お金を増やすもう一つの方法。【無駄遣いを減らす】

ラチェット効果

お金を増やす方法は2つある

お金を増やすための方法は大きくわけて2つあります。

それは収入を増やすことと出費を減らすことです。

このサイトではここまで収入を増やすという観点のお話が多かったように思います。

そこで今回は出費を減らすことについてみていきましょう。

特にパーキンソンの法則とラチェット効果について考えてみましょう。

パーキンソンの法則とは

まずはパーキンソンの法則からみていきましょう。

パーキンソンの法則は、1958年にイギリスの歴史学者・政治学者であるシリル・ノースコート・パーキンソンが「パーキンソンの法則 進歩の追求」の中で提唱した法則です。

大きくわけて2つの法則があります。

第1法則:仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する
第2法則:支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

言ってることは1も2もそれほど変わりませんが、特に第2法則がお金に大きく関わってきます。


パーキンソンの第2法則

パーキンソンの第2法則は「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」です。

簡単にいえば入ってくるお金が増えて来れば、支出の額も入ってくるお金まで増えてしまいますよってことです。

例えば給料が20万円の人の生活がカツカツであったとします。

その人が独立して月に100万円入ってくるようになったとしても、支出が増えて結局はお金が残りませんよってことです。

大切なのは、毎月の収入に応じて、支出をコントロールすることなのです。

ウォーレン・バフェットさん

世界的に有名な投資家のウォーレン・バフェットさんもこんなこと言ってます。

お金を使った後で、残った分を貯金するのではない。貯金したあとで、残った分を使うのだ。

金森重樹さん

また、ふるさと納税のみで生活をすることで有名になった金森重樹さんはこんなことを言ってます。

コップの中の水を飲むな。こぼれてきた水を飲め

言ってることは違いますが、方向性は同様です。

支出のコントロールの大切さをといているのです。

ラチェット効果

もう一つ支出関連で抑えておきたい理論があります。

それがラチェット効果です。

ラチェット効果とは

ラチェットとは歯止めの意味です。

ラチェット効果の言葉の意味的には

景気の後退期に消費性向が上昇することで、個人消費および景気全体が一方向に傾くことに歯止めが掛かること。

とされています。

これを個人に適用するとこんな感じです。

すごく事業に成功し収入が多い方がパーキンソンの第2法則にならいお金をたくさん使っていたとします。

そんなある時、事業に失敗し収入が激減したとしましょう。

しかし、過去のお金の使い方はなかなか変えられないということです。

これは実際多い話なんですよね。

特に過去一世を風靡した野球選手や芸能人が引退したり、人気がなくなってから破産するケースはこのラチェット効果によるものだといわれています。

つまり、生活水準を上げすぎると収入が下がったときに大変ですよってことです。

パーキンソンの法則、ラチェット効果に打ち勝つには・・・

それではパーキンソンの第2法則やラチェット効果に打ち勝ってお金を貯めるためにはどうしたらよいのでしょう。

大きくわけて2つが考えられます。

貯めるお金ははじめから除く

これは一番良い方法が収入から貯めたいお金をはじめから除いておくということです。
つまり、決められた金額の中で生活するようにする。

そうすることで支出は増えていかないし、生活水準を上げすぎないということです。

そうは言っても人は弱いものです。

自分でやろうとしてもなかなかできませんよね。

だったら強制的にそれができる仕組みを作るのが1番です。

そんな仕組みはいろいろ用意されているんですよ。

その中でも私のオススメは個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と来年から始まるつみたてNISA投信積立です。

会社によっては財形貯蓄などもあると思いますのでそれらもよいでしょうね。

ただ貯蓄よりも投資の方が有利なケースの方が多いですので前者の3つがおすすめですね。

支出を管理する

もう一つがお金の管理をちゃんと行うことです。

見える化することで無駄遣いは確実に減ります。

ただそうはいっても家計簿付けたりするのはかなり面倒ですよね。

そういうときは下記のようなアプリを使うとほぼ自動で家計簿つくれて便利ですよ。

まとめ

今回はパーキンソンの法則とラチェット効果を元に出費を減らす方法をみてきました。

みなさんお金の大事さはわかっているはずです。

しかし、お金が貯まらないのは人間の性質だとわかれば気が楽になると思います。

それに対抗するのはなかなか難しいです。

だったら仕組み化してあげるのが簡単ですよね〜

ぜひお金が貯まらないと悩んでいる人にこそ個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)やつみたてNISAに挑戦してほしいと思います。

個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)はこの4社に決まり

iDeCoの場合は長期投資となります。

運用に関係なく信託報酬、手数料は掛かってきますので少しでも信託報酬、手数料がやすいところを選択するのがセオリーとなります。

現状ならば下記の4つの証券会社、銀行がおすすめです。

SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金
マネックス証券 iDeCo

また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。




読んでいただきありがとうございました。
私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 仮想通貨取引所比較
    盛り上がる仮想通貨 ビットコインの分裂騒ぎがあったと思えば今度は40万円を突破するなど…
  2. SBI証券つみたてNISA
    来年から始まるつみたてNISA SBI証券がつみたてNISAの予約受け付け開始及び取扱商品の発表が…
  3. 株に勝てない
    株やFXで最終的に勝てる人の割合は1割とよく言われます。(統計データ等はないそうですが)。たしかにB…
  4. 積立NISAの条件
    下記のブログにも書きましたが日本の投資信託は99%はダメとは日本証券アナリスト協会 第8回国際セミナ…
  5. マネックス証券イデコ
    イデコはマネックス証券で決まり? 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)がすごい勢いで加入者を伸…
  6. イデコの確定申告方法
    忘れずやっておこう。個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の確定申告 前回の年末調整編に続いて今回…
  7. つみたてNISAはじまる
    つみたてNISAの概要が各社出揃う 来年2018年からはじまるつみたてNISAの概要が…
  8. 20代でイデコに入る
    年代ごとに違う個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ iDeCoはこのペー…
ページ上部へ戻る