【SKIYAKI】新規上場株式(IPO)財務分析。

SKIYAKI財務分析IPO

SKIYAKIが10月26日上場


10月26日に東証マザーズに新規上場しますSKIYAKIの財務分析をしてみたいと思います。

SKIYAKIが上場する10月26日は前日にシルバーライフテンボスイノベーションが上場します。

そのためある程度、資金が分散してしまうリスクがあります。

また、北朝鮮問題やトランプ関連、安倍政権の忖度問題、衆議院選挙などで一気に地合が悪くなる可能性もはらんでいますので注意が必要です。

なお、財務分析は目論見書で掲載されている直近2年によります。

SKIYAKIのビジネスモデル

SKIYAKIの事業内容はファンクラブ・ファンサイトサービス、マーチャンダイジング及び電子商取引サービス並びに電子チケットサービスとなっています。

SKIYAKIのビジネスモデル

SKIYAKIは企業理念として「創造革命で世界中の人々を幸せに」

ビジョンとして「FanTech分野で新たなマーケットを想像し、世の中に価値を提供する」を掲げています。

ビジネスとモデルとしてはFanTechを事業領域としてファンのためのワンストップ・ソリューションプラットフォーム「SKIYAKI EXTRA」を中核として、オンデマンドグッズサービスの「SKIYAKI GOODS」、映画・映像制作からプラットフォーム事業及び、旅行、ツアー事業、コンサート、イベント制作事業を展開しています。

特に活気的なのは“FanTech”によるチケットアプリでしょう。

“FanTech”チケットアプリでの電子発券に、30秒毎に情報更新を繰り返す画期的なQRコード認証(特許申請中)を導入。

購入・発券にはSMS認証による端末認証が必須となり、不正な転売を防ぎます。

ユーザーも主催者もスマホがあれば利用することが可能で、設備投資が不要。

安全にチケットを移転できる公式の二次流通マーケットも提供しており、万が一ライブに参加できなくなってしまっても安心です。

SKIYAKIビジネスモデル

出所:SKIYAKI目論見書より

SKIYAKIの強み

SKIYAKIの強みとしては下記の3つがあげられています。
・アーティスト・プラットフォームの開発力とノウハウ

・サイト制作スピードと運用体制

・戦略的パートナシップ

最後のパートナーシップではツタヤを運営しているカルチャア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と資本業務提携をしています。

個人的にはCCC関連だとレントラックジャパンで大儲けしたので相性よさげ。



SKIYAKIの収益性


売上高総利益率

次に粗利の部分にあたる売上高総利益率からみていきましょう。

売上高総利益率をみることでその企業の商品力をみることができます。

27年度33.12%

28年度37.56%

と伸びています。

売上げ自体も大きく伸びており売上高総利益が急増している状況です。

売上高営業利益率

次に本業の儲けを表す売上高営業利益率です。

27年度ー0.09%

28年度8.30%

とこちらは赤字から黒字化したところです。

売上高総利益が大きく伸びたことが要因となっています。

販売費および一般管理費も売上げの伸びよりは抑えられていて好感度は高いです。

売上高経常利益率

次に利息や営業外収益を含めた売上高経常利益率をみていきます。

27年度ー0.09%

28年度7.67%

こちらも売上高営業利益率と同様になっています。

少し売上高営業利益率との差があるのは利息ではなく持分法による投資損失が計上されていることによります。

支払利息がないってことは借入金もないってことですね。

売上伸び率

売上げの伸びはこんな感じです。

連結

28年度+51.27%

単独

27年度+39.36%

28年度+51.42%

とこちらは大きく伸びていますね。

収益性まとめ

売上げの伸びは順調、収益性も黒字化。今後に期待できそう。

SKIYAKIの安全性


流動比率

次に短期的な支払能力をみる流動比率です。

27年119.81%

28年118.15%

と大きく微減しています。

売掛金はそれなりにありますが、」流動資産のほとんどが現金預金であり、資金繰りで当面問題になることは少なそうです。

自己資本比率

総資産に占める自己資本の比率である自己資本比率はどうでしょう?

27年21.3%

28年23.7%

と少し改善しています。

これは上場することで良化しますし悪くはない水準でしょう。

キャッシュフロー

キャッシュフローは28年度が

営業活動がプラス

投資活動がマイナス

財務活動がなし

となっています。

27年度が

営業活動がプラス

投資活動がマイナス

財務活動がマイナス

また、フリーキャッシュフローも2年連続でプラスとなっています。

つまり、本業で稼いだお金を投資活動や借入金の返済にあててもまだ資金に余裕がある状況でキャッシュフロー上は理想な状況とも言えます。

安全性まとめ

安全性はとくに問題はなさそうです。

SKIYAKIの株価


PER、PBR

PER、PBRをみると高めです。

しかし、売上げが急増中、利益も黒字化したところでどう判断するのかは難しそうなところです。

既存株主

ベンチャーキャピタルなどは見当たりません。

親会社のカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は50.21%を持っていますが、ロックアップがありません。

株式会社アミューズが7.28%、株式会社ビーイング3.9%もっていますがロックアップがありません。

株式会社Ararikはロックアップが90日or1.5倍となっています。

また、5,93%をもった松嶋 良治氏(アドウェイズCOO?)もロックアップがありません。

ってことでこのあたりの方の動き次第ですね。

売りに出たらやばそうです。

またストックオプションも7万株ほどあります。

需給状況はそれほど良くはないかな。

初値天井ということも覚悟しておく必要があるでしょうね。

まとめ


今回はSKIYAKIの財務を中心に分析してみました。

業績の伸びも悪くなく、財務面で気になる点もありません。

また、フィンテック、ブロックチェーンと時流にのったビジネスを展開していることはプラスに働きそうです。

しかし、上場後の売り玉が結構ありそうなのでその点をしっかり見ておく必要があるかもしれません。

次回は初値予想をしてみたいと思います。

また、IPOをこれから始める方は下記ページを読んでいただくことをおすすめします。


読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. アセットアロケーション
    アセットアロケーションをどうするかで投資結果の9割が決まると現代ポートフォリオ理論では言われています…
  2. トンチン年金
    長生きに備える保険「トンチン年金」 あまり聞き慣れないかもしれませんが「トンチン年金」(トンチン保…
  3. 仮想通貨を無料で手に入れる
    ビットコイン(仮想通貨)はまだまだ敷居が高い このサイトでも何度かとりあげていますがビ…
  4. 株価晴れる
    確定拠出年金(iDeCo)とは、毎月決まった金額を積み立てることで老後の生活に備えるための公的な制度…
  5. スリッパの法則
    ひふみ投信は投資信託人気ナンバーワン 今現在一番人気といってもよい投資信託はレオスのひふみ投信(ひ…
  6. 税金をクレジットカードで支払う
    住民税(市民税・県民税)税額決定納税通知書到着 住民税(市民税・県民税)税額決定納税通…
  7. イデコの運用管理機関を乗り換え
    運用管理機関によって手数料も運用商品もぜんぜん違う 個人型確定拠出年金(iDeCO/イ…
  8. ビットコインの税金
    曖昧だったビットコインなどの仮想通貨の税金 今まで仮想通貨の税金関連はかなりあいまいで…
ページ上部へ戻る