Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • ふるさと納税
  • ふるさと納税とは地方自治体への寄付を通じて地域創生に参加できる制度のことです
ふるさと納税QUOカード

【ふるさと納税】数量限定で返戻率50%のQUOカード(クオカード)が復活。急げ!!

最近ふるさと納税を巡る総務省と自治体の争いが激化してますね。総務省が求める返戻率30%以内、地場の返戻品という要求とよりたくさんの寄附を集めたい自治体がそれぞれ意見を戦わしています。最近のニュースでは総務省(野田聖子大臣)が求める返戻率30%以内、地場の返戻品という要件を守らないブラックリストにあるような自治体に寄附してもふるさと納税の対象とならないという強硬策に出るのではないかというのも出ていましたね。来年の国会での改正を目指すということなのでまだしばらく先の話ではありますが・・・

総務省のブラックリストについてはこちらの記事をご覧ください。

そんな状況ですがまたまた魅力的なふるさと納税の返戻品が登場しました。返戻率50%のQUOカード(クオカード)です。QUOカードはコンビニや様々な場面で使えますので旅行券などと比較して使い勝手が良いですね。ただし数量限定ですから興味ある方は早めに動くのが吉です。

それではQUOカードの返戻品について見ていきましょう。

徳島県佐那河内村のふるさと納税返戻品


今回ご紹介するのは徳島県佐那河内村のふるさと納税の返戻品です。徳島県佐那河内村(さなごうちそん)は、徳島県の北東に位置します。徳島県唯一の村ですだちや「ももいちご」の生産で有名となっています。

もちろんすだちやももいちごの返戻品もありますが、今回注目なのは村有史1000年記念のQUOカードです。


返戻率50%QUOカード

寄附額20,000円につき、10,000円分のQUOカード1枚が返戻されます。つまり返戻率50%となります。使い勝手の良いQUOカードですからかなりお得度が高い返戻品ですね。

さなごうち村有史1000年記念クオカード(QUO)10,000円分 

高額寄付でもOK

今回の返戻品は高額寄付でも50%の返戻率となります。詳しくはこんな感じとなります。

寄附額20,000円につき、10,000円分のQUOカード1枚
例 寄附額40,000円
⇒10,000円分のクオカード×2枚
寄附額44,000円
⇒10,000円分のクオカード×2枚
寄附額46,000円
⇒10,000円分のクオカード×2枚
寄附額51,000円
⇒10,000円分のクオカード×2枚
寄附額57,000円
⇒10,000円分のクオカード×2枚
寄附額60,000円
⇒10,000円分のクオカード×3枚



寄附額1,000,000円
⇒10,000円分のクオカード×50枚

QUOカードはどこで使えるのか?

QUOカードは、コンビニ・書店・ドラックストア・ガソリンスタンド・ファミリーレストランなどの全国57,000店でプリペイドカードとして使えます。

使い方は簡単です。他の金券と同じように支払い時に提示するだけです。金券と違いテレホンカードのような仕組みとなっており使った分が記録されるカードなっており、額面を超える支払いに使っても問題ありません。次に繰越が可能なのです。

発送日

4週間前後で発送

QUOカードのデザインは4種類から選択可能

QUOカードのデザインは下記の4種類の中から選択が可能となっています。

ふるなびならさらに1%のアマゾンギフトコードゲット

また、さらにふるなびで寄附をすると寄付額の1%分のアマゾンギフトコードゲットキャンペーンが行われています。ですから実質的な返戻率はさらに高くなりますね。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

まとめ

今回は徳島県佐那河内村のふるさと納税返戻品をご紹介しました。かなりお得な返戻品ですね。数量限定とのことですから興味を持たれた方はお早めに寄附をしてくださいね。

※追記:現在予定数量を超えたため受付終了及び値上げしています。
>>さなごうち村有史1000年記念クオカード(QUO)10,000円分 

読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。