないものも含まれているのです。そのため中古でスマートフォンを買うときはこの赤ロムを掴まされないように注意しなければなりません。

赤ロムとは

赤ロムとは販売キャリアからネットワーク利用制限をかけられた端末のことを言います。以下をキャリアが認識をすると赤ロム化されます。

分割払い等で機種代金が未払い
端末が盗まれた、紛失された等の届け出をキャリアが受けた(補償サービス等の手続きも同様)
詐欺や虚偽など不正な契約が判明

つまり、キャリアがそれらの端末を不正に流通することを防ぐためにネットワーク利用制限を掛けたということですね。この状態になると通話やメール、WEBページの閲覧等できません。また、ネットワーク接続制限は解除される事は原則ありませんのでSIMを指しての運用はできないいわゆる文鎮端末(Wi-Fi運用は可能)なのです。ちなみに外見上で赤ロムと白ロムを判別することはできません。そのため赤ロムを買って大損しないためにも赤ロムを避けるための知識を得ておくことが必要なのです。

赤ロムを掴まされないためのポイント

次に赤ロムを掴まされないためのポイントをみていきましょう。これらを知っておくだけで赤ロムを掴まされてしまうリスクはかなり減るでしょう。ただし、これらをすべて意識しても後日、赤ロムになってしまう可能性もあります。たとえば現時点では白ロムだけで後日、前契約者が端末が盗まれた、紛失された等の届け出をしたケースや分割払い等で機種代金が未払いになったケースなのです。この場合にはあとから赤ロムになる可能性もあります。

ネットワーク利用制限確認サイトでIMEIを確認する

まず、ぜひやっておきたいのがネットワーク利用制限確認サイトでの確認です。スマートフォンや携帯電話の電池パックのところなどに15桁のIMEI(製造番号)や14桁のMEIDが記載されているはずです。これを下記のキャリアのサイトに入力すると赤ロムか否かを判定することができます。

ドコモの場合は、○と判定されれば今後も赤ロムとなる可能性はほぼない白ロム。△だと現状は白ロムですが、あとから赤ロムになる可能性がある端末。☓はすでに赤ロム判定とされます。

ドコモ:ネットワーク利用制限検索サイト
au:ネットワーク利用制限検索サイト
ソフトバンク:ネットワーク利用制限検索サイト

特にヤフオクやメルカリ等で購入する場合は基本的に○判定の物以外は辞めるのをおすすめします。もちろん「△」でも単に分割払いの契約で「△」になっているだけのケースがほとんどですから前契約者が問題なく払ってくれていれば問題ないのですがそればかりはわかりませんしね。ただし、最近は、一括購入で「○」扱いになっている端末でも紛失保障オプションを活用して転売したりケースもあり、後から「☓」に変更されることもあるようですから油断はなりません・・・。

また、ヤフオクやメルカリ等ではネットワーク利用制限「○」と表記してあるだけのこともありますので実際に自分で調べてみることをおすすめします。

つまり、ヤフオクやメルカリなどで中古のスマートフォンを買うのは結構な博打といっても良いかもしれませんね・・・。

赤ロム永久保証のある店舗で買う

おすすめは「赤ロム永久保証」のある店舗で買うことです。前述のように「○」判定でも急に赤ロムになったりする場合もありますしね。赤ロム保証があれば、後日急に赤ロムになったとしても返金や交換に応じてくれます。また、赤ロム保証は永久のところと期間限定のところがあります。長いこと使うことを考えるなら永久保証の店舗がよいでしょうね。いつ赤ロム化するなんてことはわかりませんので。

また、ヤフオクやメルカリで販売している人の中には赤ロム保証をうたっている人もいますが、個人の場合どこまで信用できるのかはわかりませんのでおすすめはしかねます。

保証書なしは危険

中古ショップでもヤフオク、メルカリでも保証書なしのスマートフォンが多数売られています。これらは多少ある場合よりも安くなっていますがちょっと危険度が高いという点を押さえておきましょう。

保証書がないのは単に紛失してしまったというケースももちろんありますが、盗んだ端末だったり、拾った端末だったりするケースも多いです。その場合には遠隔でロックを掛けられている場合も多いです。キャリアで解除できる可能性もありますが、かなり面倒なことに巻き込まれる可能性も第ですから極力避けるのをおすすめします。

格安SIMとセットの中古スマホはリスク大

また、格安SIMと中古スマホがセットになったようなセットが売られているケースも注意しましょう。格安SIMがセットなら中古スマホを安く売りますよってパターンですね。この場合はほとんど格安SIMの契約期間等の条件が付与されます。たとえば6ヶ月は使ってね。とかですね。しかし、その端末が後日赤ロムになり使えなくなってもその契約は解約に応じてくれないケースが多いです。前述の「赤ロム永久保証」のような契約になっていればよいでしょうが、それ以外はこの手の契約は危険であるということを押さえておきたいところです。

まとめ

今回は「【赤ロム】格安SIMを使うために中古スマホ(白ロム)を購入する際に注意しなければならないポイント」と題して白ロムと赤ロムの話について見てきました。

白ロムを買う場合の注意点をまとめるとこんな感じです。

ネットワーク利用制限確認サイトでIMEIを必ずチェック
オークションやメルカリはリスク大
赤ロム永久保証の店がおすすめ
中古端末と格安SIMセットはやめておくのが無難

せっかくお得な格安SIMや中古スマホを利用しようとしても逆に損してしまっては意味はありません。白ロムを買う際にはぜひ今回ご紹介したポイントを押さえておいてくださいね。

読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。