所得税還付金

所得税の還付金はいつ振り込まれるのか?早く還付を受け取るためのポイント

そろそろ確定申告の時期が始まりますね。自営業者やフリーランスの方はもちろん、住宅ローン控除や医療費控除、ふるさと納税、副業などサラリーマンの方でも確定申告をするケースは増えています。

サラリーマンの方の住宅ローン控除や医療費控除などはもちろん、自営業者でも源泉徴収される業種の方の場合は所得税が還付されるケースがあります。

今回はそんな所得税の還付金について見ていきましょう。

なお、年末調整の還付金については下記記事を御覧ください。

関連記事

会社員の方などは冬のボーナスの話がそろそろ出てきますね。それ以外に会社員の場合は、もう一つある意味、冬のボーナスがあります。それが年末調整の還付金です。人によってはかなり大きな金額となりますので期待している方も多いでしょう。今回はそ[…]

年末調整の還付金

所得税の還付金とは


所得税の還付金とは簡単に言えば確定申告をすることで納めすぎていた所得税が返ってくる制度です。サラリーマンの方の場合や自営業者でも源泉徴収される業種の方は所得税が引かれて振り込まれます。しかし、その引かれる所得税は控除などを加味していない概算の金額なのです。

そのためしっかり確定申告で計算をすると戻ってくるケースがあるのです。サラリーマンの方の場合は年末調整がその役割となりますが、年末調整でできない処理などは確定申告で行うことになります。

所得税の還付金が発生するケース

それではまず、所得税の還付金が発生するケースをみてみましょう。

サラリーマン(会社員):所得税還付金が発生するケース

まずはサラリーマンの場合です。

住宅ローン控除を受ける(初回)
医療費が10万円以上ある
セルフメディケーション税制の対象商品を年間12,000円以上購入
ふるさと納税などを年末調整で処理していない
2箇所以上から給料をもらっている
災害、盗難
株などの損失の繰越がある

主には上記のケースがあたります。住宅ローン控除は初回のみ確定申告をする必要があります。

サラリーマンでも確定申告をしたほうがよいケースについて詳しくは下記をごらんください。

関連記事

毎年、恒例ですが確定申告の時期がそろそろやってきますね。今年の確定申告(2018年/平成30年分)の申告期間は2019年2月18日(月)〜3月15日(金)です。なお、個人事業主の消費税と地方消費税は2019年4月1日(月)まで、贈与[…]

会社員が確定申告

自営業者(フリーランス):所得税還付金が発生するケース

次は自営業者(フリーランス)です。

源泉徴収された所得がある

自営業者やフリーランスの場合は以下に該当する場合には源泉徴収(所得税があらかじめ引かれる)される形となります。

イ 原稿料や講演料など
ただし、懸賞応募作品等の入選者に支払う賞金等については、一人に対して1回に支払う金額が5万円以下であれば、源泉徴収をしなくてもよいことになっています。
ロ 弁護士、公認会計士、司法書士等の特定の資格を持つ人などに支払う報酬・料金
ハ 社会保険診療報酬支払基金が支払う診療報酬
ニ プロ野球選手、プロサッカーの選手、プロテニスの選手、モデルや外交員などに支払う報酬・料金
ホ 芸能人や芸能プロダクションを営む個人に支払う報酬・料金
ヘ ホテル、旅館などで行われる宴会等において、客に対して接待等を行うことを業務とするいわゆるバンケットホステス・コンパニオンやバー、キャバレーなどに勤めるホステスなどに支払う報酬・料金
ト プロ野球選手の契約金など、役務の提供を約することにより一時に支払う契約金
チ 広告宣伝のための賞金や馬主に支払う競馬の賞金

源泉徴収される金額はどこに該当するかで変わります。例えばイの原稿料や講演料などの場合は以下のとおりです。

100万円以下 :支払金額×10.21%
100万円超  :(支払金額ー100万)×20.42%+102,100円

(例)150万円の原稿料を支払う場合
(150万円-100万円)×20.42%+102,100円=204,200円
源泉徴収すべき所得税及び復興特別所得税の額は204,200円になります。

詳しくはこちらを御覧ください

>>国税庁 報酬・料金等の源泉徴収義務者

所得税の還付金はいつごろ振り込まれるのか?

所得税の還付金がいつ入るのかは時期により変わります。

確定申告の時期は混み合いますので以下のスケジュールです。

書面による申告:1ヶ月〜1ヶ月半程度
e-Tax(電子申告):3週間程度

例えば3月15日の確定申告期限ギリギリに書面で申告した場合には4月中旬〜5月頭のイメージですね。経験上確定申告ギリギリだともう少し掛かるイメージです。大型連休のゴールデンウィークもありますしね。

還付金は実際に振込が行われる前に税務署から国税還付金振込通知書なる書類が送られてきます。そこに実際の振込み日(手続き開始日)が記載されていますので確認することもできます。

所得税の還付金を早く受け取るためのポイント

それでは所得税の還付金を早く受け取るためにはどうすればよいでしょうか?

これは簡単です。

確定申告を早く提出することです。

還付金の確定申告については1月1日から受付をしています。ですから一般の方が確定申告を開始するよりも早く提出すればそれだけ還付金の処理もスムーズに進みます。

国税庁としてもその方がありがたいのでしょうね。以下のコメントもあります。

e-Taxで1月・2月に提出された場合は、2~3週間程度で処理しています。

つまり、一般の方の確定申告受付日2月15日より前にe-Tax(電子申告)で確定申告する。これだけで所得税の還付金の受け取りは早くなります。お試しくださいね。

また、当たり前ですが確定申告時の還付金の振込口座の記入を忘れないようにしましょう。私は一度忘れて後日税務署から電話で問い合わせがありました(笑)郵便局に出向いて受け取る方法もありますが面倒ですしね。

また、還付だけの確定申告でなくても2月15日前に提出することは可能です。事前に提出すると2月15日付けで受け取ってもらえますので還付も早くなります。私はいつも2月15日前にe-Taxで提出していますね。確定申告は事前準備さえちゃんとしておけばそれほど難しくないですよ。

関連記事

フリーランス、自営業、副業をしている方が苦労すると言われるのが確定申告です。特に経理なんかの経験がない方にとっては未知の領域でしょう。なにから手を付けてよいのかわからない方も多いでしょうから今回は確定申告の下準備のお話を見て[…]

確定申告で楽をする

インターネット銀行は使えないケースも

また、一部のインターネット専用銀行については、還付金の振込みができませんので、振込みの可否について、あらかじめご利用のインターネット専用銀行にご確認ください。とありますのでネット銀行を使っている方はご注意ください。

まとめ

今回は「所得税の還付金はいつ振り込まれるのか?早く還付を受け取るためのポイント」と題して確定申告時の所得税還付金についてみてきました。

少しでも早く還付金が欲しい場合はe-Taxで2月15日よりも前に提出しましょうね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

所得税還付金
最新情報をチェックしよう!