個人年金保険と個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)との比較、併用も可能

個人年金保険とイデコ比較

個人年金保険という方法もある

将来の老後に備える制度としてこのページでも何度も紹介している「個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)」が人気です。

それ以外に「個人年金保険」というものもありますので今回はご紹介していきます。

確定拠出年金も個人年金保険も年金の一種なのですがだいぶ毛色が違いますのでそれぞれの特徴や違いをやわかりやすく比較、検討していきます。

個人年金保険と個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)の比較

違いはたくさんありますので順番に見ていきたいと思います。

まず1番大きなポイントが税制上の優遇の違いです。

所得控除の違い

「個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)」は全額が小規模企業共済等掛金として所得控除の対象となります。

小規模企業共済等掛金控除

つまり、掛けた分だけ所得税や住民税が安くなるのです。

一方、「個人年金保険」は種類によって個人年金保険料控除となります。(一部商品は生命保険控除という扱いのものもあります)

そのため受けられる控除額は下記のとおりとなっています。

まず所得税です。

 年間の支払保険料総額 所得税の控除額
2万円以下 支払保険料の全額
2万円超〜4万円以下 支払保険料✕1/2+1万円
4万円超〜8万円以下 支払保険料✕1/4+2万円
8万円超 4万円

住民税下記のとおりです。

 年間の支払保険料総額 所得税の控除額
1万2千円以下 支払保険料の全額
1万2千円超〜3万2千円以下 支払保険料✕1/2+6千円
3万2千円超〜5万6千円以下 支払保険料✕1/4+1万4千円
5万6千円超 2万8千円

これは他の保険との合計での計算となりますので複数の年金保険に入っていれば合計しての年間支払保険料総額を算定します。

つまり、個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)と比較すると控除の条件はだいぶわるくなっています。

ただし、年間2万円以下ならば所得税全額、年間1万2千円以下ならば所得税も住民税も全額控除できますので相違ありません。


受け取り時の違い

受取時の優遇も大きな違いとなっています。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)」

「個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)」は一時金として受け取る場合は退職所得扱いとなります。

退職所得は次のように計算します。

退職所得の場合には退職所得控除が受けられます。

(収入金額(源泉徴収される前の金額) - 退職所得控除額) × 1 / 2 = 退職所得の金額

退職所得控除は次のように計算します。

勤続年数(A) 退職所得控除額
20年以下 40万円✕A

(80万円に満たない場合は80万)

20年超 800万+70万円✕(A−20年)

結構大きな控除がうけられます。
また、年金として受け取る場合には雑所得の扱いですが、公的年金控除が受けることができますのでこちらも有利に受け取ることができるのです

個人年金保険

一方、「個人年金保険」は一時金として受け取る場合は一時所得としての扱いとなります。

一時所得の場合

{総収入金額(保険金)ーその収入を得るために支出した金額(実払込保険料)ー特別控除額50万円}✕1/2=一時所得の金額

で計算されます。

また、年金として受け取る場合には、こちらも雑所得の扱いですが、控除等は特にうけられません。支払った保険料は原価としてみなされるためそれを差し引きした差額が所得として扱われます。

つまり、個人年金保険は運用部分の利益に対して税金が掛けられる仕組みとなっているのです。

一方、個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)は運用益は掛かりません。

かわりに受け取る際に大きな金額となれば税金が発生する仕組みとなっています。

どちらが有利なのかは状況状況によりますので一概にはいえませんが、個人年金保険も少額ならメリットを享受する事ができます。

掛金の上限

「個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)」は掛金の上限が他の公的年金の加入条件により定められています。

例えば自営業者ならば年間81万6千円、厚生年金のみのサラリーマンなら27万6千円といった具合です。

一方、「個人年金保険」は上限は定められていません。

しかし、税金の控除の件を考えるとあまり掛けてもメリットは減ってしまいます。

中途解約

「個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)」は中途解約はできません。

原則として60歳まで引き出すことができない仕組みとなっています。

一方、「個人年金保険」は中途解約ができます。

ただし、ほとんどの個人年金保険は途中解約した場合元本割れ(払った金額以下しか戻ってこない)しますので、中途解約はあまりオススメはできません。

加入できる人

「個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)」は企業型年金加入者で規約で個人型確定拠出年金への加入を認めていない場合を除いて加入可能です。

「個人年金保険」も誰でも加入可能です。(一部生命保険会社の商品には年齢などの条件があるものもあります)


比較のまとめ

たくさんの違いがありました。

基本的に個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)の方が控除などが充実していますので有利な商品です。

しかし、少額の場合には個人年金保険も負けず劣らず有利となっています。

個人年金保険と個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)の両方にはいる併用がおすすめ

私のオススメは個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)も個人年金保険も両方に入る併用です。

ただし、ちょっとしたテクニックというか掛金には気をつける必要があります。

個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)の掛金

個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)は全額が所得控除の対象となりますのでたくさん掛けた方が有利です。

