【企業型確定拠出年金】選択制確定拠出年金制度はデメリットいっぱい。拠出(加入)は気をつけよう

選択型確定拠出年金は気をつけよう

選択制確定拠出年金制度

今回は読者様よりご質問いただいた内容を考えて見たいと思います。

企業型確定拠出年金の制度に選択性確定拠出年金というのがあります。

読者様はこれに入っている会社に所属していますが選択制確定拠出年金制度に加入するかどうかで悩んで見えます。

今回はこの件を考えて見たいと思います。

選択制確定拠出年金とは

まずは、選択制確定拠出年金制度とはどういったものなのかをみていきましょう。
選択制確定拠出年金制度とは企業型確定拠出年金制度の一種です。
通常の企業型確定拠出年金制度は会社が掛金を払う仕組みとなっています。
そして全員加入が原則です。
選択制確定拠出年金制度は少し通常のタイプと違う点があります。
それが従業員が加入(拠出)するかを選択できる点にあります。
拠出することを選択すればその部分が通常の企業型確定拠出年金と同様に扱われます。
拠出を選択しない方はそのまま退職金の前払いのような形で給料としてもらうことができるのです。

拠出を選択する→企業型確定拠出年金制度へ加入(将来受け取る)
拠出を選択しない→今受け取る

ということです。
どちらを選択するのがいいのかは考え方しだいですね。


選択制確定拠出年金のメリット

会社側

会社側の選択性確定拠出年金の大きなメリットは導入しやすさにあります。
通常の企業型確定拠出年金制度は掛金を会社が拠出しますので大きな負担となってしまいます。
選択制確定拠出年金制度の場合は一般的に給料の一部を拠出することになりますので負担はそれほどありません。
つまり導入しやすいってことなのです。
また、社会保険を減らす効果もありますのでその点でもプラスが大きいです。

福利厚生の充実
導入しやすい
社員の老後設計が立てやすくなる
社会保険が削減

従業員側

従業員側からしても選択制を選ばなければ今までの給料と同じですし、選択すれば確定拠出年金に加入できる(将来への積立と節税効果)というメリットがあります。
もちろん確定拠出年金ですので運用が非課税などのメリットも受けられます。
また、選択制確定拠出年金は通常の企業型確定拠出年金やイデコ(個人型確定拠出年金)と違って給料が下がるため社会保険を減らす効果もあります。
これも大きいと思います。
どちらを選択するのがいいのかは考え方しだいですね。

確定拠出年金のメリットが受けられる
所得税、住民税の節税
運用が非課税
受取も優遇
社会保険料が安くなる

選択制確定拠出年金のデメリット

会社側

会社側からすると選択制確定拠出年金はデメリットはほとんどありません。
しいてあげるなら就業規則などの改定や従業員への説明など準備にちょっと時間がかかることでしょう。

導入準備がそれなりに大変

従業員側

従業員側のデメリットはさきほどの社会保険を減らす効果によるものです。
社会保険のうち厚生年金は払った金額により将来もらえる年金がかわります。
厚生年金の支払いが減ればそれだけ将来の年金を減らすことに繫がります。
また、健康保険のステージにより給付金額が決まる傷病手当などの金額にも影響があります。
また、会社を退職したときにもらう失業保険も給料が計算ベースになりますから給料が下がればそれだけ貰う金額も減るのです。
その点はしっかり抑えて判断する必要があります。
また、通常の企業型確定拠出年金やイデコ(個人型確定拠出年金)でも一緒ですが60歳まで引き出せませんのでそのあたりも考えて置く必要があります。

将来の年金が減る(厚生年金)
傷病手当などが減る
失業保険が減る
60歳まで引き出せない

選択制確定拠出年金に加入(拠出)すべきか?

