イオン銀行、個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)に参入決定

結構予想外な新しい企業が個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)に参入を発表しました。

イオン銀行が個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)に参入

しかも商品は結構良いので新しい選択肢としてSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」楽天証券 確定拠出年金に十分対抗できます。

みずほ銀行も個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)についてはかなり意欲的ですがそのみずほ銀行との提携と聞いて納得です。

イオンニュースリリース

 

予定商品ラインナップ


かなり良い商品ラインナップになっています。これならばSBI証券、楽天証券と対等に戦える商品と言えます。

新興国株だけはSBI証券に分があるかな・・・あとは対等以上です。

後発ですが素晴らしいです。

カテゴリー商品名信託報酬
国内株式DIAM DC国内株式インデックスファンド0.1674%
国内株式ひふみ年金0.8208%
国内株式フィディリティ・日本成長株1.674%
先進国株式たわら先進国株式0.243%
先進国株式ピクテグローバルインカム株式1.05732%
新興国株式DIAM新興国株式インデックスファンド0.5886%
国内債券たわら国内債券0.162%
先進国債券たわら先進国債券0.216%
先進国債券たわら先進国債券(為替ヘッジあり)0.216%
新興国債券三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド 0.5616%
国内REITたわらノーロード国内リート0.3240%
 先進国REITたわらノーロード先進国リート0.3780%
バランスマイバランス300.2376%
バランスマイバランス500.2484%
バランスマイバランス700.2592%
バランスイオンバランス戦略ファンド0.9504%
預金イオン銀行iDeCo定期預金5年0.05%

手数料


手数料はSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」楽天証券 確定拠出年金に対抗して無条件の0円です。

(国民年金基金や信託銀行への取り分はかかります。これはSBI証券や楽天証券も同様です)

手数料面では完全に並びましたね。

 

まとめ


イオン銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)は予想外でしたので驚きました。

しかし、それ以上に手数料が無条件も無料

商品も低コストインデックスファンドを一通り揃え

ひふみ年金など人気の商品もラインナップに加えるなど非常に充実したものとなっています。

後発ですがSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」楽天証券 確定拠出年金と十分戦える条件が揃っていますね。

今後マネックス証券も参入を表明していますし、競争が一段高い所に行くことが期待できそうですね。

イオン銀行イデコの詳細及び資料請求等はこちらからどうぞ

イオン銀行イデコ

読んでいただきありがとうございました。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!