iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理機関手数料が無料になる金融機関まとめ

ideco管理手数料比較

iDeCo(個人型確定拠出年金)運営管理機関手数料が無料になる金融機関


先日、SBI証券楽天証券がそれぞれ運営管理機関手数料の無条件無料化を発表しました。そこで各金融機関の運営管理機関手数料をまとめて見たいと思います。

無条件無料の金融機関

SBI証券

今までは残高50万円以上で無料でしたが無条件無料に変更しました。

楽天証券

今までは残高10万円以上で無料でしたが無条件無料に変更しました。

 

条件ありで無料の金融機関

スルガ銀行

拠出ありで無料、運用指図者は残高50万円以上で無料

みずほ銀行

残高50万円以上、または月額掛金1万円以上で無料

大和証券

残高50万円以上で無料

第一生命保険

残高150万円以上で無料

損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント

月額掛金2万円以上、または、月額掛金1万円以上かつ残高100万円以上、または、残高200万円以上で無料

 

まとめ


今回はidecoの運営管理機関手数料が無料になる金融機関をまとめて見ました。手数料は運用に全く関係なくかかってきますのでもちろん安いに越したことはないですよね。

ただ運営管理機関手数料が無料であっても取り扱い商品の信託報酬が高ければそこでチャラかマイナスとなってしまうケースもありますのでその辺りも注意しておく必要があります。

その辺りも加味しても現状はSBI証券と楽天証券が抜けていますね。この二つは手数料は一緒ですのであとは商品ラインナップの好みの違いだけかな。

私はSBI証券の商品の方が好きです。

下記のiDeCo記事も合わせてご覧ください。

iDeCo(個人型確定拠出年金)を始める前に読んでおきたい本3冊

大予想。SBI証券で残る35本の商品はこれだ(改正DC法によるiDeCo商品数上限)

個人型確定拠出年金(iDeCo)とは(メリット・デメリット)

iDeCo始めるならSBI証券がおすすめ

読んで頂きありがとうございます、

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. さわかみファンドつみたてNISA
    さわかみファンドがつみたてNISA導入見送り 来年から鳴り物入りではじまるつみたてNISA。 …
  2. アセットアロケーション
    アセットアロケーションをどうするかで投資結果の9割が決まると現代ポートフォリオ理論では言われています…
  3. ふるさと納税
    少し前のブログにも書きましたが先月に総務省からふるさと納税の返礼品を寄付額の3分の1程度に抑えるよう…
  4. 毎月分配型投資信託イメージ
    先日もブログに書きましたが森信親金融庁長官が積立NISAの対象になれるような投資信託は本当に少ないと…
  5. 確定拠出年金規制
    日経新聞に下記のような記事が出ておりました。確定拠出年金の運用商品数の上限を35本に決めるとのこと。…
  6. 100円投資信託
    100円投資信託の使い方 SBI証券、楽天証券、松井証券、岡三オンライン証券、マネック…
  7. ろうきんiDeCoはやめておいたほうが
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で高シェアのろうきん 今回は公務員や労働組合などとの関係性…
  8. idecoは買い
    前回の私のNISA戦略に続いて今回は私のiDeCo(個人型拠出年金)戦略をお話したいと思います。 …
ページ上部へ戻る