Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • iDeCo
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)とは、自分で作る年金制度のこと
  • HOME
  • ブログ
  • iDeCo
  • 【マネックス証券】で決まり?個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)他社比較
マネックス証券イデコ

【マネックス証券】で決まり?個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)他社比較

イデコはマネックス証券で決まり?

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)がすごい勢いで加入者を伸ばしています。

そのため各社しのぎを削ってサービス向上に努めています。

そんな中、満を持して登場したのがマネックス証券。

現在、条件等をいろいろ検討してみると最高の金融機関はマネックス証券で決まりといってもよい状況になっています。

もちろん後発で他社の動向をみて参入してますから当然といえば当然ですが・・・

今回はマネックス証券の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を人気3社との比較を交えて徹底検証してみたいとと思います。

>>マネックス証券 iDeCo

マネックス証券と他社の比較

様々な角度から比較をしてみたいと思います。

まずは手数料からみていきましょう

手数料

手数料は各社来るところまで来たかな?って状況ではあります。

そのため横並びとなっています。

4社引き分けですね。

移換時(出る時)だけはイオン銀行と3社で差があります。

ただ、この4社以外は別途手数料が取られるところが多いです。

特に口座管理は毎月取られる手数料になりますから無料にこしたことはありません。

高いところだと700円くらい毎月かかります。

必ず加入前に確認されたほうがよいでしょう。

これらは各金融機関の取り分なだけで他に信託銀行や国民年金基金連合会の手数料があります。

これは金融機関側ではないためどうしようもない部分です。

手数料マネックス証券SBI証券楽天証券イオン銀行
加入時0円0円0円0円
移換時(入る時) 0円0円0円 0円
移換時(出る時)4,320円 4,320円 4,320円 0円
口座管理0円0円0円  0円



運用商品のラインナップ

次に運用商品のラインナップをみていきましょう。

手数料体系は全く同じですのでこの運用商品のラインアップが個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の口座をどこにするかの最大の争点となります。

運用商品数

まずは運用商品数です。

これはSBI証券が圧倒的に多いです。

しかし、下記の記事のように35本を上限とする制限が掛けられそうな情勢となっています。

そのためSBI証券はここから大幅に商品を削る必要がでてきてしまいます・・・。

その点から考えると他の3社はまだ余裕があるため新しい運用商品をいれられる余地があるだけ有利かもしれません。

もちろん現状だけを考えれば選択幅が広いだけSBI証券に分がありますね。

マネックス証券SBI証券楽天証券イオン銀行
運用商品数22本62本28本17本
国内株式

次に具体的な運用商品を見比べて見ましょう。

まずは国内株式です。

たくさんの運用商品がありますのでインデックスファンドの信託報酬の最安値を比較してみたいと思います。

マネックス証券SBI証券楽天証券イオン銀行
日経2250.2052% 0.2052% 0.2106%
TOPIX0.1674% 0.1728% 0.1728%0.1674%
日経4000.2106% 0.27%以内 ー

日経225、TOPIX、日経400ともマネックス証券が最安値

国内株式のインデックスファンドの分野ではマネックス証券の勝ちといってよいでしょう。

アクティブファンドでは人気のレオスのひふみ投信のiDeCo用商品のひふみ年金をSBI証券とイオン銀行が取り揃えています。

このあたりはポイントとなります。

また、SBI証券とマネックス証券ではジェイリバイブという成績が抜群によいファンドも取り扱っております。

国内株式のアクティブファンド分野では総合的に見てSBI証券の勝ちですかね。

先進国株式

次に先進国株式です。

マネックス証券SBI証券楽天証券イオン銀行
先進国株式0.2052%0.2268%0.2430%0.2430%
先進国株式(ヘッジあり)0.3024%
ダウ0.2430%0.2430%
中小株式0.3304% 程度 ー

