ソフトバンクIPO抽選結果

【ソフトバンク】IPO抽選結果。予想どうりの当選まつり、、、どうするんだこれ

  • 2019年4月16日
  • IPO
IPO ソフトバンクIPO抽選結果

12月19日東証1部上場のソフトバンクの抽選結果がでました。

予想どうりと言えば予想どうりですが当選まつりです。。まさかの証券会社まで当選して・・・

辞退するのか否かも含めてちょっと検討する必要があるかもしれませんね。

それだけ規模が大きかったってことなんでしょうね。

ソフトバンクついては詳しくは下記を御覧ください。

ソフトバンクが12月19日に上場


主幹事はSBI証券、野村証券、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券です。

事業内容は移動/固定通信事業及びICTソリューションの提供を主に手がけています。みなさんご存知の携帯電話3キャリアの一つソフトバンクです。気になるのは親会社との親子上場という点、高すぎる配当性向、他の携帯電話2社と比べて割高な価格設定ってところですね。また、先日は長い時間不具合が生じて電話が通じなくなるという致命的なトラブルもありました。この辺りの要素がどう影響してくるのか気になるところです。

関連記事

このサイトでも下記記事を始め今か今かとなんども続報をお伝えしてきましたソフトバンクグループ傘下の携帯電話事業を営む【ソフトバンク】の新規株式公開(IPO)が12月19日に上場します。[sitecard subtitle=関連記事 u[…]

ソフトバンクIPOお祭り

【事業内容】移動/固定通信事業及びICTソリューションの提供
【主幹事】SBI証券、野村証券、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券
【幹事】 松井証券、マネックス証券、岡三証券、岩井コスモ証券、東海東京証券、岩井コスモ証券、水戸証券、あかつき証券、西日本シティTT証券
【その他】カブドットコム証券、岡三オンライン証券
【仮条件】11月30日
【申込み期間(BB)】12月3日~12月7日
【上場日】 12月19日
【公募株式数】 公募0株 売り出し1,603,693,700株
【OA】160,369,400株
【想定価格】1,500円
【吸収価格】2兆6460億円
【時価総額】7兆1807億円
【資金用途】全数売出(売出元:ソフトバンクグループジャパン)

12月3日からBB開始です。


ソフトバンクのビジネスについて

ソフトバンクは移動通信サービスの提供、携帯端末の販売、固定通信サービスの提供、インターネット接続サービスの提供を提供しています。みなさんご存知の携帯電話3大キャリアの一つとなります。

経営理念

情報革命で人々を幸せに

ソフトバンクグループは、創業以来一貫して、情報革命を通じた人類と社会への貢献を推進してきました。

人々にとって幸せとは何か。

「愛し愛されること」「日々生きていること」「自己実現」「笑顔」、多くの答えがあると思いますが、幸せとは、感動することと同義であると考えます。ソフトバンクグループが、何のために事業をしているのか、何を成したいのかといえば、一人でも多くの人に喜びや感動を伝えたい、ということに尽きます。われわれの創業以来の志が、この理念に凝縮されているのです。

コンピューターのパフォーマンスが飛躍的に増大し、超知性のコンピューターすら使いこなせる、今後人類が迎えるそうした情報のビッグバン「情報革命」の無限のパワーを、人々の幸福のために正しく発展させていくこと。今後もこの志を原動力に、ソフトバンクグループは成長を続けていきます。

ビジョン

ソフトバンクグループは、情報革命で人々の幸せに貢献し、「世界の人々から最も必要とされる企業グループ」を目指しています。このビジョンの実現に向けて、時代に必要とされる最先端のテクノロジーと最も優れたビジネスモデルを用いて、情報革命を推進していきます。

バリュー

300年成長し続けるソフトバンクグループのDNA。それは、ソフトバンクバリュー「努力って、楽しい。」です。その中でも、特に大切にしたいバリューとして、「No.1」「挑戦」「逆算」「スピード」「執念」という行動指針を掲げています。

社内スローガン

「Smart & Fun!」

働き方改革推進の一環として、社員が最適な働き方で組織と個人の生産性を最大化することを目的に、働き方に関するスローガンとして「Smart & Fun!」を掲げています。
このスローガンの下、ITやAI(人工知能)を活用した新しい働き方を実践し、全社員がスマートに楽しく仕事をすることで、イノベーティブでクリエイティブな企業として成長し続けることを目指します

ソフトバンクの業績

ソフトバンクの業績は売上が年々右肩あがりとなっています。対して営業利益や当期利益は直近でちょっと落ち込みがありますね。

また、最近は総務省の圧力で携帯電話料金の引き下げ要求があるのがちょっと気になる所。ドコモはすでに携帯電話料金の引き下げを発表していますからソフトバンクも追随することは確実でしょう。そうなった場合の利益の落ち込みがどれくらいになるのかポイントになりそうです。価格の引き下げはダイレクトに利益に影響してきますので業績がどう変化するのかかなり怖いところであります。(売上数量が減ったときと違って原価が減るわけではないため)

