【40代編】年代別個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の使い方

年代ごとに違う個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ【40代編】


iDeCoはこのページでも何度もお伝えしていますとおり最強にお得な制度です。

基本的に使わない手はないのですが制度の性質上、年代によって使い方が変わってきます。

今回は40代編として40代の人が個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)をどう利用したらいいかを考えてみたいと思います。

40代がiDeCo(イデコ)加入する際に注意しなければならない点

iDeCo(イデコ)は加入期間によって受給開始年齡が変わる

iDeCo(イデコ)は国民年金や厚生年金とは少し仕組みが違います。

iDeCo(イデコ)の加入期間によって受け取りの開始年齡が変わってきます。

40代で加入する場合には10年以上となりますので受給開始年齢は満60歳です。

満ですから誕生日によって違います。

通算加入者等期間受給開始年齡
10年以上満60歳
8年以上10年未満満61歳
6年以上8年未満満62歳
4年以上6年未満満63歳
2年以上4年未満満64際
1ヶ月以上2年未満満65歳



iDeCo(イデコ)の運用期間が長いためリスクを取ることができる。

iDeCo(イデコ)は長期投資であるため、分散投資していけばリスクは小さくなります。

たとえばリーマンショックなどの大きな株価暴落があったとしても長期的な目で見ると株価は上がっているのです。

そのため、基本的に株式などのリスク商品も選択するのがベストです。

40代で加入する際は運用が20年近くとかなり長期となります。

それなりの長期となりますのでリスクはある程度は取れるということになります。

もちろんどれくらいのリスクをとるのかはその人の考え方しだいですが、あまりリスクを取りたくない場合でも元本保証の定期預金等は個人的におすすめしていません。

詳しくは下記の記事を御覧ください。

関連記事

1月に公務員やサラリーマンでも加入できるようになりましたのでiDeCo(個人確定拠出年金)をやっている人はかなりすごい勢いで増えているそうです。また、企業型確定拠出年金の加入企業も時流に乗って徐々に増えていっています。しかし[…]

iDeCoで定期預金
ターゲットイヤーが参考になる

iDeCo(イデコ)の運用商品の中にターゲットイヤーという商品があります。

これは何年に満期となるといった目標(ターゲットイヤー)に向けて徐々にリスクを下げていく商品です。

たとえばSBI-セレブライフ・ストーリーというSBI証券で取扱のある商品があります。

こちらは

SBI-セレブライフ・ストーリー2025

SBI-セレブライフ・ストーリー2035

SBI-セレブライフ・ストーリー2045

SBI-セレブライフ・ストーリー2055

と4種類があり、徐々に安定志向の運用に変わっていくのです。

40代の人ならば2035に満期を迎えるのを目標にしているSBI-セレブライフ・ストーリー2035の運用なんかを参考になさるとよいかもしれませんね。

現在のSBI-セレブライフ・ストーリー2035のアセットアロケーションを見ると2017年3月時点では

国内株式8%、先進国大型株式6%、新興国大型株式9%、先進国新興国小型株式3%、国内債権26%、国際債券10%、新興国債券13%、REIT6%、ヘッジファンド16%、コモディティ3%となっており株式などのリスク資産が多めとなっていま

その後2025年になれば株式比率が1%まで減り債権が59%と増えます、2035年だと株式10%と徐々にリスク資産を減らして比較的安全な資産である債権の比率を高めていく仕組みとなっています。

セレブライフ・ストーリー2035

セレブライフストーリー目論見書より

このターゲットイヤーの考えかたはある程度理にかなっていますので参考になさるのも1つです。

ただし、ターゲットイヤーは少し信託報酬が高めなので少し面倒ですが自分でスイッチングをしていくと少し得することができるでしょう。

長期投資ですし信託報酬の利率はできるだけ安いにこしたことはありません。

例えばSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」で言えば日興-DCインデックスバランス(株式60)や日興-DCインデックスバランス(株式40)なんかは信託報酬もやすくておすすめです。

例えばはじめの10年は日興-DCインデックスバランス(株式60)

次の10年は日興-DCインデックスバランス(株式40)

最後は日興-DCインデックスバランス(株式20)

スイッチングしていくやり方ですね。

もちろんインデックスファンドで自分で比率を調整するのも手間はかかりますが信託報酬を済ませることができます。

iDeCo(イデコ)の手数料の安い証券会社を選択する。

40代の方に限りませんができるだけ手数料負担の少ない証券会社を選択することをおすすめします。

今の現状での選択肢ですとSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」イオン銀行楽天証券 確定拠出年金の3つのどれかかがおすすめです。

3つともメリット、デメリットがありますので比較の上で選択されるのが良いかと思います。

詳しくは下記の記事を御覧ください。

関連記事

iDeCo(個人型確定拠出年金)はどこがいいのかを選べない。iDeCo(個人型確定拠出年金)を取り扱う金融機関は証券会社、銀行、保険会、投信の会社など数多くあります。ありすぎて選べない方も多いでしょう。iDe[…]

iDeCoおすすめ金融機関

40代でもiDeCo(イデコ)に加入したほうがよいのか?

