三井住友カードを所有している人が三井住友カードゴールド(NL)に申し込みできるか?

2021年7月1日に鳴り物入りで登場した三井住友カードゴールド(NL)

SBI証券の投資信託クレカ積立で1%還元となるなど利便性が高く大きな反響となっています。

しかし、私はSBI証券の投資信託クレカ積立のために三井住友カード ナンバーレスを作ったばかり。

このようなケースで三井住友ゴールドナンバーレスカードを作れるのかを確認してみましたのでご紹介します。

同じような方も見えるでしょうから参考になれば幸いです。

三井住友カードは複数枚所持も可能

三井住友カードは審査に通りさえすれば複数枚持ちも可能とのこと。

ですからすでに他の三井住友カードを持っていても追加できます。

ただし、1点注意事項があるのです。

ナンバーレスカードはブランドが別である必要あり

それはすでに保有しているのが三井住友カードナンバーレスの場合、新しく発行する三井住友カードゴールド(NL)のブランドを別にする必要があるということです。

三井住友カードはVISAかMasterCardを選択できますから片方はVISA、片方はMasterCardという使い分けということですね。

つまり、すでに三井住友カードナンバーレスを持っている方も、もう一つのブランドを選択すれば追加で作成できるということです。

ちなみに私はAmazonカード(三井住友カード)も保有していますので追加すれば3枚となってしまいますが、問題ないとのこと。

あくまでも審査がありますので通ればの話ですけどね。

ブランドを意識する機会は少ない

現在はVISAとMasterCardで違いを感じることはほとんどないでしょう。

多くの加盟店は両方使えるようになっていますからね。

私の生活圏内でブランドを意識しないといけないのはコストコくらいかな。(MasterCardのみの取扱い)

ナンバーレスカード以外はブランド制限なし

三井住友カードナンバーレス以外の三井住友カードをすでに持っている方も三井住友カードゴールドナンバーレスを追加で作成することができます。

三井住友カードナンバーレス以外の場合は、ブランドの制限もないとのことです。

先日から楽天カードも複数枚持ちが可能となっていますが、用途に応じて使い分けたり、引き落とし口座を分けられたり意外と便利なんですよ。

ただし、三井住友カードゴールドナンバーレスを会費無料で使おうと思えば年間100万円の利用が必要です。

分散して100万円いかないという微妙な事にならないように注意をする必要はありますが・・・


既存のナンバーレスカードをゴールドへ切り替えも可能

追加で持つのは嫌だな・・・って方は既存の三井住友ナンバーレスカードを三井住友カードゴールド(NL)に切り替えることも可能です。

ただし、この場合注意点がいくつかあります。

クレジットカード番号、有効期限が変わる

まず一番面倒でデメリットと言ってよい点をご紹介します。

それは三井住友カードから三井住友カードへの変更であってもクレジットカード番号、有効期限が変わるということです。

そのためクレジットカード引き落としにしている契約があれば変更が必要となります。

自動で移行してくれるものもありますが、駄目なサービスが多いです。

これが地味に面倒なんですよね。

あらかじめ何がクレジットカードでの引き落としなどになっているのかを確認しておくと良いでしょう。

年1回とかの引き落としのものは見落としがちですからお忘れなく。

また、インターネットなどで乗車券、航空券のご購入手続きを切替え前カードでお支払いされた場合、チケット受け取り時に切替え前カードが必要となりますのでご注意くださいね。

私も楽天カードから楽天プレミアムカードに変更していますがその際は番号が変わる点が一番面倒でしたね。

ApplePayなども登録し直し

Apple PayやGoogle Payも自動登録はされません。

新しいカードで登録し直しをする必要があります。

自動では切り替わらないですからカードの変更をしましょう。

VpassやVポイントを使うアプリなどはそのまま引き継がれるようです。


三井住友カード(NL)と三井住友カードゴールド(NL)の違い

三井住友カード(NL)と三井住友カードゴールド(NL)を迷っている方も多いでしょうから比較を見ておきましょう。

年会費

まず年会費が大きく違います。

三井住友カード(NL)は永年無料。

三井住友カードゴールド(NL)は初年度無料、2年目以降は5,500円(税込)

