三井住友カードナンバーレスをコンビニでApple Pay払いする時の「罠」について知っておこう

SBI証券の投資信託クレカ積立が始まって三井住友カードナンバーレスや三井住友カードゴールド(NL)を利用している方が急激に増えているようです。

私はSBI証券の投資信託クレカ積立のために三井住友カード ナンバーレスを作りましたし、2021年7月1日に三井住友カードゴールド(NL)が登場したタイミングでそちらに切り替えて利用しています。

そんな三井住友カードナンバーレスですが、コンビニで利用時にちょっとした「罠」に引っかかってしまいましたので共有したいと思います。
結論を先にお話しておきますと
Apple Pay利用時に注意しないと
VISAタッチでなく
ID支払いになってしまう
ってことです。
私と同じように罠に引っかからないようにあらかじめ仕組みをよく理解しておきたいところです。

三井住友カードナンバーレスはコンビニ利用がお得だが・・・

三井住友カードナンバーレスや三井住友カードゴールド(NL)はコンビニ利用がかなりお得となっています。

しかし、ちょっとした罠がありましたので引っかからないようにきをつけたいところ。

まずはコンビニ利用の条件から見ていきましょう。

三井住友カードナンバーレスのコンビニ利用時のポイント還元

三井住友カードナンバーレスは大手3社コンビニ(セブイレブン、ローソン、ファミリーマート)とマクドナルドは以下のようにかなりお得なポイント還元となっています。(ゴールドも同じ)

  • 通常のポイント(200円につき0.5%)
  • +利用金額200円につき+2%
  • Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスの支払いでポイントが+2.5%

つまり、大手3社のコンビニでVisaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスで支払えば合計5%の還元となるということです。

コンビニでも支払い方法によってポイント還元が異なる

そこでしっかり押さえておきたいのが大手3社のコンビニでも支払い方法によってポイント還元が異なるという点です。

コンビニで三井住友カードナンバーレスを使って支払える方法はこんなにあるんですよ。

ここに罠があるのです。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

Visa・MastercardVisaのタッチ決済
Mastercardコンタクトレス
(カード現物をタッチする場合)
iD
(専用カード)
Apple Pay
(iD)
Apple Pay
(Visaのタッチ決済、
Mastercardコンタクトレス)
 Google Pay™ 
(iD)
2.5%還元5%還元2.5%還元2.5%還元5%還元2.5%還元

出典:三井住友カード いつもの利用でポイント最大5%還元!より

5%となるのはVisaのタッチ決済もしくはMastercardコンタクトレス、Apple PayのVisaのタッチ決済もしくはMastercardコンタクトレスの2パターンのみということ。



Apple Pay利用時には罠が潜んでいる

Apple Pay利用時は特に注意が必要です。

同じApple PayでもApple Pay(iD)Apple Pay(Visaのタッチ決済、Mastercardコンタクトレス)の2種類があるんですよ。

どちらを使っても支払う金額等は同じですが、ポイント還元はApple Pay(Visaのタッチ決済、Mastercardコンタクトレス)なら5% 還元ですがApple Pay(iD)だと2.5%となってしまうのです。

私がひっかかったのはこれですね。

Apple Payを選択するとIDに

私の場合はファミリーマートで店員さんには「Visaタッチで」と言ってタッチ決済したのですが、あとで見たら決済はApple Pay(iD)でされてしまいました。

「Visaタッチ」でも「ID」でも決済のやり方は基本的にどちらも同じですからレシートを見ないと気づかない方も多いかもしれませんが、ポイント還元は大きく違うんですよ。

どうやら一部店舗ではレジの操作で「Apple Pay」を選択するとIDとなってしまうようなんです。

三井住友カードのWEBページにも自分で決済方法を選択する際には、必ず「クレジットカード」を選択してくださいとの記載がありますね。

一部店舗では、レジの画面上で支払い方法を選択いただくことがございます。
その場合、「Apple Pay」を選択すると、iDでのお支払いとなり、+2.5%還元の対象とならない場合がございます。必ず「クレジットカード」を選択のうえ、お支払いください。

出典:三井住友カード いつもの利用でポイント最大5%還元!より

上記は自分で操作をする際の案内ですが、店員さんが操作するレジの場合もおそらく同じだと思われます。

まだ「Visaのタッチ」の知名度があまりなく利用者もあまり多くないようでそこまで理解できている店員さんも多くはないしょうから、利用者側が注意しないと損をしてしまう形ですね。

現状で間違いにくいのはApple Payではなく、クレジットカードの現物を出してVisaのタッチ決済、Mastercardコンタクトレスをすることかもしれません。



クレジットカード現物を利用する際にも注意事項あり

また、クレジットカード現物を利用する際も注意事項があります。

普通のクレジットカード決済にされてしまうリスク

まずは店員さんにクレジットカードを渡してしまうと通常のクレジットカード決済をされてしまう可能性があることです。

通常のクレジットカード決済だと大手3社でのポイント還元率は2.5%。

Visaのタッチ決済もしくはMastercardコンタクトレスなら還元率は5%と大きな違いですから必ず、タッチ決済であるということを強調したいところ。

前述のように「Visaタッチ」の知名度があまりなく利用者もあまり多くないのでこちら側が意識しないといけないかもしれません。

私も三井住友カードナンバーレスを作ってからVisaタッチを利用するようになりましたが、店員さんにすんなり処理してもらえたことは一度もありません笑

店舗によっては上限あり

また、下記のような注意書きもあります。

一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんので、ご了承ください

出典:三井住友カード いつもの利用でポイント最大5%還元!より

大手3社のコンビニでもタッチ決済が使えなかったりすることもあるようです。

また、一定金額(原則1万円)を超えるとタッチ決済が利用できないということもあるようです。

あまり1万円以上をコンビニで使うことは少ないかと思いますが・・・



まとめ

今回は「三井住友カードナンバーレスをコンビニでApple Pay払いする時の「罠」について知っておこう」と題してコンビニでの三井住友カードナンバーレスを使う際の注意点を見てきました。

Apple Pay利用時にそのままだとIDになってしまう問題はかなり引っかかっている人がいると思われます。

ツイッターなどで検索しても出てこなかったのでまだ気づいてない人も多いのかな。

私と同じように失敗しないようにしてくださいね。

SBI証券の投資信託クレカ積立の件を抜きにしても、コンビニ利用が多い方は三井住友カードナンバーレスや三井住友カードゴールド(NL)を作っておくとお得ですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

三井住友カードナンバーレスをコンビニでApple Pay利用する時の「罠」について知っておこう
最新情報をチェックしよう!