下げ相場のアセットアロケーション

株が下げる中その他の資産はどうなったのか?2月の相場から考えてみる

2月の株が下げた中で各資産の動きを見てみる。


2月に入り金利上昇懸念から株が世界的に下がりました。

個人型確定拠出年金(iDeCo)をやっている方もはじめたタイミングによっては資産がマイナスとなった方もいるでしょう。

つみたてNISAをはじめた方の大半はまだマイナス状況かもしれません。

昨日のダウもトランプの関税発言をきっかけに大きく下げた影響で今日の日経も厳しそうな感じがします・・・

そんな厳しい環境下ですので投資のあり方を見直すいいタイミングかもしれませんね。

下記の先日書いたifree8資産バランスの他のファンドとの比較が好評でしたので、今度はもう少し踏み込んで各資産カテゴリーが株が下げる中どうだったのかを考えてみたいと思います。

関連記事

大人気の8資産バランス2月に入り金利上昇懸念から株が世界的に下がりました。個人型確定拠出年金(iDeCo)をやっている方もはじめたタイミングによっては資産がマイナスとなった方もいるでしょう。つみたてNISAを[…]

ifree8資産バランスは下げに強い

2月に入ってからの各資産の推移

それでは株価の暴落が始まった2月中の推移を各資産毎に比較して見ていきましょう。

今回もわかりやすいようにSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」で買えるファンドで比較してみたいと思います。


iFree NYダウ・インデックス(米国株)

まずは株価暴落の発端となった米国のダウ・ジョーンズ工業株価平均(ダウ)のインデックスファンドの「iFree NYダウ・インデックス」の2月に入ってからの推移です。

2/1 15,576→2/9 14,180→2/28 14,910

と推移しています。1番安くなったのが2月9日で2月1日からみるとこちらも9%近くの下げとなります。

2/28日現在はだいぶ盛り返して2月1日からみてこちらも4.3%近くの下げとなっています。

ニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックス(先進国株)

次は米国も含まれています先進国株式のインデックスファンドの「ニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックス」の2月に入ってからの推移です。

2/1 12,270→2/9 11,262→2/28 11,668

と推移しています。1番安くなったのが2月9日で2月1日からみると8.3%近くの下げとなります。

2/28日現在はだいぶ盛り返して2月1日からみて4%近くの下げとなっています。

三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド(国内株)

次は国内株式(TOPIX)のインデックスファンドの「三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド」の2月に入ってからの推移です。

2/1 27,918→2/13 25,413→2/28 26,396

と推移しています。1番安くなったのが2月13日で2月1日からみるとこちらも9%近くの下げとなります。

2/28日現在はだいぶ盛り返して2月1日からみてこちらも5.5%近くの下げとなっています。

実は米国株が発端となった株安ですが日本の方が現状でも下げているんですよね。円高の影響も大きいですが。

EXE-i新興国株式ファンド(新興国株)

次は新興国株式です。

2/1 13,831→2/9 12,416→2/28 13,010

と推移しています。1番安くなったのが2月9日で2月1日からみるとこちらも10.3%近くの下げとなります。

2/28日現在はだいぶ盛り返して2月1日からみてこちらも6%近くの下げとなっています。

新興国株も結局は米国の株価の推移とほぼ連動して下げていますね・・・

三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(国内債券)

次は国内債券です。

2/1 10,972→2/28 11,023

と推移しています。こちらは2月1日と比較して月末の方がほんの少しですが上がっています。

米国株が下げた2月9日付近も殆ど変わりませんし、国内債券は米国株の推移と相関関係がほぼないといえますね。

三井住友・DC外国債券インデックスファンド(先進国債券)

次は先進国債券です。

2/1 19,871→2/19 19,201→2/28 19,220

と推移しています。1番安くなったのが2月19日で2月1日からみるとこちらも3.4%近くの下げとなりました。

為替の影響も大きいですが動きとしてはアメリカの株と似たような感じとなっています。

2/28日現在は少しだけ盛り返して2月1日からみてこちらも3.3%近くの下げとなっています。

こちらの場合にはそれほど分散効果がなかったかもしれません。

為替の影響が大きいのですが・・・

インデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用)(先進国債券為替ヘッジあり)

次は先進国債券の為替ヘッジありです。

2/1 13,355→2/28 13,294

と推移しています。

こちらは一応マイナスですが微減に抑えています。

海外債権の下げの大半は為替が理由であったといえますね。

こちらのファンドならリスクヘッジの効果はあったといえます。

三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド(新興国国債券)

次は新興国債券です。

2/1 13,451→2/14 13,059→2/28 13,125

と推移しています。1番下げたのが2月14日で3%近くの下げ。

2月28日現在では少し盛り返して 2月1日からみてこちらも2.5%近くの下げとなっています。

こちらもある程度米国の株の動きと連動していますが下げ幅は少なめでしたね。

DCニッセイJ-REITインデックスファンドA(国内リート)

次は国内リートです。

2/1 10,207→2/14 9,666→2/28 10,042

と推移しています。1番下げたのが2月14日で3.4%近くの下げ。

2月28日現在では少し盛り返して 2月1日からみてこちらも1.7%近くの下げとなっています。

こちらもある程度米国の株の動きと連動していますが下げ幅は少なめでしたね。

三井住友・DC外国リートインデックスファンド(先進国リート)

次は先進国リートです。

2/1 10,835→2/28 9,903

と推移しています。

2月28日現在で2月1日からみてこちらも8.7%近くの下げとなっています。

こちらも米国の株の動きとほとんど連動はしていませんが大きな下げとなっています。

今回見た資産カテゴリーで現在の下げ幅は最大となっています。

これは株が下がった要因の金利が上がることが影響のあるセクターであるってことも大きいと思われます。

8資産バランスでもこの先進国リートが足を引っ張っていた事が大きかったりします。

三菱UFJ 純金ファンド(金)

次は金です。有事の金と言われリスクヘッジによく使われるカテゴリーです。こちらはどうだったでしょうか?