回次

国際会計基準

第30期

第31期

第32期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

売上高

(百万円)

3,410,595

3,483,056

3,547,035

営業利益

(百万円)

644,046

678,659

641,935

税引前利益

(百万円)

607,387

636,555

601,315

親会社の所有者に帰属する純利益

(百万円)

399,520

441,189

412,699

親会社の所有者に帰属する包括利益

(百万円)

391,418

440,368

418,527

親会社の所有者に帰属する持分

(百万円)

1,508,396

1,538,814

718,134

資産合計

(百万円)

4,767,075

4,691,048

5,151,485

1株当たり親会社所有者帰属持分

(円)

367.63

375.05

155.75

親会社の所有者に帰属する
基本的1株当たり純利益

(円)

97.37

107.53

100.55

親会社の所有者に帰属する
希薄化後1株当たり純利益

(円)

親会社所有者帰属持分比率

(%)

31.6

32.8

13.9

親会社所有者帰属持分純利益率

(%)

19.1

29.0

36.6

株価収益率

(倍)

営業活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

772,914

890,844

724,222

投資活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

333,105

△440,152

△629,375

財務活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

△1,108,274

△533,135

△54,454

現金及び現金同等物の期末残高

(百万円)

132,178

49,735

90,128

従業員数

(名)

19,885

20,033

20,220

(5,554)

(5,655)

(5,669)

ちょっと気になるのが配当性向

今回のソフトバンク配当予定が多いことが注目されています。

しかし、ちょっと気になるのが配当性向の高さです。配当性向とは利益のうちどれだけを配当に回すかってことで今回のソフトバンクはかなり高い水準にあります。このあたりは同じく配当の多い日本タバコ産業(JT)と同じですね。

配当性向が高いと出る弊害についてはこちらを御覧ください。

関連記事

先日、親戚が株を始めたいということで少し相談をされました。その方はもうすぐ定年を迎えるため、ボケ防止と老後の収入を増やすために株を始めたいとのこと。近所の方が株をやっておられ株主優待や配当をもらっていて、その方にNISAで株[…]

配当金や株主優待は損

親子上場である点も・・・

回のソフトバンクはソフトバンクグループの親子上場である点はおさえておく必要があるでしょうね。親子上場は一般的に投資家に嫌われる傾向が大きいです。特に欧米ではあまりないため海外投資家の反応が気になる所

詳しくは下記の記事をご覧ください。

関連記事

12月にも資金調達額は2兆5000億円規模と言われる過去最大級のIPO(新規上場株式公開)が実施されます。それはソフトバンクグループの子会社にあたるソフトバンク(携帯電話)です。かなりの規模の上場ですからかなり注目度が高くなっていま[…]

親子上場

ソフトバンクの株主、ロックアップ

ソフトバンクの株主の大半はソフトバンクグループとなります。そのうちの一部が今回売り出される形となります。また、ソフトバンクグループはロックアップ180日となります。他の株主はほんとうに少ないですから上場時の売出しはほとんど気にしなくてもよいでしょう。ストッオプションもあるにはありますがそれほど気にしなくても良いレベルでしょう。

そのため上場時に株を買った人の売出しが初値を決める形となりますね。かなり規模ですから買い手がどれだけいるのかで初値が決まりそうです。

ソフトバンクIPOの抽選結果

それでは抽選結果はどうだったのでしょうか?今回はほぼ当選するだろうということで主幹事のみの応募。さらに手数料の高い証券会社からの応募は控えました。

野村證券 当選
SBI証券 当選
大和証券 当選
SMBC日興証券 補欠
みずほ証券 応募せず
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 応募せず

外れたのはSMBC日興証券だけという(笑)SBI証券も完全にIPOポイント目当てで100株しか応募していませんが当選となっています。これはちょっと危険な香りがしますね・・・辞退も含めてギリギリまで検討したいと思います。

IPOをこれから始める方は下記ページを読んでいただくことをおすすめします。

関連記事

IPOはリスクが低くリターンが大きいが当選しずらいIPO(新規公開株)の購入はかなりリスクが低くリターンが大きい投資法です。そのため人気が高くなかなか当選しにくいです。当選確率をあげるためおすすめしたいのはた[…]

IPO証券会社一覧

IPOの抽選にハズレたらセカンダリに無理に挑戦するよりもこんな方法もあります。

関連記事

IPO株が初値を上回るのは50%とハイリスクハイリターン今日のモーニングサテライトでも特集していましたが今年はIPO(新規上場株式)の当たり年と言われているそうです。全部で90社が新規上場しました。そのうち9[…]

IPOも投資信託で
最後まで読んで頂きありがとうございます、

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「いいね」、「フォロー」してくれると嬉しいです。

ソフトバンクIPO抽選結果
最新情報をチェックしよう!