iDeCo(イデコ)に加入した方がよいひと

40代でのiDeCo(イデコ)加入は1番給料的にも安定している時期でしょうしおすすめできます。

iDeCo(イデコ)の最大のメリットは節税効果にあります。

給料が多くなるこの時期だからこそ加入することに意味があります。

ただし、例えば住宅ローン控除などで所得税、住民税がすくないとか0の場合はメリットが活かせません。

それならばNISAやつみたてNISAの方がよいかもしれませんね。

iDeCo(イデコ)の掛金は基本的に満60歳になるまで引き出すことができません。

そのあたりを考えて加入するかしないか。

加入する場合はいくら加入するのかを考える必要があるでしょう。

節税だけみてもダメですよ。

より詳しいiDeCo(イデコ)のメリットは下記記事を御覧ください。

関連記事

個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo)とは、毎月決まった金額を積み立てることで老後の生活に備えるための公的な制度です。この制度最大の特徴は税金面で様々な優遇措置が取られていることです。他にもメリット・デメリットがありますの[…]

株価晴れる

iDeCo(イデコ)に加入しない方がよいひと

iDeCo(イデコ)はお得な制度ですが一部加入しないほうがよい人も存在します。

下記の記事にその辺りをまとめてありますのでこちらも合わせて御覧ください。

関連記事

iDeCo(個人型確定拠出年金)はかなりお得な制度ですので加入者がすごい勢いで伸びています。また、いろんなところで話題になっていますので飛びついて加入する人も多いでしょう。しかし、ちょっと冷静になってください。実はi[…]

iDeCO加入しないほうが良い場合

まとめ

今回は40代からのiDeCo(イデコ)をみてみました。

いかがでしたでしょうか?

20代編、30代編、50代編はこちら

関連記事

年代ごとに違う個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ【20代編】iDeCoはこのページでも何度もお伝えしていますとおり最強にお得な制度です。基本的に使わない手はないのですが制度の性質上、年代によって使い方[…]

20代でイデコに入る
関連記事

年代ごとに違う個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ【30代編】iDeCoはこのページでも何度もお伝えしていますとおり最強にお得な制度です。基本的に使わない手はないのですが制度の性質上、年代によって使い方[…]

30代のイデコ加入
関連記事

年代ごとに違う個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ【50代編】iDeCoはこのページでも何度もお伝えしていますとおり最強にお得な制度です。基本的に使わない手はないのですが制度の性質上、年代によって使い方[…]

50代からのideco
また、iDeCo(イデコ)は加入できる範囲が広がって以降加入者が激増しています。

そのため、申込みから加入まで2ヶ月、3ヶ月かかるケースが多くなっています。

少しでも節税効果を大きくするためには早めの申込みが吉です。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの6社から選ぼう

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるならまずは金融機関を決める必要があります。

しかし、たくさんあってどこにしたらよいのかわからない方も多いでしょう。

簡単に決めてしまう方もおおいかもしれませんが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の場合、金融機関ごとの違いがとても大きいですから慎重に選びたいところです。

私が今もし、新たに加入するならSBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、イオン銀行、大和証券の6択の中から決めます。

この6つの金融機関は運営管理機関手数料は無料です。(国民年金基金連合会の手数料等は各社共通で掛かります。)

また、運用商品もインデックスファンドを中心に低信託報酬の商品が充実しています。順番に見ていきましょう。

SBI証券

イチオシははSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」です。

SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。

そのため選択の楽しさがあります。

また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

また、2018年11月からセレクトプランなる新しいプランができました。

こちらではeMAXIS Slimなども取り扱いがあり、信託報酬にも他に負けないだけのものになりましたね。

ちなみに既存加入者も無料でプラン変更可能となっています。

私も先日セレクトプランに変更しました。

また、SBI証券は確定拠出年金について古くから携わっており、1番の老舗で安心感が高いのも大きいと思います。

筆頭候補はSBI証券で決まりでしょう。

まずはこちらを検討してみてください。

マネックス証券

次点はマネックス証券 iDeCoです。

信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。

特にeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

また、最近、一番人気のひふみ年金もラインナップに追加されさらにスキがなくなりました。

松井証券

松井証券のiDeCoは取扱商品が12本と少ないですが、SBI証券やマネックス証券と同様にeMAXIS Slimシリーズを取り揃え信託報酬が最安値水準となっています。

抑えるところは抑えた感じがありますね。逆に本数が少ないことにより選びやすさは増しており初心者向けの筆頭候補といってもよいかもしれません。

また、35本制限まで余裕があるというのは最後発の強みですね。

1番人気のひふみ年金の取扱もあるのもポイント高いです。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。

このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。

また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。
イオン銀行iDeCo

楽天証券

楽天証券 確定拠出年金は人気のセゾン投信なんかにも加入できます。

また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった自社の人気商品の取扱が魅力です。

今後は楽天SPUの対象になったり、つみたてNISAのように楽天カードでポイントが貯まるようになるようでしたらかなり面白いです存在ですね。

大和証券

大和証券 iDeCoは大手証券会社でありながら、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にもかなり力を入れています。

他のネット証券と違い店舗が全国各地にたくさんあります。そこに魅力を感じる方にはおすすめできますね。

また、取扱商品もダイワつみたてインデックスシリーズなど信託報酬が安めの商品を取り揃えています。

また、UBS中国株式ファンド、ブラックロック・インド株ファンド、ダイワ・ロシア株ファンド、ダイワ・ブラジル株式ファンドといった他の金融機関ではみかけないその国特化のファンドなんかもあるのがおもしろいですね。

大和証券 iDeCo

総合して考えるとこの6つの金融機関ならどれかに加入すれば大きな後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

最新情報をチェックしよう!