個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)人気に陰り?検索数が大幅減

イデコの人気に陰り

このサイトでも何度もご紹介しています個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)ですが最近ちょっと話題性が薄く検索数も大幅に減っているようです。

今回はこの件を見ていきます。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)人気に陰りか?


個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は昨年から加入できる範囲が大幅に広がったことで一気に人気となりました。

それに伴い、SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」一択だったのが楽天証券 確定拠出年金が人気商品のたわらシリーズを引っさげて参入したり、マネックス証券 iDeCoがSBI証券、楽天証券を研究した上で最安値のインデックスファンドeMAXIS Slimなどを引っさげ参入して激戦となりました。

しかし、どうやら一巡したからか検索数から見る人気は下火傾向に見えます。


グーグルトレンドから見るiDeCoの検索数

下記はグーグルトレンドでみたiDeCoの検索数推移です。

一年間のグラフとなっていますが、波こそあるものの基本的に右肩上がりで検索数が増えていました。

しかし、1月14日〜1月20日の週をピークに落ち続けているのです。

考えられる理由を見ていきましょう

株価暴落の影響?

まず考えられるのが株価の暴落です。

米国の金利上げ観測から始まった株価の調整(暴落)は2月はじめからですからほぼ日程的にドンピシャです。

株価が下がることで個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は怖いものという認識が多くなって検索されなくなったのかな?

それとも株価が落ちることで既存の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)加入者がブログの記事などを記載しなくなり興味を持たれなくなった可能性もあります。

どちらにしても株価暴落の影響が強そうです。

興味が一巡

もう一つ考えられるのが加入できる範囲が大幅に広がってからすでに1年がたち、興味を持ちそうな層があらかた加入を終えた可能性です。

どうしても個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は投資ですから怖いというイメージを持ってしまう方も多くいらっしゃいます。

その方たちは鼻から興味を持たないでしょうしね。

また、一度加入したら基本は放置の方も多いでしょうから検索しないので検索数が落ちた可能性も考えられます。

初の年末調整で特需だった

検索数が増えた年末から年初に掛けては個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の加入できる範囲が大幅に広がってから初めての年末調整時期に当たります。

そのため、どれくらい税金が節税できたのだろうか?とか年末調整の方法などを検索する人が多く特需的に検索数が多かったことも考えられます。

まとめ

今回は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の検索数が落ちているよって話でした。

検索数は落ちてますが、個人型確定拠出年金(iDeCo)は下記のように公務員の方が飛びつくくらい本当に有利な制度ですからまだ加入していない方はぜひご検討くださいね。

節税効果が大きく、早く始めれば始めるほど有利な制度ですよ。

また、最近株式市場が軟調ですから躊躇されている方も多いと思います。

たしかに株は今調子が悪いですが長い目で見れば期待値は高いものです。

また、株以外の債権やリートなどへの投資も可能ですし、定期預金などの元本保証商品もあります。

節税効果を考えればそれらに投資をするだけでも遊ばせておくよりは絶対得です。

ぜひ検討してみてくださいね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの4社

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるにはまずどこの金融機関で始めるのかを決めなくてはなりません。

変更する場合でも変更先を考えなければなりません。

たくさんの金融機関、証券会社が取扱をはじめていますので迷う方も多いでしょう。

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券の4択で決まりだと思います。

その中でもマネックス証券 iDeCoが筆頭候補となります。
信託報酬がほとんど最安値でスキがありません。

特に下記のeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

次点がSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」かな。
SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。
そのため選択の楽しさがあるでしょう。
また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。
このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです

楽天証券 確定拠出年金は楽天スーパーポイントがたまったり、セゾン投信なんかに加入できます。
また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった人気商品の取扱も魅力です。

総合して考えるとこの4つのどれかに加入すれば後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

松井証券あたりはeMAXIS Slimシリーズの取扱もありこの4社に対抗できるようになりそう

また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ4社の詳しい解説は下記をご覧ください。





読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. iFree新興国株式インデックスの実質コスト
    iFree新興国株式インデックスの実質コストが判明 積立投資信託でここ数ヶ月くらい「iFree新興…
  2. COMSAでICO
    日本でICOができるCOMSA ビットコインが分割イベントが終わっての安堵感から急上昇…
  3. 老後資金の準備
    いくらつみたてすれば良いのだろう? 2017年から個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できる方が…
  4. iDeCO加入しないほうが良い場合
    iDeCo(個人型確定拠出年金)はかなりお得な制度ですので加入者がすごい勢いで伸びています。また、い…
  5. イデハラに悩む女子社員
    蔓延しているiDeCoハラスメント(イデハラ) 先日、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を勧…
  6. 標準生命表改定の影響
    11年ぶりに標準生命表が改定されました。 これにより生命保険各社が標準生命表を元に計算をしてい…
  7. 確定拠出年金規制
    昨年話題になりました確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の運用商品の上限を35本に制限するという話。…
  8. 確定拠出年金規制
    日経新聞に下記のような記事が出ておりました。確定拠出年金の運用商品数の上限を35本に決めるとのこと。…
ページ上部へ戻る