• iDeCo
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)とは、自分で作る年金制度のこと
ideco読んでおきたい本

iDeCo(個人型確定拠出年金)を始める前に読んでおきたい本3冊

iDeCo(個人型確定拠出年金)は何度かブログで紹介しておりますが大変お得な制度です。

しかし、全く勉強しなくてもOKというものでもありません。

そうはいってもなかなかこのために勉強するのって大変ですよね。

そこで私がオススメするiDeCO(個人型確定拠出年金)を始める前に読んでおきたい本3冊をご紹介します。

今回はiDeCo(個人型確定拠出年金)の話ですが企業型確定拠出年金を始める方や来年から始まる積立NISAに向けて勉強したい方もぜひ読んで見てください。

まずはじめに。投資が初めての人向けの1冊


初めての確定拠出年金投資


はじめての確定拠出年金投資
はじめに紹介するのが大江英樹さんのはじめての確定拠出年金投資です。

大江英樹さんは野村證券で25年間にわたって個人の資産相談業務に関わった後、

確定拠出年金の運営管理業務に携わるなど確定拠出年金に長年に携われた方です。

将来のお金の心配が、2時間でなくなる本」って結構大きなお話ですが嘘ではありません。

初めて投資に触れるという方にはまずここから入っていただくととっつきやすいと思います。

とても初心者にわかりやすく書かれています。

投資の初心者の方はこれを読み終わった後に下の二冊に行っていただくのがとよいと思います。

またある程度投資経験がある方でもなるべくわかりやすい本を探されている方にはこれが一番オススメできます。

それなりに投資経験ある人にはこの2冊


確定拠出年金の教科書


確定拠出年金の教科書
次は山崎元氏の確定拠出年金の教科書です。

山崎元氏は楽天証券経済研究所客員研究員で確定拠出年金など投資について辛口コラムを書いていらっしゃることで有名です。

確定拠出年金だけでなく考えるのではなくNISAや特定口座を総合的に考える山崎さんの考え方は私もかなり影響を受けています。

ブログだとちょっと専門的な言葉やウンチクも多い山崎元氏ですがこちらの本は大変わかりやすく書いてくれていますのでオススメです。

また、運用商品に「地雷」があるという証券会社や銀行の中の人だとなかなか発言しにくい本音を書いてくれてるのも山崎元さんならではです。

地雷とはなんなのか、というのはぜひ本を手にとって読んで見てください。

ちなみに山崎元さんはiDeCo(個人型確定拠出年金)について「ほぼ確実に儲かる仕組み」と表現しているくらいオススメしています。

実際加入しない方がよい5つのパターンに当てはまる人以外は加入した方がよいと私も思います。

ウォール街のランダム・ウォーカー


ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理
最後はウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理です。

他2冊と比べると外国の方の書いた翻訳本ですので読みにくさはあります。

しかし、すでに11版となるなど全世界で読まれている投資のバイブルとでもいうべき本でぜひ読んでいただきたい。

上二つを読んで基本を身についてからの方がわかりやすいかもしれません。

森信親金融庁長官が「資産運用ビジネスの新しい動きとそれに向けた戦略」にて積立NISAについて語った中で作者のバートン・マルキールの考え方の話をされていました。

実際,積立NISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)はこの考え方の元に成り立っていると言っても過言でないでしょう。

積立NISAやiDeCoの考え方はインデックス投資によるものですがその有用性やなぜ株で儲からない人が多いのかという点もエビデンスを用いて説明してくれます。

つまり積立NISAやiDeCoやるなら必ず読んでおけってことです(笑)

まとめ


iDeCo(個人型確定拠出年金)は本当にお得な制度でぜひたくさんの人にやっていただきたいのですがなかなかどこから手をつけたらいいのかわからないという方も多いと思います。

そんな方はまず今回紹介させていただいた3冊の投資本をじっくり読んで見てください。

今回紹介させていただいた3冊は確定拠出年金だけの話ではなく投資をやる人にも有用です。

この3冊から初めてiDeCo(個人型確定拠出年金)なり積立NISAと進んでいただくとさらに投資、資産形成に興味を持つことになると思います。

特にウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理は必読書ですのでぜひ読んでいただくとよいと思います。

投資初心者向けのオススメ本はこちらを御覧ください。


iDeCo(個人型確定拠出年金)については下記の記事も書いています。合わせてお読みください。




個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの5社

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるにはまずどこの金融機関で始めるのかを決めなくてはなりません。

たくさんの金融機関、証券会社が取扱をはじめていますので迷う方も多いでしょう。

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券、松井証券の5択で決まりだとおもいます。

マネックス証券

その中でもマネックス証券 iDeCoが筆頭候補となります。

信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。

特に下記のeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

eMAXIS Slimシリーズについてはこちらをご覧ください。

松井証券

松井証券のiDeCoは取扱商品が12本と少ないですが、

マネックス証券と同様にeMAXIS Slimシリーズを取り揃え信託報酬が最安値水準となっています。

抑えるところは抑えた感じがあります。

最後発の強みですね。

また、1番人気のひふみ年金の取扱もあるのもポイント高いです。

SBI証券

次はSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」かな。

SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。

そのため選択の楽しさがあるでしょう。

また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

あとは確定拠出年金について古くから携わっており5社の中で1番の老舗で安心感が高いのも大きいと思います。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。

このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。

また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。

楽天証券

楽天証券 確定拠出年金は楽天スーパーポイントがたまったり、セゾン投信なんかに加入できます。

また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった人気商品の取扱も魅力です。

総合して考えるとこの5つのどれかに加入すれば後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。





読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