2/1 12,269→2/28 11,782

と推移しています。

2月28日現在で2月1日からみてこちらも4%近くの下げとなっています。

株とは動きは連動していませんがここ一月の下げ幅は同じくらいでした。。

あまりリスクヘッジにはならなかったようです。

ダイワ/RICIコモディティ・ファンド(コモディティ)

次はコモディティです。

2/1 3,400→2/28 3,262

と推移しています。

2月28日現在で2月1日からみてこちらも4.1%近くの下げとなっています。

こちらも株とは動きは連動していませんがここ一月の下げ幅は同じくらいでした。。

あまりリスクヘッジにはならなかったようです。

まとめ

今回は2月の下げで見てみると国内債券以外はそれほど分散によるリスクを下げる効果はなかったかもしれませんね。

ちなみに2月に上げたのは国内債券だけでした。あとは海外債権の為替ヘッジありの投資信託が微減。

あとは国内リートと新興国債券がそれなりだったくらいでしょうか。

ひどかったのは先進国リートで株以上に下げていましたね。

意外だったのが金なんかもほぼ連動しちゃってたことです。換金売り等があったとの話もありますが・・・

このあたりのことも踏まえてアセットアロケーションを考えておく必要があるかもしれません。

今回の下げを良い教訓にしたいところですね。

関連記事

アセットアロケーションをどうするかで投資結果の9割が決まると現代ポートフォリオ理論では言われています。デイトレードやIPO投資などの短期的な投資の場合はそうでもないと思いますが、個人型確定拠出年金(iDeCo)やつみたてNISAは長[…]

アセットアロケーション

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの6社から選ぼう

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるならまずは金融機関を決める必要があります。

しかし、たくさんあってどこにしたらよいのかわからない方も多いでしょう。

簡単に決めてしまう方もおおいかもしれませんが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の場合、金融機関ごとの違いがとても大きいですから慎重に選びたいところです。

私が今もし、新たに加入するならSBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、イオン銀行、大和証券の6択の中から決めます。

この6つの金融機関は運営管理機関手数料は無料です。(国民年金基金連合会の手数料等は各社共通で掛かります。)

また、運用商品もインデックスファンドを中心に低信託報酬の商品が充実しています。順番に見ていきましょう。

SBI証券

イチオシははSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」です。

SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。

そのため選択の楽しさがあります。

また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

また、2018年11月からセレクトプランなる新しいプランができました。

こちらではeMAXIS Slimなども取り扱いがあり、信託報酬にも他に負けないだけのものになりましたね。

ちなみに既存加入者も無料でプラン変更可能となっています。

私も先日セレクトプランに変更しました。

また、SBI証券は確定拠出年金について古くから携わっており、1番の老舗で安心感が高いのも大きいと思います。

筆頭候補はSBI証券で決まりでしょう。

まずはこちらを検討してみてください。

マネックス証券

次点はマネックス証券 iDeCoです。

信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。

特にeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

また、最近、一番人気のひふみ年金もラインナップに追加されさらにスキがなくなりました。

松井証券

松井証券のiDeCoは取扱商品が12本と少ないですが、SBI証券やマネックス証券と同様にeMAXIS Slimシリーズを取り揃え信託報酬が最安値水準となっています。

抑えるところは抑えた感じがありますね。逆に本数が少ないことにより選びやすさは増しており初心者向けの筆頭候補といってもよいかもしれません。

また、35本制限まで余裕があるというのは最後発の強みですね。

1番人気のひふみ年金の取扱もあるのもポイント高いです。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。

このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。

また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。
イオン銀行iDeCo

楽天証券

楽天証券 確定拠出年金は人気のセゾン投信なんかにも加入できます。

また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった自社の人気商品の取扱が魅力です。

今後は楽天SPUの対象になったり、つみたてNISAのように楽天カードでポイントが貯まるようになるようでしたらかなり面白いです存在ですね。

大和証券

大和証券 iDeCoは大手証券会社でありながら、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にもかなり力を入れています。

他のネット証券と違い店舗が全国各地にたくさんあります。そこに魅力を感じる方にはおすすめできますね。

また、取扱商品もダイワつみたてインデックスシリーズなど信託報酬が安めの商品を取り揃えています。

また、UBS中国株式ファンド、ブラックロック・インド株ファンド、ダイワ・ロシア株ファンド、ダイワ・ブラジル株式ファンドといった他の金融機関ではみかけないその国特化のファンドなんかもあるのがおもしろいですね。

大和証券 iDeCo

総合して考えるとこの6つの金融機関ならどれかに加入すれば大きな後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

下げ相場のアセットアロケーション
最新情報をチェックしよう!