こちらもマネックス証券が最安値です。

グローバル中小やヘッジありがあるSBI証券もポイントは高いです。

楽天やイオン銀行はダウの投資信託の取扱がありません。

このあたりは取扱をしてほしいところ。

また、S&P500の投資信託も出ていますのでこのあたりも4社ともまだ取扱がありませんがいれてほしいところですね。

トータルでみるとマネックス証券とSBI証券の引き分けとしておきましょう。

新興国株式
マネックス証券SBI証券楽天証券イオン銀行
新興国株式0.3672%0.3794%程度0.5940% 0.59%

こちらもマネックス証券が最安値ですね。

ただしこれは表記上の比較のみとなります。

新興国株式の場合には実質報酬がいくらになるのかというがポイントになります。

下記のように表記は安くても実質が高いと・・・ってこともありえます。

マネックス証券の取り扱っているeMAXIS Slim 新興国株式インデックスは7月に始まったばかりのファンドですからその点を確認したいところですね。

SBI証券のEXE-i新興国株式ファンドはすでに実績がありますので問題ありませんが・・・

あとはSBI証券にはBRICsやアジアフロンティア株式といった地域を絞った新興国株式もランナップされています。

選択の幅がひろがりますし、その点は加点要素でしょう。

それらを加味してここはマネックス証券とSBI証券の引き分けとしておきましょう。

国内債権

つぎに国内債券を見ていきましょう。

マネックス証券SBI証券楽天証券イオン銀行
国内債券0.1296%0.1296%0.1620%0.1620%

こちらもマネックス証券とSBI証券が最安値となっています。

楽天証券やイオン銀行との差はそれほどあるわけではありませんけどね。

マネックス証券とSBI証券の引き分けですね。

海外債権

次に海外債権です。

マネックス証券SBI証券楽天証券イオン銀行
先進国債券0.1836%0.2268%0.2160%0.2160%
先進国債権(ヘッジあり)0.2160%0.2808%0.2160%0.2160%
新興国債券0.2376%0.5616%0.5616% 0.5616%

この分野は全てマネックス証券が最安値

ここは文句のつけようがなくマネックス証券の勝ちですね。

REIT

次はREITです。

REITは不動産を証券化したもののことです。

マネックス証券SBI証券楽天証券イオン銀行
国内REIT0.2700%0.27%以内0.2808%0.324%
先進国REIT0.3024%0.3024% 以内 0.3024% 0.378%

こちらもマネックス証券とSBI証券が最安値となっています。

また、新興国REITはどこも扱っていません。

SBI証券で取扱のあるEXE-iグローバルREITファンドには一部含まれているようですが・・・

ここはマネックス証券とSBI証券の引き分けとしておきましょう。

コモディティ

つぎはコモディティです。

マネックス証券SBI証券楽天証券イオン銀行
0.3996%0.972% 程度0.8860%
商品1.9049%程度

金はマネックス証券が最安値となっています。

また、商品はSBI証券のみの取扱となっています。

ここはマネックス証券とSBI証券の引き分けとしておきましょう。

個人的にはコモディティまではいらないかな・・・っておもいますけどね。

バランス型

バランス型は各社工夫を凝らした商品が用意されています。

マネックス証券ではeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)が注目です。

同様の商品のSBI証券で大和-iFree 8資産バランスがあります。

大和-iFree 8資産バランスが信託報酬の値下げを行いましたので信託報酬は同点となりました。

この8資産は同様の商品を組み合わせで作ろうとしても困難なレベルで信託報酬が安いためかなりおすすめです。

また、楽天証券のポイントとしてセゾン投信があります。

これはかなり人気の商品ですしこの部分は楽天証券が有力かもしれません。

あとは楽天が先日から運用をはじめた楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドが導入されるとおもしろいと思います。

SBI証券、マネックス証券とも扱っていますしね。

SBI証券はバランス型だけで17種類もあるためこの選択の範囲は広いですね。

バランスファンドはSBI証券が一歩リードかな。

楽天証券はセゾンがあるので次点でしょうか。

まとめ

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)分野にてマネックス証券とその他有力3社の比較をおこなってきました。

見ていただいて分かるようにほとんどの分野でマネックス証券が優位となっています。

商品数が豊富なSBI証券も捨てがたいですけどね。

これを受けておそらくSBI証券、楽天証券、イオン銀行もマネックス証券に対抗措置をとってくるでしょう。

今後の3社の対応が楽しみですね。

結論

今加入するならマネックス証券が1番お得ということです。

マネックス証券iDeCoの資料請求はこちらから

>>マネックス証券 iDeCo

SBI証券、楽天証券、イオン銀行はこちらから
SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金

読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。