iDeCo(個人型確定拠出年金)っていくら積み立てれば良いのか?

ideco積み立て額

iDeCo(個人型確定拠出年金)っていくら積み立てれば良いのか?


これはiDeCoを始める人みなさん迷うところだと思います。

私もいくらかけるか本当に迷いましたが調べれば調べるほどこの制度のお得さがわかって

満額積み立てることにしました。

実は他の人がどれくらい積み立てているのかわかるのです。

今回はそんなお話を見てい行きましょう。

 

他の人のiDeCo(個人型確定拠出年金)掛け金


個人型確定拠出年金の場合

これは28年3月末時点の掛け金一覧です。

平均だと第一号加入者(自営業とか)は24,970円、第二号加入者(会社員や公務員)は14,970円となっています。

全体平均で17,702円でした。

注目すべき点は分布です。第一号加入者で一番多いのが5,000〜9,000円の層です。

19,664人います。第一号加入者の27.9%を占めます。

次に多いのが65,000〜68,000円のほぼ満額掛けている層で12,477人います。

第一号加入者の17.7%となりました。

つまり、満額かける人と最低限かける人の二極化しているということでしょうね。

第二号加入者は金額上限が低いため満額に近い19,000〜23,000円が一番多くなっています。

実に44.1%と半分近くとなっています。

iDeCo積立額

出典:国民年金基金連合会ホームページ

 

企業型確定拠出年金の場合

企業型の場合、企業年金連合会が実施した

「2014(平成26)年度決算 確定拠出年金実態調査 調査結果について」によると、

マッチング拠出の平均額は7,818円で、5,000~10,000円未満の割合が61.4%と最も高くなっています

 

自分はいくらで加入すれば良いのか?


それでは自分はいくらかければ良いのでしょうか?

これは人それぞれの考え方や資産状況、生活により変わってきます。

単純に節税効果は高いですから

たくさん節税したいならたくさん掛けた方が良いです。

(仮に定期預金として得です)

逆に日々の資金が乏しい場合はたくさんかけるのは危険です。

iDeCoは資金が急に必要になっても60歳にならないと引き出せません。

ですのである程度の余裕資金である必要があります。

使わなくても問題ない水準にしておくのが良いでしょう。

無理のない金額にすることが大事です。

また、将来どのくらいのお金を用意しておきたいかで考えるのも良いと思います。

月5000円を30年積み立てたとすると180万円です。(損得なしとして)

それが月68,000円であれば2,448万円です。

かなり大きな差ですね。

これに運用益が複利でついてきますのでさらに差は開いてきます。

その辺りも加味して考えましょう。



掛け金の見直しも可能


加入後に掛け金を見直すこともできます。

例えばある程度生活に余裕がある年代なら満額

子供の費用など生活費が多い場合はある程度の金額

などライフスタイルの変化に合わせて変えていくと良いかもしれませんね。

ただ、変更は年に一回しかできませんので注意が必要です。

今イデコに加入するならこの4社から選ぼう

イデコを始めるにはまずどこの金融機関で始めるのかを決めなくてはなりません。

たくさんの金融機関、証券会社が取扱をはじめていますので迷う方も多いでしょう。

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券の4択で決まりだとおもいます。

ちなみに私はSBI証券に入っています。

また、今回見たように個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は現在申込みが殺到しています。

そのため申し込んでから実際に使えるようになるまでに結構時間がかかるのです。

早く始めれははじめただけ税金面で得が大きいですのでお早目の申込みをオススメします。
SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金
マネックス証券 iDeCo
また、SBI証券、イオン銀行、楽天証券に加入した場合私ならこの運用商品に投資するのかは下記を御覧ください。




また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。



読んでいただきありがとうございました。
私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 積立NISA
    来年から始まる積立NISAとiDeCoどちらを優先? 前回、個人型確定拠出年金(iDe…
  2. IPO検証
    本年度に新規上場(IPO)した株についてその後の株価を検証してみたいと思います。 本年度(4月…
  3. 投資戦略
    私のNISA戦略についてお話をしてみたいと思います。下記のブログにも書きましたがほとんどの人が株やF…
  4. 仮想通貨マルチ商法
    仮想通貨のマルチ商法が増加中 先日もブログでビットコインがすごい急騰しているというお話…
  5. イオン銀行イデコ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争が小休止? つみたてNISAの受付が始まり、そちらに…
  6. 確定拠出年金運用商品ランキング
    個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)で人気の運用商品は? 先日読者様から質問メールが有りました…
  7. お金を貯める小規模企業共済
    節税対策には小規模企業共済という手も このサイトでなんども個人型確定拠出年金(iDeC…
  8. 100円投資信託
    100円投資信託の使い方 SBI証券、楽天証券、松井証券、岡三オンライン証券、マネック…
ページ上部へ戻る