Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • つみたてNISA
  • つみたてNISAは少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です
アメリカ株の魅力

長期投資なら負け知らず??投資初心者こそ知っておくべき米国株

2017年から個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入が緩和されほぼ全員が加入できるようになりました。

また、2018年からはつみたてNISAが始まり投資をはじめる方が増えています。

両方の制度ともかなりお得な制度ではありますが、商品数も多くどこに投資をすればよいのかわからなくなる方もいるでしょう。

それもあってかこのサイトでも下記のようにどれを買うという記事が長期的に人気となっていたりしますね。

そんな投資がはじめての方にこそぜひ知っておいていただきたいのが米国株です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)でもつみたてNISAでも米国株を買う投資信託などの商品も増えてきています。(証券会社により)

また、海外ETF(上場投資信託)もかなり買いやすい証券会社が増えてきています。

つまり、米国株に投資しやすい体制が整ってきたってことです。

今回はそんな米国株の魅力についてみていきたいと思います。

米国企業は世界経済の中心


まず、米国企業が世界経済の中心であることを認識しましょう。

それは今後も大きくは変わらないと予想されます。

(中国は台頭するでしょうが・・・)

ちなみに現在の時価総額ランキング(世界)はこんな感じになっています。


世界時価総額ランキング

1位 アップル
2位 アマゾン・ドット・コム
3位 マイクロソフト
4位 アルファベット(グーグル)
5位 フェイスブック
6位 アリババ・グループ・ホールディングス
7位 テンセント・ホールディングス
8位 パークシャー・ハサウェイ
9位 JPモルガン・チェース
10位 エクソン・モービル

6位と7位は中国のIT企業ですがそれ以外はすべて米国企業なんですよね。

日本はトヨタが37位に入っているのが最高となります・・・

それくらいすでに世界の経済は米国中心なんです。

今後も米国企業が強いわけ

米国は他の国と比較して大きな強みが2つあります。

それがある限りなかなか他の国が太刀打ちするのは難しいのです。

知的資産を保有している

まず、一番大きいポイントがすでにガッチリ知的資産を保有していることにあります。

知的資産とは特許や商標などの権利のことで、特許国際出願件数も例年米国が一位です。

(ちなみに2位は日本)

また、それを支えるのが研究開発費の多さです。

アメリカの研究開発費は世界1位で世界の3分の1を占めています。

ノーベル賞も米国が一番多く獲得していますしね。

それによりすでにたくさんの知的資産を保有していることが大きな強みとなります。

他の国の企業が新たに参入しようとしてもなかなか知的資産をすでに取られているケースが多くなかなか厳しいのです。

そのため今後も米国企業の強さは大きくは変わらないと予想されるのです。

先進国なのに人口が増えている

米国は現在中国、インドに次いで世界3位の人口を有している国ですが、最大の特徴は先進国で数少ない人口が増え続けている国なのです。

日本はこれからどんどん人口が減ると予想されていますが、米国は逆にこれからもどんどん人口が増えてると予想されます。

人口が増えればそれだけ経済活動が行われますから米国の消費だけでも大きな経済成長が見込めるのです。

これもかなり大きな部分といえるでしょう。

米国株の過去の成長はすごい

米国はそれだけ経済が強いのもあり米国株の成長もすごいです。

日本もここ数年アベノミクスで株が上がったと騒いでいますが、米国と比べるとかなり弱かったりもします。

下記は米国を代表する500社の株価指標であるS&P500と日経平均の10年チャートです。

S&P500はずっと右肩あがりですね。

日経平均はかなり波がありだいぶ負けているのがわかると思います。

日経平均とS&P500

出所:SBI証券 チャート

米国ではリーマンショックやITバブルの崩壊がありましたがそれを踏まえても大きな括りでみればずっと右肩上がりだったりもします。

米国株に投資をする方法

米国株に投資をする方法としては大きくわけて3つの方法があります。

順番に見ていきましょう。

米国企業の株を買う

SBI証券やマネックス証券などは米国企業の株を直接買うことができます。

まずはそれを買う方法が考えられます。

米国株といえば下記記事のFANGなんかが有名ですよね。

海外ETFを買う

もう一つが上場投資信託の海外ETFを買う方法があります。

米国の個別企業の株を買うのと比較して米国株全体を買うことなどが可能となります。

ただし、為替のリスクはありますけどね。

米国企業の株や海外ETFを買うならSBI証券、マネックス証券のどちらかがおすすめですね。

投資信託を買う

最後の方法は日本の投資信託で米国株に投資をするタイプを買う方法です。

ダウやS&P500をベンチマークとした投資信託がここしばらくの間でたくさんできてきました。

信託報酬も安くなってきています。

初心者の方には米国企業の株を直接買うよりもこちらをおすすめしますね。

つみたてNISAで買える投資信託や個人型確定拠出年金(iDeCo)でも証券会社によっては取り扱いがあったりします。

投資信託なら下記のつみたてNISA、個人型確定拠出年金(iDeCo)を使うのがおすすめです。

まとめ

今回は米国株の魅力について見てきました。

日本が今後人口が減っていくと予想される中、米国は今後も人口が増えていく経済の中心に君臨続けるのは間違いないでしょう。

ならば日本の株を買うよりも長い目でみるなら米国株の方が魅力的に見えるのは私だけではないと思います。

米国株への長期投資をリスク低くお得に行うならば個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)かつみたてNISAがおすすめです。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)、つみたてNISA双方とも利益がでても無税ですし、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については所得控除まであるお得な制度ですよ。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの5社

私が今もし、新たにイデコに加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券、松井証券の5択で決まりだとおもいます。
(ちなみに私はSBI証券に加入済で付加年金加入者の満額(67000円)入っています)

マネックス証券

まずはマネックス証券 iDeCoが筆頭候補となります。

信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。

特に信託報酬が安いeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

米国株ならたわらノーロードNYダウが購入できます。

また、最近ひふみ年金もラインナップに追加されてさらにスキがなくなりました。

松井証券

松井証券のiDeCoは取扱商品が12本と少ないですが、

マネックス証券と同様にeMAXIS Slimシリーズを取り揃え信託報酬が最安値水準となっています。

抑えるところは抑えた感じがあります。

最後発の強みですね。

また、1番人気のひふみ年金の取扱もあるのもポイント高いです。

SBI証券

次はSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」かな。

SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。

そのため選択の楽しさがあるでしょう。

また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やNYダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

あとは確定拠出年金について古くから携わっており5社の中で1番の老舗で安心感が高いのも大きいと思います。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。

このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。

また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。
イオン銀行ideco

楽天証券

楽天証券 確定拠出年金は楽天スーパーポイントがたまったり、セゾン投信なんかに加入できます。

また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった人気商品の取扱も魅力です。

総合して考えるとこの5つのどれかに加入すれば後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

つみたてNISAを始めるならこの2社がオススメ

つみたてNISAは手数料は掛かりませんし、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)よりも金融機関同士の差は少ないです。

選ぶ際のポイントは取扱商品注文の仕方です。

それらを勘案すると現状SBI証券か楽天証券がちょっと飛び抜けてよい感じがしますね。

私もSBI証券でつみたてNISAを始めています。

SBI証券

まずは業界NO1の口座開設数を誇るSBI証券です。

100円から積立て可能で取扱の投資信託も圧倒的に多いのが魅力です。

楽天証券

楽天証券の魅力はなんといっても楽天ポイントが貯まることでしょう。

逆に楽天ポイントで投資信託を買うことができるのもありがたいですね。

その他金融機関はこちらをご覧ください。

読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。