ビール券の利用方法

ビール券をもらったときの利用方法まとめ。価格や換金方法、使い方、購入方法などをご紹介

最近、お歳暮やお中元などはもちろんお年賀などでも商品券や金券を送る方が増えているそうです。

必要なのかどうかわからないものを送るよりも使ってもらえる商品券はたしかにお互いにとってよいですね。

中にはふるさと納税で規制の対象となりそうなアマゾンギフト券旅行券をもらってそれをお歳暮やお中元に利用しているかなりうまいやり方をしている人もいるそうです。

将来的にこれらもキャッシュレス決済になったりするんでしょうかね(笑)

私のところにも先日お歳暮でビール券が送られてきました。

ビール券とは文字通りビールに引き換えができる商品券のことですが私はお酒飲めないのです(笑)

今回は私みたいにビール券をビールに引き換えない場合の利用方法やビール券にまつわる価格や換金方法、使い方、購入方法などをみてみましょう。

ビール券は消費税増税に伴い価格が改定されましたのでこのページも修正を加えております。

ショートカットはこちらから

ビール券とは

まずはビール券とはなにかについてみてみましょう。

ビール券は日本の酒店の集まりである協同組合の「全国酒販協同組合連合会」が発行している商品券です。

正式名称を「ビール共通券」といい全国の酒店で券面に印刷されている商品(ビール)と基本的に引き換えられます。


ビール券の種類

ビール券といっても2種類あります。

大瓶2本券

まずひとつ目は633mlの大瓶ビール2本と引き換えができるビール券です。

大瓶2本と交換できます。

価格はちょっとややこしく発行価格は869円です。(購入する金額)

そして使うときは大瓶2本分ですから784円として利用ができます。(利用できる金額)

なお、ビール券で交換できるのはあくまでも大瓶2本分です。利用できる金額として提示しているのは希望小売価格なので多少販売店によって相違する場合もあります。

缶2本券

もう一つは350mlの缶ビール2本と引き換えができるビール券です。

缶ビール2本と交換できます。

こちらも価格はちょっとややこしく発行価格は555円です。(購入する金額)

そして使うときは大瓶2本分ですから494円として利用ができます。(利用できる金額)

清酒券なんてものも

ビール券の親戚みたいなもので清酒券なるものもあります。

これも仕組みは一緒ですね。清酒に引き換えられるように発行された商品券です。

あまりメジャーでないのか見かけたことはありませんが・・・

下記の2種類が販売されています。

清酒特撰(1.8リットル)1本券 希望小売価格 2,602円
清酒上撰(1.8リットル)1本券 希望小売価格 2,240円

ビール券の価格

実はビール券は大瓶ビール2本、缶ビール2本とそのまま交換するというのではなく、それぞれの想定価格に合わせて利用することができるようになっています。

ですから実際、大瓶2本券は784円の商品券缶2本券は494円の商品券ということもいえるでしょう。

実はビール券は損な商品・・・

今までの話でお気づきの方も多いと思いますが、大瓶2本券なら869円で購入して784円でしか使えない

缶2本券なら539円で購入して494円でしか使えないんですね。

他の商品券と比較すると損な商品と言えるのかもしれません。

例えばガソリンスタンドのプリペイトカードなどでは2万円分買うと2万2千円分使えたりしますが、

その逆なんです。

つまり、必ず元本割れする債券みたいなものと言っても良いかもしれません。

まあ、ビール券の実際の使いみちは自分用に買う人は殆どいなくて、多くは贈り物ですからそこまで気にしないのかもしれません。

ビール券は発行時期によって価格が違う

実はビール券発行された時期によって使える金額が違うケースがあります。(ビールの値上げなどで)

それを確認するためには券面表側の左下の数字をみればわかります。

例えば「A-21-0784」と書いてあればその下4桁の784円分の商品券として利用できるのです。

少し前発行のものだと「A-17-0672」と書いてあったりします。

こちらは672円の商品券として利用できます。

ビール券の利用方法
最新情報をチェックしよう!