しかし、貰う時の税金がありますのでそこは考えておく必要があります。

前述の退職所得控除、公的年金控除で税金がかからない程度に掛けるのがもっともお得です。

例えば退職所得控除ならば10年で400万、20年で800万、30年で1500万円の控除が受けられます。

掛金+運用益でそのくらいまでに抑えると貰う時も税金がかからずに済みます。

つまり、個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)は貰うときに税金がかからないギリギリまでたくさん掛けるのがおすすめということです。

個人年金保険の掛金

個人年金保険は最低金額くらいを掛けるのがおすすめです。

金額的には微々たるものですが年金保険料控除が受けられて受け取るときもよほどの事がない限り税金はかかりません。

最低金額はその保険会社や商品によって異なります。


個人年金保険と個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)のオススメ

個人年金保険もたくさんの商品がありますし、個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)もたくさんの運用機関がありますので私のオススメをかいておきましょう。

個人年金保険のオススメ

いくつかオススメもありますが地雷商品も多いのが個人年金保険です。

さすがに地雷商品を紹介するのはまずいので、オススメのみ紹介しておきます。

明治安田生命「じぶん積立」

まずは明治安田生命の「じぶん積立」です。

こちらは年金保険料控除の対象ではなく一般生命保険料控除の対象ですのでお気をつけください。

控除額は年金保険料控除と一緒ですが別々の枠です。

他に生命保険に加入されている場合は合計して控除を計算することになります。

「じぶん積立」の特徴はいつ解約しても返戻率100%です。

返戻率とは戻ってくる割合のことで、100%ということは払った金額の全額戻ってくるってことになります。

つまり、いつ解約しても損することがないということですね。

これはお得です。

例えば最低掛金の5000円を5年積み立てると10年後に309,000円戻ってきます。

5000円を5年払うと払込保険料は300,000円ですので9,000円儲かったことになります。

つまり3%です。

10年間での金額(払うのは5年)ですのでたいした金額ではないかもしれませんが、所得控除も受けられていますのでお得ですね。

JA共済「ライフロード」

次はJA共済の「ライフロード」です。

こちらは個人年金保険料控除の対象です。

つまり、他に保険に入ってなければ前述の「じぶん積立」と併用して両方かけてもお得です。

枠が別々となります。

こちらはちょっと仕組みがややこしいです。

まず定期年金タイプと終身年金タイプがあります。

定期年金タイプは決まった年数(5年、10年、15年)年金を受け取るタイプ

終身年金タイプは死亡までもらえるタイプです。

どちらが得なのかは何歳で死亡するかによりますのでなんともいえません。

つまり長生きすれば得なのが終身年金タイプ、そうでないなら定期年金タイプがお得になります。

ライフロードの最低掛金は3000円です。

そして利率は予定利率変動型という仕組みをとっています。

当初の5年間は0.5%の利率、それ以降は1年毎に予定利率が見直されます。

最低保障として0.75%が設定されていますのである程度の年金額が保証されるしくみとなっています。

終身年金といえば個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)と同じ枠の国民年金基金がありますが、

こちらは加入時に決まった利率で支給される仕組みですのでインフレに対応できていません。

しかし、ライフロードはインフレの際には高い利率、デフレになったとしても0.75%は確保できるというよくできた仕組みとなっています。

資料請求

まずは資料を取り寄せひかくしてみることをおすすめします。

個人型確定拠出年金(IDeCo/イデコ)のオススメ

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)もたくさんの運用管理機関があり、選択に苦労される方も多いと思います。

しかし、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の運用管理機関の選択は2つの点に着目すれば簡単です。

それは手数料と運用商品です。

その点に着目すると現状ならば下記の3つの証券会社、銀行の中から選択するのがよいかと思います。
それぞれ特徴がありますので比較検討してみるのをおすすめします。

ちなみに私はSBI証券ではじめています。

SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金

まとめ

今回は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と個人年金保険の比較、併用のお話をみてきました。

基本的に個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を中心にその補助として少額個人年金保険を使うとよいかなっておもいます。

個人年金保険はあまりたくさん掛けても控除の上限がありますのでお気をつけくださいね。

読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ブロトピ:今日のブログ更新

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 楽天バンガードファンド創設
    【楽天・バンガード・ファンド】の創設を発表 先日、投資信託業界に衝撃を与えた楽天・全世界株式インデ…
  2. マッチング拠出する女
    企業型確定拠出年金のもう一つのパターン【マッチング拠出】 昨日のブログでご紹介した選択…
  3. 投資信託計算
    先日も書きましたが2018年5月にDC法が改正されます。そこから確定拠出年金の商品数が35本が上限と…
  4. 50代からのideco
    年代ごとに違う個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ iDeCoはこのペー…
  5. 赤字
    日本郵政が民営化後初めての赤字となりました。しかもその金額は400億と大きいこと、ちょうど郵便料金が…
  6. IBM
    世界一の投資家といっても良いウォーレンバフェット氏が2011年に買いはじめていたIBM株を3分の1売…
  7. スパークス
    SBI証券(iDeCo)スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンドを追加 ただで…
  8. 年金受給額
    個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)にいくら掛けるか問題 個人型確定拠出年金(iD…
ページ上部へ戻る