株注文データ覗き見「ハイ・フリークエンシー・トレーディング(HFT)

株注文データ覗き見で勝率100%?「ハイ・フリークエンシー・トレーディング(HFT)」とは。

日経新聞にある記事がでて証券業界が大騒ぎとなっています。

SBI証券などの利用者がハイ・フリークエンシー・トレーディング(HFT)業者から株注文データが覗かれて注文を先回りされてしまうことで餌食になってしまっているというのです。

この問題、いろいろな専門用語だらけで馴染みのない方も多いでしょう。

また分かりにくい問題でもあります。

そこで今回はハイ・フリークエンシー・トレーディング(HFT)、関係が深いスマート・オーダー・ルーティング(SOR)タイム・イン・フォース(TIF)を含めて今回の問題を解説します。

ショートカットはこちらから

>>この問題を受けての各証券会社の発表、個人投資家でできる対策

ハイ・フリークエンシー・トレーディング(HFT)とは

ハイ・フリークエンシー・トレーディング(HFT)とは日本語でいうと超高速取引高頻度取引のことを指します。

アルゴリズム取引なんかも同じような意味で使われることも多いです。

HFTを簡単に言えばミリ秒以下という人間では到底不可能な高速の売買を行って小さな利ざや(利益)をシステムを使って稼ぐ仕組みです。

この手法はほぼ勝率100%が可能だというのです・・・

ここまで早いと人間の認知能力では追いつきませんので勝ち目がないんですよ。

チャートがあまり意味をなさなくなったとか、株価の急激な下げなんかが起きやすくなったのもこういった取引が普及したことが大きいとも言われていますね。

後出しジャンケンが得意

実はこのハイ・フリークエンシー・トレーディング

俗に言う「後出しジャンケン」を行っていたりもしますので勝率100%であると言われているのです。

かなり簡単にいえばこんな仕組みです。

ある株の気配値が以下の通りだったとします。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

売気配株数気配値買気配株数
5002,110
3002,108
1002,100
2,099100
2,095300
2,0901,000

ある投資家が上記のように2,100円付近で成立している株に100株成行で買い注文をいれたとします。

通常であれば2,100株で100株の売買が成立します。

しかし、注文が実際に反映されるのには少しタイムラグが発生するのです。

そのタイムラグの差をハイ・フリークエンシー・トレーディングを使った業者は狙ってくるのです。

その注文を少し先回りするんですよ。

このケースでは先に成行き買いをいれたのが投資家であったとしてもあとから高速でハイ・フリークエンシー・トレーディング業者が注文を入れると2,100円で約定するのは業者の方となります。

成行注文ですから投資家の方は2,108円で約定となるのです。

つまり、投資家の動きを見てから注文してもハイ・フリークエンシー・トレーディング業者が勝ってしまうんですよね。

また、さらにこんなケースもあります。

その投資家が2,108円で約定する前にハイ・フリークエンシー・トレーディング業者が今度は先程2,100円で買った株を2,107円で売りに出すのです。

すると先程成行きで買い注文を出している投資家は2,107円で約定します。

ハイ・フリークエンシー・トレーディング業者は2,100円で買ったものを2,107円で売れますね。

つまり、ハイ・フリークエンシー・トレーディング業者はある投資家の100株成行で買い注文を確認した上で買いと売りを短期間で入れ込むことで利ざやが稼げてしまうんですね。

後出しジャンケンみたいなものですからノーリスクなんです・・・

ハイ・フリークエンシー・トレーディングの詳しい仕組みや手法などを知りたい方は以下の本がおすすめですね。

スマート・オーダー・ルーティング(SOR)とは

スマート・オーダー・ルーティング(SOR)とは複数市場から最良の市場を選択して注文を執行する形態の注文です。

例えばSBI証券ではSOR注文が初期設定となっており、証券取引所、「ジャパンネクストPTS」の第1市場(J-Market)及び第2市場(X-Market)で提示されている気配価格等を監視し、原則、最良価格を提示する市場を判定して、自動的に注文を執行されます。

つまり、同じ株を買うのに一番オトクに買える市場を自動で探してくれるのです。

仕組みとしては投資家としてはありがたい話なのですが・・・

問題になったのはスマート・オーダー・ルーティング(SOR)と合わせて10月から導入されたタイム・イン・フォース(TIF)なのです。

タイム・イン・フォース(TIF)とは

タイム・イン・フォース(TIF)とは時間指定注文のことで、予め取引参加証券会社等が指定する時間のみ有効とする指値注文です。

これが導入されたことで投資家がSORで注文すると一定時間(かなり短い時間ですが・・)注文情報が見えてしまうのです。

例えば1000株成行注文したとします。

100株は現在の価格で約定します。

しかし、少しタイムラグがあるため残り900株は一瞬注文情報が見えてしまうのです。

そのタイムラグの間にハイ・フリークエンシー・トレーディング(HFT)業者が先回りして動かれてしまったんですね。

>次はこの問題を受けての各証券会社の発表、個人投資家でできる対策

株注文データ覗き見「ハイ・フリークエンシー・トレーディング(HFT)
最新情報をチェックしよう!