それではここからは選択制確定拠出年金制度に加入(拠出)すべきかを考えてみたいと思います。

ポイント1 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)との比較で考えよう

イデコ(個人型確定拠出年金)との比較で考えるとコスト(手数料)が会社もちの分だけ選択制確定拠出年金制度の方に優位です。

しかし、運用機関を自分で選べるイデコ(個人型確定拠出年金)と違い、選択制確定拠出年金制度では会社が選んだ証券会社や銀行を使うことになります。

そのため運用商品がやけに信託報酬が高いものばかりだったりする可能性もあります。

まずはそこを見極めましょう。

あまり信託報酬が高いものばかりなら加入(拠出)を辞めるのが正解だと思います。

実際、選択制確定拠出年金制度は信託報酬が高い運用商品ばかりのところが多いとも聞いています。

中には全部信託報酬が1%以上のアクティブ投信ばかりというところもあるとか・・・

もし、その場合は、銀行なり、証券会社、保険会社などが儲けるためのサービスですからやめておきましょう。

会社側の総務担当や上層部が投資に弱い人ばかりだとこうなるケースが多かったりします。

従業員のことを思ってはじめたのに・・・逆効果になってしまうこともありえます。

手数料は会社持ち
信託報酬に注意



ポイント2 給料が下がることによるメリットデメリット

選択性確定拠出年金の大きなポイントが給料を減らすことによる社会保険の削減効果があります。

短期的にみれば嬉しいことです。

所得税や住民税を減らすことはメリットしかありません。

しかし、従業員側からみると社会保険は将来の年金や社会保険制度でもらえる金額にも絡んできてしまうので一概に下がったから良いとは言えないのです。

そのあたりも考えて置く必要があるでしょう。

例えばすぐに影響があるものとして失業保険があります。

失業保険は会社を退職する前6ヶ月の給料で計算するので、給料が下がればもらえる金額も減ってしまうのです。

失業保険を貰う可能性があるかたは選択性確定拠出年金に入らないほうが得になるやもしれません。

また、傷病手当といって怪我や病気などで仕事を休まないと行けなくなったときにもらえる手当は健康保険の金額(標準報酬月額)で決まります。

標準報酬月額はステージ制になっていますが基本的に給料の金額ですから給料が下がって健康保険のステージが下がればそちらも減ってしまうのです。

また、同様に出産手当金といって出産する際にもらえる社会保険も同様に健康保険の金額が下がれば減ってしまいます。

近く出産する予定のがある方も入らないほうがいいかもしれませんね。

もう一つ、厚生年金も将来もらえる金額は厚生年金の金額(標準報酬月額)で決まります。

給料が減れば厚生年金の金額(標準報酬月額)も減りますので将来もらえる年金が減るのです。

せっかく選択制確定拠出年金制度で積み立てても年金が減ったら意味はないですよね。

選択制確定拠出年金制度でどれくらいプラスになって将来もらえる年金がどれくらい減るかは検討しておく必要があります。

社会保険が減るってことは両刃の剣ということを覚えてきましょう。

そしてそのあたりを理解した上で検討する必要があります。

総務担当等が知識がない場合このあたりのデメリットを理解していない場合もありますので自己防衛が必要かもしれませんね。

ポイント3 お金の余裕を考えよう

選択制確定拠出年金制度も60歳まで引き出せません。
さらに選択制確定拠出年金制度は給料を減らして拠出するわけですから尚のことお金の余裕を見ておく必要があります。
お金が足りないといって確定拠出年金から引き出すことはできないのですから・・・

ですから加入するにしても絶対使わなくても大丈夫な範囲の掛金にしておきましょう。

まとめ

選択制確定拠出年金制度の導入は会社側からすると大きなメリットがありますが、

従業員側からするとデメリットが結構ありますのでそのあたりを加味して検討する必要があります。

個人的に言わせていただくと選択制確定拠出年金制度はイデコ(個人型確定拠出年金)と違って両手を上げて推奨する制度ではありません。

また、似た制度にマッチング拠出というのがあります。

マッチング拠出についてはこちらをごらんください。

どこの会社と契約してるかによっては個人型確定拠出年金(ideco/イデコ)の方をおすすめします。(規約で認められていて入れる場合)

下記のおすすめ3社と自分の会社が契約しているところを比較してみてください。

特に運用商品の種類と信託報酬を比べてみましょう。

今イデコに加入するならこの3社から選ぼう

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券の3択で決まりだとおもいます。
ちなみに私はSBI証券に入っています。
SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金
また、SBI証券、イオン銀行、楽天証券に加入した場合私ならこの運用商品に投資するのかは下記を御覧ください。



読んでいただきありがとうございました。
私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. ふるさと納税
    ふるさと納税が4月以降変わってしまうようです。 4月からふるさと納税の返礼品がグレードダウン?駆け…
  2. 企業型確定拠出年金の放置は大損
    退職、転職後に企業型確定拠出年金を放置しているのが40万人以上 確定拠出年金はこのサイトでも何度も…
  3. トンチン年金
    長生きに備える保険「トンチン年金」 あまり聞き慣れないかもしれませんが「トンチン年金」(トンチン保…
  4. 8月株主優待おすすめ
    2017年8月おすすめ株主優待5選 ふるさと納税、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)、NIS…
  5. 確定拠出年金運用商品ランキング
    個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)で人気の運用商品は? 先日読者様から質問メールが有りました…
  6. 積立NISAの条件
    下記のブログにも書きましたが日本の投資信託は99%はダメとは日本証券アナリスト協会 第8回国際セミナ…
  7. 家計簿ソフト
    家計簿アプリ「マネーフォワード」は便利 「マネーフォワード」なる家計簿アプリを使い始め…
  8. マッチング拠出する女
    企業型確定拠出年金のもう一つのパターン【マッチング拠出】 昨日のブログでご紹介した選択…
ページ上部へ戻る