個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の制度概況が更新されましたので読み解いてみました。

イデコの現状

iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況29年3月末現在


個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の運営もとである国民基金連合会がiDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況が平成29年3月末現在に更新されました。

今回はこのiDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況を読み解いて見たいと思います。

確定拠出年金制度加入者数の推移

加入者は制度が変わった29年1月から増えたのもあるのでしょうが28年度末の時点でほぼ倍と大きく増えています。

サラリーマンや公務員が加入できることになったのが大きいのでしょう。

最新の6月末のデータだと54.9万人となっていますのでそこからさらに伸びていることになります。

また受付金融機関も平成27年度は10しかなかったそうなので(現在130くらいあります)大きな伸びとなっています。

ついでに企業型もずっと右肩あがりですね。

確定拠出年金制度加入者の推移

出所:iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況:国民年金基金連合会より

加入者内訳

男女比

イデコ加入者男女比

出所:iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況:国民年金基金連合会より

男女比はだいたい7対3です。

株式とかもそんな幹事だと思いますのでこんなもんかもしれませんね。

女性の方が投資には慎重なのかもしれません。

種別

イデコ加入者内訳

出所:iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況:国民年金基金連合会より

種別別に見ていくと30代以降が多い感じですね。まだ若い方の加入がすくないようです。

若い方はあまり金銭的な余裕もない場合も多いためそうなる傾向かもしれません。

イデコは若い頃から入ったほうがいい制度だとは思いますが・・・

掛金額別加入者数

掛金別加入者数はこんな感じになっています。

28年末の資料と比べると1号平均が24,970円が26,461円と1500円くらい増えていますね。

2号加入者は少し掛金平均が減っていますがこれは企業年金ありの人や共済組合員(公務員)の上限が少ない人が増えたからになります。

ちょっと話はそれますがこの資料もっとなんとかならないのかな・・・

エラー表示の緑三角でちゃってるんですけど・・・

イデコ掛金別加入者数

出所:iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況:国民年金基金連合会より


年齢送別掛金額別現在加入者数

年齢層でいくらくらい掛金を掛けているのかといった資料も追加されておりました。

第一号

年齢送別掛金イデコ

出所:iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況:国民年金基金連合会より

ちょっとわかりにくい資料ですが20代の方だと1番多いのが5000円〜9000円が47.2%

30代も1番多いのが5000円〜9000円が34.2%

40代になると1番多いのが10000円〜19000円が34.2%

50代も同様に1番多いのが10000円〜19000円が27.3%

となっています。

満額書けている方も徐々に増えていく感じですね。

第2号

2号も同様の傾向ですね。

若い方は掛金安め、年がいくにつれて余裕がおおくなるのか高めとなっています。

イデコ2号掛金

出所:iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況:国民年金基金連合会より

運用商品別資産構成比

次に運用商品別の構成比です。

これはそれほど大きな変化はありませんが投資信託が約43%しかいません。

その他は損保、生保、預貯金となっています。

イデコは節税効果もありますが、損保、生保、預貯金だと手数料負けしてしまうのであまりどうなのかな・・・って思ってしまいます。

まだまだ投資に対する抵抗がある人が多いのでしょうね。

詳しくはこちらを御覧ください。


運用商品の構成比イデコ

まとめ

今回はiDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況で注目すべきポイントを読み解いてみました。

大きな変化としては加入者が大きく増えたこと

まだまだ若い方には浸透それほどしていないこと

掛金は年が行くほど高くなるということ

の3つかなとおもいます。

特にあまり若い方が加入していないのは気になりますね。

そもそも制度をしらないのか

それともお金がなくてはいれないのか・・・

どちらにしても個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)はとてもお得な制度ですのでぜひ加入を検討して見てくださいね。

個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)はこの3社に決まり

iDeCoの場合は長期投資となります。

運用に関係なく信託報酬、手数料は掛かってきますので少しでも信託報酬、手数料がやすいところを選択するのがセオリーとなります。

現状ならば下記の3つの証券会社、銀行の中から選択するのがよいかと思います。
それぞれ特徴がありますので比較検討してみるのをおすすめします。

SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金

また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。




読んでいただきありがとうございました。
私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 海外ETF
    海外ETFとは 海外ETFとは海外の証券取引所に上場している投資信託のことです。普通の…
  2. 分散投資は相関関係を意識する
    ポートフォリオ理論による分散投資 長期投資をされる方は分散投資をしてリスクを減らすこと…
  3. 楽天証券イデコの魅力
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争が小休止? つみたてNISAの受付が始まり、そちらに…
  4. マネックス証券のイデコ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争は一段落? つみたてNISAの受付が始まり、そちらに…
  5. イデコの現状
    iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況29年3月末現在 個人型確定拠出年金(iD…
  6. COMSAでICO
    日本でICOができるCOMSA ビットコインが分割イベントが終わっての安堵感から急上昇…
  7. 積立NISA
    来年2018年から積立NISAなる制度がはじまります。 現状のNISAは2014年からはじまっ…
  8. 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
    楽天よりおもしろいインデックスファンドが発表されました 楽天投信信託顧問が2017年9…
ページ上部へ戻る