確定拠出年金(個人型、企業型)を解約したい。で解約できる場合もある??

確定拠出年金解約したいのに

確定拠出年金の解約は・・・


最近このサイトへの来ている方で確定拠出年金の解約について調べている方が多いようです。

おそらく退職時に確定拠出年金を放置すると損ですよって書いた下記の記事の影響かと思われます。

そこで確定拠出年金の解約について興味を持ってらっしゃる方向けに確定拠出年金の解約できる場合について解説したいと思います。

ただ、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)はかなり有利な制度ですので、

一時的に損失がでて解約したいと思ってたりしたとしてもあまり解約を考えるよりは手数料が安い、運用商品が有利な会社に移すとか運用商品を見直すなりをおすすめします。

基本的に確定拠出年金は解約できない

まず、大前提として確定拠出年金は企業型確定拠出年金も個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)とも解約は基本的にできません。

基本的にですので一部厳しい条件をクリアできた場合のみは解約できる可能性があります。

それでは解約できる条件をみていきましょう。

企業型確定拠出年金の場合

なかなか条件が厳しいので該当する方はそこまで多くないかもしれませんね。

1)平成28年12月以前に加入者資格を喪失、個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者となる資格なし

以下をすべて満たす場合

1.60歳未満

2.企業型確定拠出年金の加入者でないこと

3.障害給付金の受給者でないこと

4.通算拠出期間が1ヶ月以上3年以下、又は個人型管理資産が50万円以下であること。

5.資格喪失日から2年を経過していないこと

6.企業型確定拠出年金から脱退一時金の支給をうけていないこと

2)平成28年12月以前に加入者資格を喪失、個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者となる資格あり

以下をすべて満たす場合

1.継続個人型年金運用指図者であること

2.障害給付金の受給者でないこと

3.通算拠出期間が1ヶ月以上3年以下、又は個人型管理資産が25万円以下であること

4.資格喪失日から2年を経過していないこと

5.企業型確定拠出年金から脱退一時金の支給をうけていないこと

3)平成29年1月以降に加入者資格を喪失した方

以下をすべて満たす場合

1.国民年金の第一号被保険者のうち、国民年金保険料の全額免除または一部免除、もしくは納付猶予を受けている方

2.障害給付金の受給者でないこと

3.通算拠出期間が1ヶ月以上3年以下、又は個人型管理資産が25万円以下であること

4.資格喪失日から2年を経過していないこと

5.企業型確定拠出年金から脱退一時金の支給をうけていないこと

4)資産が極めて少額の場合

1.企業型確定拠出年金の加入者、運用指図者でないこと、

2.個人型確定拠出年金の加入者、運用指図者でないこと

3.資産額が15,000円以下であること

4.最後に企業型確定拠出年金加入者の資格を喪失してから6ヶ月を経過していないこと


個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の場合

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)も基本解約はできません。

60歳まで待つ必要がありますが、基本なので一部例外もあります。

受給予定者本人が障害状態になった場合

受給予定者本人が死亡した場合

の2パターンです。障害状態になった場合には障害給付金

死亡した場合は遺族が死亡一時金が受け取れます。

解約できるのは縁起でもないパターンだけですね・・・

国民年金基金の場合

ちょっとおまけで個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と同じ枠の国民年金基金を解約できる場合についてもみておきましょう。

こちらも基本的には同じで60歳まで待つ必要ががあります。

しかし、国民年金基金の場合もうちょっと間口が広く解約できます。

・厚生年金に加入したとき
・結婚してサラリーマンなどの被扶養配偶者になったとき
・地域型基金に加入していた方が他の都道府県へ転居したとき
・職能型基金に加入していた方がその職業に従事しなくなったとき
・国民年金保険料が免除されたとき
・国民年金の任意加入被保険者になったとき

となっています。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は自営業でなくても入れますが、国民年金基金は自営業が条件ですから上記なようなルールになっているようですね。

国民年金基金はどうしても辞めたければ厚生年金に入ればよいってことです。

ただし、脱退しても脱退一時金はもらえません。

もらえるのはそれまでの掛け金に対しての年金がもらえるので60歳からです。

まとめ

今回は確定拠出年金の解約できる事例についてみてみました。

企業型確定拠出年金においてもかなり解約できる条件は厳しいですし

個人型確定拠出年金の場合は、障害か死亡のときのみですから解約できないと思っておいた方が良いでしょうね。

ただこういうルールも有るよってのは覚えておいてもいいかもしれませんね。

今イデコに加入するならこの3社から選ぼう

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券の3択で決まりだとおもいます。
ちなみに私はSBI証券に入っています。
SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金
また、SBI証券、イオン銀行、楽天証券に加入した場合私ならこの運用商品に投資するのかは下記を御覧ください。




また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。



読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. ideco対ふるさと納税
    お得な制度として有名になってきたふるさと納税、今年から公務員などにも解禁され、こちらもお得な確定拠出…
  2. ろうきんiDeCoはやめておいたほうが
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で高シェアのろうきん 今回は公務員や労働組合などとの関係性…
  3. 投資戦略
    私のNISA戦略についてお話をしてみたいと思います。下記のブログにも書きましたがほとんどの人が株やF…
  4. 投資信託計算
    先日も書きましたが2018年5月にDC法が改正されます。そこから確定拠出年金の商品数が35本が上限と…
  5. ふるさと納税
    ふるさと納税が4月以降変わってしまうようです。 4月からふるさと納税の返礼品がグレードダウン?駆け…
  6. 仮想通貨マルチ商法
    仮想通貨のマルチ商法が増加中 先日もブログでビットコインがすごい急騰しているというお話…
  7. 大雨被害
    大雨で甚大な被害を受けた市町村へふるさと納税 テレビのニュース等でごらんになったかたも多いと思いま…
  8. 黒猫
    日本の投資信託の99%はダメとはショッキングな内容ですが 日本証券アナリスト協会 第8回国際セミナ…
ページ上部へ戻る