【楽天証券】個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で究極の差別化戦略【ポイント付与】きました

楽天証券イデコキャンペーン

楽天証券がマネックス証券へ対抗措置

楽天証券が個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を明日から開始するマネックス証券に差別化戦略として保有する投資信託に応じて楽天スーパーポイントを付与するキャンペーンを実施することを発表しました。

いつか来るぞと思われていた楽天スーパーポイントですがここにきてうやってきましたね。

今回はこの件を詳しく見ていきましょう。

マネックス証券が個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)開始

マネックス証券が満を持して個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を開始します。

その内容は楽天証券やイオン銀行などの条件をことごとく対抗措置をとってきたものとなっており、今から加入するならマネックス証券一択と考えてもよいものでした。

そこで楽天証券やSBI証券の対抗措置が発表されるのを待っていましたがまずは楽天証券が仕掛けてきましたね。

楽天証券のキャンペーン概要

それではキャンペーンの具体的な内容をみていきましょう。

キャンペーン対象者

キャンペーンは対象者は楽天証券で個人型確定拠出年金(iDeCo)をご利用のお客様となっています。

※投信残高算出時点で、楽天証券の総合口座をお持ちでないお客様は対象外となります

つまり、その時点ではじめていれば全て対象となります。

キャンペーン概要

2017年12月末時点と、2018年6月末時点の投資信託の残高に応じて、「楽天スーパーポイント(「楽天スーパーポイントコース」設定のお客様のみ。「楽天証券ポイントコース」を設定中のお客様は楽天証券ポイント)をプレゼントいたします。

楽天スーパーポイント獲得条件

投資信託の残高に対して0.03%相当分のポイントをプレゼント

※投資信託残高50万円以上は、1回当たりの獲得ポイントの上限を150ポイントとします

最大で1回150ポイント、2回合わせれば300ポイントということです。

金額にすれば楽天スーパーポイントは1ポイント1円で合計300円ですからたいしたことないといえばそうですが他と0.01%単位で信託報酬の争いしている中にとっては大きいですよね。

同じ商品をイデコで買っていても楽天証券ならば300ポイントもらえるが、他の証券会社だともらえないわけで・・・

対象投資信託

iDeCo対象の全投資信託

※定期預金は含まれません。

留意点

・小数点以下のポイントは切り捨てとなります。
・ポイント獲得には、個人型確定拠出年金(iDeCo)の初期設定(JIS&T社とのデータ連携)が必要となります。

まとめ

まとめると

  • 楽天証券で個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で保有する投資信託残高に応じて最大300ポイントプレゼント(1回あたり150ポイント×2回)
  • 楽天証券の総合口座を開設しているお客様全員が対象
  • 最大2回の獲得チャンス(2017年12月末および2018年6月末時点で投資信託残高を保有しているお客様)

ということです。

マネックス証券の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)開始の前日に発表するあたりがさすが楽天証券ですね。

SBI証券やマネックス証券がこれにどう対抗してくるのか楽しみですね。

個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)はこの4社に決まり

iDeCoの場合は長期投資となります。

運用に関係なく信託報酬、手数料は掛かってきますので少しでも信託報酬、手数料がやすいところを選択するのがセオリーとなります。

現状ならば下記の4つの証券会社、銀行が良いと思います。
マネックス証券 iDeCo
SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金

また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。




私がSBI証券、イオン銀行、楽天証券、ニッセイ、みずほ銀行、ゆうちょ銀行でiDeCoをはじめるならこの運用商品を選ぶはこちらからどうぞ






読んでいただきありがとうございました。
私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. イデコでもスイングトレード
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)でもできるスイングトレード 今回はいつもと毛色を変えて個人…
  2. 信託報酬は実質コストをみよう
    信託報酬はほんとうのコストではない?? 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)やつみ…
  3. ふるさと納税
    ふるさと納税が4月以降変わってしまうようです。 4月からふるさと納税の返礼品がグレードダウン?駆け…
  4. 投資信託計算
    先日も書きましたが2018年5月にDC法が改正されます。そこから確定拠出年金の商品数が35本が上限と…
  5. 毎月分配型投資信託イメージ
    先日もブログに書きましたが森信親金融庁長官が積立NISAの対象になれるような投資信託は本当に少ないと…
  6. ideco積立
    確定拠出年金は8割の人が定期預金を選択している 1月に公務員やサラリーマンでも加入でき…
  7. コインチェックのキャンペーンビットコインがもらえる
    Coincheckで新キャンペーン開始 日本一簡単にビットコインが買えると評判の簡単安心!ビットコ…
  8. iDeCO加入しないほうが良い場合
    iDeCo(個人型確定拠出年金)はかなりお得な制度ですので加入者がすごい勢いで伸びています。また、い…
ページ上部へ戻る