イデコの人気に陰り

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)人気に陰り?検索数が大幅減

このサイトでも何度もご紹介しています個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)ですが最近ちょっと話題性が薄く検索数も大幅に減っているようです。

今回はこの件を見ていきます。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)人気に陰りか?


個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は昨年から加入できる範囲が大幅に広がったことで一気に人気となりました。

それに伴い、SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」一択だったのが楽天証券 確定拠出年金が人気商品のたわらシリーズを引っさげて参入したり、マネックス証券 iDeCoがSBI証券、楽天証券を研究した上で最安値のインデックスファンドeMAXIS Slimなどを引っさげ参入して激戦となりました。

しかし、どうやら一巡したからか検索数から見る人気は下火傾向に見えます。


グーグルトレンドから見るiDeCoの検索数

下記はグーグルトレンドでみたiDeCoの検索数推移です。

一年間のグラフとなっていますが、波こそあるものの基本的に右肩上がりで検索数が増えていました。

しかし、1月14日〜1月20日の週をピークに落ち続けているのです。

考えられる理由を見ていきましょう

株価暴落の影響?

まず考えられるのが株価の暴落です。

米国の金利上げ観測から始まった株価の調整(暴落)は2月はじめからですからほぼ日程的にドンピシャです。

株価が下がることで個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は怖いものという認識が多くなって検索されなくなったのかな?

それとも株価が落ちることで既存の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)加入者がブログの記事などを記載しなくなり興味を持たれなくなった可能性もあります。

どちらにしても株価暴落の影響が強そうです。

興味が一巡

もう一つ考えられるのが加入できる範囲が大幅に広がってからすでに1年がたち、興味を持ちそうな層があらかた加入を終えた可能性です。

どうしても個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は投資ですから怖いというイメージを持ってしまう方も多くいらっしゃいます。

その方たちは鼻から興味を持たないでしょうしね。

また、一度加入したら基本は放置の方も多いでしょうから検索しないので検索数が落ちた可能性も考えられます。

初の年末調整で特需だった

検索数が増えた年末から年初に掛けては個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の加入できる範囲が大幅に広がってから初めての年末調整時期に当たります。

そのため、どれくらい税金が節税できたのだろうか?とか年末調整の方法などを検索する人が多く特需的に検索数が多かったことも考えられます。

まとめ

今回は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の検索数が落ちているよって話でした。

検索数は落ちてますが、個人型確定拠出年金(iDeCo)は下記のように公務員の方が飛びつくくらい本当に有利な制度ですからまだ加入していない方はぜひご検討くださいね。

節税効果が大きく、早く始めれば始めるほど有利な制度ですよ。

また、最近株式市場が軟調ですから躊躇されている方も多いと思います。

たしかに株は今調子が悪いですが長い目で見れば期待値は高いものです。

また、株以外の債権やリートなどへの投資も可能ですし、定期預金などの元本保証商品もあります。

節税効果を考えればそれらに投資をするだけでも遊ばせておくよりは絶対得です。

ぜひ検討してみてくださいね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの6社から選ぼう

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるならまずは金融機関を決める必要があります。

しかし、たくさんあってどこにしたらよいのかわからない方も多いでしょう。

簡単に決めてしまう方もおおいかもしれませんが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の場合、金融機関ごとの違いがとても大きいですから慎重に選びたいところです。

私が今もし、新たに加入するならSBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、イオン銀行、大和証券の6択の中から決めます。

この6つの金融機関は運営管理機関手数料は無料です。(国民年金基金連合会の手数料等は各社共通で掛かります。)

また、運用商品もインデックスファンドを中心に低信託報酬の商品が充実しています。順番に見ていきましょう。

SBI証券

イチオシははSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」です。

SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。

そのため選択の楽しさがあります。

また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

また、2018年11月からセレクトプランなる新しいプランができました。

こちらではeMAXIS Slimなども取り扱いがあり、信託報酬にも他に負けないだけのものになりましたね。

ちなみに既存加入者も無料でプラン変更可能となっています。

私も先日セレクトプランに変更しました。

また、SBI証券は確定拠出年金について古くから携わっており、1番の老舗で安心感が高いのも大きいと思います。

筆頭候補はSBI証券で決まりでしょう。

まずはこちらを検討してみてください。

マネックス証券

次点はマネックス証券 iDeCoです。

信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。

特にeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

また、最近、一番人気のひふみ年金もラインナップに追加されさらにスキがなくなりました。

松井証券

松井証券のiDeCoは取扱商品が12本と少ないですが、SBI証券やマネックス証券と同様にeMAXIS Slimシリーズを取り揃え信託報酬が最安値水準となっています。

抑えるところは抑えた感じがありますね。逆に本数が少ないことにより選びやすさは増しており初心者向けの筆頭候補といってもよいかもしれません。

また、35本制限まで余裕があるというのは最後発の強みですね。

1番人気のひふみ年金の取扱もあるのもポイント高いです。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。

このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。

また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。
イオン銀行iDeCo

楽天証券

楽天証券 確定拠出年金は人気のセゾン投信なんかにも加入できます。

また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった自社の人気商品の取扱が魅力です。

今後は楽天SPUの対象になったり、つみたてNISAのように楽天カードでポイントが貯まるようになるようでしたらかなり面白いです存在ですね。

大和証券

大和証券 iDeCoは大手証券会社でありながら、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にもかなり力を入れています。

他のネット証券と違い店舗が全国各地にたくさんあります。そこに魅力を感じる方にはおすすめできますね。

また、取扱商品もダイワつみたてインデックスシリーズなど信託報酬が安めの商品を取り揃えています。

また、UBS中国株式ファンド、ブラックロック・インド株ファンド、ダイワ・ロシア株ファンド、ダイワ・ブラジル株式ファンドといった他の金融機関ではみかけないその国特化のファンドなんかもあるのがおもしろいですね。

大和証券 iDeCo

総合して考えるとこの6つの金融機関ならどれかに加入すれば大きな後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

イデコの人気に陰り
最新情報をチェックしよう!