イデコの現状

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の制度概況が更新されましたので読み解いてみました。

iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況29年3月末現在


個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の運営もとである国民基金連合会がiDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況が平成29年3月末現在に更新されました。

今回はこのiDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況を読み解いて見たいと思います。

確定拠出年金制度加入者数の推移

加入者は制度が変わった29年1月から増えたのもあるのでしょうが28年度末の時点でほぼ倍と大きく増えています。

サラリーマンや公務員が加入できることになったのが大きいのでしょう。

最新の6月末のデータだと54.9万人となっていますのでそこからさらに伸びていることになります。

また受付金融機関も平成27年度は10しかなかったそうなので(現在130くらいあります)大きな伸びとなっています。

ついでに企業型もずっと右肩あがりですね。

確定拠出年金制度加入者の推移

出所:iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況:国民年金基金連合会より

加入者内訳

男女比

イデコ加入者男女比

出所:iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況:国民年金基金連合会より

男女比はだいたい7対3です。

株式とかもそんな幹事だと思いますのでこんなもんかもしれませんね。

女性の方が投資には慎重なのかもしれません。

種別

イデコ加入者内訳

出所:iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況:国民年金基金連合会より

種別別に見ていくと30代以降が多い感じですね。まだ若い方の加入がすくないようです。

若い方はあまり金銭的な余裕もない場合も多いためそうなる傾向かもしれません。

イデコは若い頃から入ったほうがいい制度だとは思いますが・・・

掛金額別加入者数

掛金別加入者数はこんな感じになっています。

28年末の資料と比べると1号平均が24,970円が26,461円と1500円くらい増えていますね。

2号加入者は少し掛金平均が減っていますがこれは企業年金ありの人や共済組合員(公務員)の上限が少ない人が増えたからになります。

ちょっと話はそれますがこの資料もっとなんとかならないのかな・・・

エラー表示の緑三角でちゃってるんですけど・・・

イデコ掛金別加入者数

出所:iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況:国民年金基金連合会より


年齢送別掛金額別現在加入者数

年齢層でいくらくらい掛金を掛けているのかといった資料も追加されておりました。

第一号

年齢送別掛金イデコ

出所:iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況:国民年金基金連合会より

ちょっとわかりにくい資料ですが20代の方だと1番多いのが5000円〜9000円が47.2%

30代も1番多いのが5000円〜9000円が34.2%

40代になると1番多いのが10000円〜19000円が34.2%

50代も同様に1番多いのが10000円〜19000円が27.3%

となっています。

満額書けている方も徐々に増えていく感じですね。

第2号

2号も同様の傾向ですね。

若い方は掛金安め、年がいくにつれて余裕がおおくなるのか高めとなっています。

イデコ2号掛金

出所:iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況:国民年金基金連合会より

運用商品別資産構成比

次に運用商品別の構成比です。

これはそれほど大きな変化はありませんが投資信託が約43%しかいません。

その他は損保、生保、預貯金となっています。

イデコは節税効果もありますが、損保、生保、預貯金だと手数料負けしてしまうのであまりどうなのかな・・・って思ってしまいます。

まだまだ投資に対する抵抗がある人が多いのでしょうね。

詳しくはこちらを御覧ください。

運用商品の構成比イデコ

まとめ

今回はiDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況で注目すべきポイントを読み解いてみました。

大きな変化としては加入者が大きく増えたこと

まだまだ若い方には浸透それほどしていないこと

掛金は年が行くほど高くなるということ

の3つかなとおもいます。

特にあまり若い方が加入していないのは気になりますね。

そもそも制度をしらないのか

それともお金がなくてはいれないのか・・・

どちらにしても個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)はとてもお得な制度ですのでぜひ加入を検討して見てくださいね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの6社から選ぼう

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるならまずは金融機関を決める必要があります。

しかし、たくさんあってどこにしたらよいのかわからない方も多いでしょう。

簡単に決めてしまう方もおおいかもしれませんが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の場合、金融機関ごとの違いがとても大きいですから慎重に選びたいところです。

私が今もし、新たに加入するならSBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、イオン銀行、大和証券の6択の中から決めます。

この6つの金融機関は運営管理機関手数料は無料です。(国民年金基金連合会の手数料等は各社共通で掛かります。)

また、運用商品もインデックスファンドを中心に低信託報酬の商品が充実しています。順番に見ていきましょう。

SBI証券

イチオシははSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」です。

SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。

そのため選択の楽しさがあります。

また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

また、2018年11月からセレクトプランなる新しいプランができました。

こちらではeMAXIS Slimなども取り扱いがあり、信託報酬にも他に負けないだけのものになりましたね。

ちなみに既存加入者も無料でプラン変更可能となっています。

私も先日セレクトプランに変更しました。

また、SBI証券は確定拠出年金について古くから携わっており、1番の老舗で安心感が高いのも大きいと思います。

筆頭候補はSBI証券で決まりでしょう。

まずはこちらを検討してみてください。

マネックス証券

次点はマネックス証券 iDeCoです。

信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。

特にeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

また、最近、一番人気のひふみ年金もラインナップに追加されさらにスキがなくなりました。

松井証券

松井証券のiDeCoは取扱商品が12本と少ないですが、SBI証券やマネックス証券と同様にeMAXIS Slimシリーズを取り揃え信託報酬が最安値水準となっています。

抑えるところは抑えた感じがありますね。逆に本数が少ないことにより選びやすさは増しており初心者向けの筆頭候補といってもよいかもしれません。

また、35本制限まで余裕があるというのは最後発の強みですね。

1番人気のひふみ年金の取扱もあるのもポイント高いです。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。

このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。

また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。
イオン銀行iDeCo

楽天証券

楽天証券 確定拠出年金は人気のセゾン投信なんかにも加入できます。

また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった自社の人気商品の取扱が魅力です。

今後は楽天SPUの対象になったり、つみたてNISAのように楽天カードでポイントが貯まるようになるようでしたらかなり面白いです存在ですね。

大和証券

大和証券 iDeCoは大手証券会社でありながら、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にもかなり力を入れています。

他のネット証券と違い店舗が全国各地にたくさんあります。そこに魅力を感じる方にはおすすめできますね。

また、取扱商品もダイワつみたてインデックスシリーズなど信託報酬が安めの商品を取り揃えています。

また、UBS中国株式ファンド、ブラックロック・インド株ファンド、ダイワ・ロシア株ファンド、ダイワ・ブラジル株式ファンドといった他の金融機関ではみかけないその国特化のファンドなんかもあるのがおもしろいですね。

大和証券 iDeCo

総合して考えるとこの6つの金融機関ならどれかに加入すれば大きな後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

イデコの現状
最新情報をチェックしよう!