ただし、年間100万円(税込)のご利用で翌年以降の年会費永年無料となっています。

初年度100万円以上利用するかが大きなポイントなりそうです。

ただし、判定の対象外となる支払いも多いのでご注意ください。

付与ポイント

付与ポイントは両方のカードともご利用金額200円(税込)につき1ポイント。

つまり、0.5%還元です。

しかし、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのコンビニ大手3社とマクドナルドではVisaのタッチ決済を利用すれば5%の還元

よく行く店3店は設定しておくと+0.5%還元となっています。

ここまでは両カード共通です。

三井住友カードゴールド(NL)はさらに毎年、年間100万円(税込)のご利用で10,000ポイントプレゼントされます。

ちょうど100万円利用ならば1%追加で還元されるということですから年間100万円以上利用するなら他の高還元率のクレジットカードに対抗できるレベルですね。

SBI証券のクレカ積立のポイント

なお、SBI証券のクレカ積立のポイントも違っています。

  • 三井住友カード(NL):0.5%
  • 三井住友カードゴールド(NL):1%

こちらでも差がありますね。

ただし、SBI証券のクレカ投資信託積立の上限は月額5万円です。

年間60万ですから還元率の差は3,000ポイントですね。

ですからこれだけで年会費分はペイできません。

年間100万円を利用するかがポイントでしょう。

ちなみにクレカ積立開始を記念して「スタートダッシュキャンペーン」が実施中です。

2021年6月30日〜2021年12月10日
の間はさらに1%ずつポイント還元率が増えます。
三井住友カード(NL)は1.5%還元
三井住友カードゴールド(NL)は2%還元となります。
詳しくはこちらの記事を御覧ください。

その他違い

その他にもいくつか違いがあります。

国内空港ラウンジの利用は三井住友カードゴールド(NL)はできますが、三井住友カード(NL)はできません。

海外・国内旅行傷害保険(傷害死亡・後遺障害)は三井住友カードゴールド(NL)が最高5,000万円なのに対して三井住友カード(NL)は最高2,000万円(海外旅行傷害保険のみ)。

お買物安心保険も三井住友カードゴールド(NL)が年間300万円なのに対して三井住友カード(NL)はありません。

Vポイント有効期間も三井住友カードゴールド(NL)が3年間なのに対して三井住友カード(NL)は2年です。

かなり細かい差がありますね。

まとめると以下の通り

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください

三井住友カードゴールド(NL)三井住友カード(NL)
年会費5,500円(税込)
年間100万円(税込)のご利用で翌年無料
永年無料
付与ポイント0.5%
コンビニ大手3社とマクドナルドで最大5%
よく使う店+0.5%
年間100万円の利用で10,000ポイントプレゼント
0.5%
コンビニ大手3社とマクドナルドで最大5%
よく使う店+0.5%
SBI証券クレカ積立1.0%0,5%
国内空港ラウンジありなし
海外・国内旅行傷害保険(傷害死亡・後遺障害)最高5,000万円最高2,000万円(海外旅行傷害保険のみ)
お買物安心保険年間300万円なし
Vポイント有効期間3年間2年間
「Relux」の優待割引初回:7%(2回目以降:5%)OFF初回:5%(2回目以降:3%)OFF
利用枠原則50〜200万円原則〜100万円


まとめ

今回は「三井住友カードを所有している人が三井住友カードゴールド(NL)に申し込みできるか?」と題して三井住友カードゴールド(NL)への乗り換えについて考えてみました。

三井住友カードゴールド(NL)は年間100万円利用するのか否かが大きなポイントになるカードです。

作るか作らないか

追加か乗り換えか

など自分自身の利用状況を勘案して検討してみてくださいね。

私は作ったばかりの三井住友カードナンバーレスを切り替えで三井住友カードゴールドにしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

三井住友カードを所有している人が三井住友カードゴールド(NL)に申し込みできるか?
最新情報をチェックしよう!