個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるなら今がチャンス。SBI証券でキャンペーン実施中

新型コロナウィルスの影響で株価が暴落したこともあり、iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者が急増しているとの話があります。(株価が安いときに始めたほうが有利ですからね)

そんな中、古くからiDeCoに携わり現在でも最も力を入れていると言っても過言でないSBI証券がキャンペーンを実施開始しました。

証券会社からすればiDeCoはそれほど儲からないようでキャンペーンもそれほど実施されません。

ですからまさに今始めなきゃいつやるよ?状態となっています。

今回はSBI証券のiDeCoキャンペーンをご紹介します。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)ってなに?

まずは個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)ってどんなものなのかというところを簡単にご説明します。

iDeCoとは老後資金を自分で作るための制度

個人型確定拠出年金(iDeCo)を簡単に言えば自分の老後生活のために老後資金を自分で作るための制度です。

具体的にはこんな感じの流れになっています。

60歳までの間に自分で決めた金額を積み立てをする

その積み立てたお金で投資信託や定期預金、保険などの商品を選択して運用

60歳以降にその運用した資産を受け取ることができる。

国民年金や厚生年金と合わせた年金制度の上乗せ部分を自分で運用できる制度として考えると良いでしょう。

税制優遇が最強

個人型確定拠出年金(iDeCo)には大きく分けて3つのメリットがあります。

特に大きいのが1の節税効果ですね。

払えば払うだけ所得控除(小規模企業共済等控除)となり、住民税と所得税の節税効果があるのです。

1.節税効果(掛け金が控除対象)
2.売却益が非課税
3.受け取る時も税制優遇あり

デメリットもあるぞ

個人型確定拠出年金(iDeCo)ももちろんメリットだけの制度ではありません。

デメリットもあるのです。

銀行や証券会社、ファイナンシャルプランナーなどはポジショニングトークが多くあまり悪い面(デメリット)を説明しないケースが多くなっています。ですから、デメリットの方が大きい方が個人型確定拠出年金(iDeCo)を始めてしまうと「騙された!!」とか「失敗した」とか「こんなはずでは・・・」となるのは確実です。

始める前にデメリットも知っておきましょう。

1.原則として60歳まで引き出せない
2.損益通算できない
3.老後にもらえるお金は運用次第であること
4.手数料負担あり
5.特別法人税が課せられる可能性

メリットとデメリットを加味して加入を検討してみてくださいね。

個人的には節税メリットがデメリットを大きく上回っていると考えていますが、人を選ぶ仕組みであるってことですね。

iDeCoについてさらに知りたい方

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)についてさらに知りたい方は下記記事を御覧ください。

この記事をみれば「iDeCo(個人型確定拠出年金)制度」から「つみたてNISAとの違い」、「おすすめ金融機関」、「おすすめ商品」、「いくら積み立てればよいのか」などを網羅的に確認することができますよ。

SBI証券のiDeCoデビューキャンペーン

それではSBI証券のiDeCoキャンペーンを見ていきましょう。

もれなく100円分のアマゾンギフト券がもらえる

まずはもれなくプレゼントです。

対象期間中のiDeCoの申し込み書類の返送するともれなく100円分のアマゾンギフト券がプレゼントされます。

アマゾンギフト券は何でも使えますからいくらあってもよいですからありがたい話ですね。

対象申込期間は以下のとおりです。

申し込み受付期間:2020/4/17(金)~6/5(金)

申し込み書類返送の受付期間:2020/4/17(金)~6/5(金)

申込書類返済までの流れは以下のとおりです。
SBI証券に資料請求→その資料(申込書類)に記載してSBI証券に期限内に送る
現在、多くの金融機関でiDeCoの申し込みが殺到しています。
SBI証券はその中でも人気が高いですから早めに申し込みをするのがおすすめです。
資料を入手するまでに時間を要す可能性があるためです。
また、申込み書類には会社勤めの人なら会社に記入してもらう必要があります。
現在テレワークの会社も多いでしょうからその手の手続も時間を要す可能性があります。

その辺りまで考えるとできるだけ早めに動くのが良いでしょう。

抽選で最大10万円分アマゾンギフト券プレゼント

次は抽選のプレゼントです。

対象期間中の初回掛金の拠出開始抽選でAmazonギフト券10万円分×1名様、5,000円分×100名様にプレゼントされます。

こちらは掛け金拠出つまり、手続きが完了してお金を入れるところまでいかないと抽選の対象外となってしまうのです。

抽選の対象となる掛け金の拠出期間は以下のとおりです。

 掛け金の拠出期間:2020/6/26(金)~7/31(金)

申込書類返済から掛け金拠出までの流れは以下のとおりです。
申込書類提出→SBI証券、国民年金基金連合会での手続き→掛け金の拠出開始
iDeCoは年金の意味合いもありますし、税制優遇も受けられる仕組みです。

そのため、国民年金基金連合会が手続きする必要があります。

その手続が結構時間掛かるんですよ。

また、その間に書類の記入ミスなどがあれば更に時間がかかります。(私も一度やりました・・・)

ですからこちらも抽選の対象となるには早めに動くことがおすすめですね。なお、抽選のキャンペーンはマネックス証券でも実施中です。

まとめ

今回は「個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるなら今がチャンス。SBI証券でキャンペーン実施中」と題してSBI証券のiDeCoキャンペーンを見てきました。

SBI証券は信託報酬が最安値水準のeMAXIS Slimシリーズを始めとしたインデックスファンドから雪だるま全世界株式、ひふみ年金、NYダウ、グローバル中小、ジェイリバイブといった特徴ある商品をたくさんそろえているところが最大の魅力です。

選択の楽しさがありますよね。

また、確定拠出年金の分野を長年手掛けている老舗である安心感も大きいですね。

そんなSBI証券がiDeCoキャンペーンを実施しているのはかなり大きなチャンスですよ。

ちなみに私も当然SBI証券でiDeCoをやっています。

SBI証券iDeCo
5

SBI証券は運営管理手数料が無条件で0円ですし、なにより運用商品が豊富で選択の幅が広いです。現状最強のラインナップを誇ることになります。
また、他の証券会社に先んじて確定拠出年金の取扱をはじめてますから安心感が強いですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

iDeCoを始めるなら今がチャンス
最新情報をチェックしよう!