• iDeCo
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)とは、自分で作る年金制度のこと
個人型確定拠出年金加入者の伸び

個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の加入者5月も大幅増

個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の加入者は増えている


毎月発表されている個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の加入者数がでました。

5月は第一号加入者(自営業)が3,173人の新規加入者で累計91,881人

第2号加入者(会社員など)25,320人の新規加入者で累計415,628人

うち共済組合員(公務員など)は6,732人の新規加入者で累計76,174人

第3号加入者(主婦)は1,111人の新規加入者で累計9,584人

トータルでは5月の新規加入者29,604人、累計517.093人となっています。

3月、4月と比べると加入者の伸びはだいぶ落ちていますがまだまだ増えそうな感じですね。

国民年金基金の加入者が27年度末で427,026人ですからすでに個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の方が多くなっています。

ideco加入者数

出所:国民年金基金WEBページより

個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の知名度はイマイチ


個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)はとてもお得な制度で一部の人以外には絶対オススメなのですが、

ちょっとわかりにくいこともあります。そのため個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の加入者はどちらかというと情報を自分から収集できるタイプの人が多くなっているようです。俗に言う情報強者。

今後、個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)を普及させていくためには情報強者以外の人にも知ってもらうひつようがあるでしょうね。VOYAGE GROUPの調査だと個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の認知度は16%だそうです。個人的には予想以上に高いとは思いましたが・・・その16%の人で実際中身まで知ってる人どれくらいいるのでしょうか?

ちなみにふるさと納税が77.1%あり、NISAも59.8%もありました。

ほんとかな・・・って個人的には思いますがおそらくアンケートの結果でしょうから名前は聞いたことあるってひともしってると選択してるのでしょうね。

知名度と内容の認知が個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)普及のための大きな課題でしょうね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)オススメ証券会社

今、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入されるなら以下の2つの証券会社を選択しておけば間違いないでしょう。

手数料体系はまったく一緒です。違いは運用商品です。

SBI証券はたくさんの運用商品があります。

なかにはNYダウをベンチマークとしたものや人気のひふみ投信のひふみ年金などもあります。

たくさんの運用商品の中から選びたい方はSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」がおすすめですね。

楽天証券が必要最小限に運用商品が絞ってあります。

そのため投資初心者でも迷うこと無く商品を選べるでしょう。また人気のセゾン投信が買えるのは楽天のみです。シンプルに投資したい人は楽天証券 確定拠出年金がオススメですね。

また、今月から受付の始まったイオン銀行も楽天と同様にシンプルな商品で信託報酬が安いものがそろっていますのでおすすめできます。また、9月から受付をはじめるマネックス証券にも期待したいところですね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。



読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブロトピ:今日のブログ更新