下落相場のイデコ

下げ相場の際の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の立ち居振る舞い方

下げ相場が来た時、長期投資の資産はどうすればよいか


しばらくダウがずっと高値を更新していましたし、日経平均も上がり続けてきましたのでちょっと一服してる感がありますね。

こんな時、特に投資がはじめての方は不安になってしまう方もおおいかもしれません。

また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)やつみたてNISAは基本的に長期投資となります。

長期投資ですからその間にリーマンショックやライブドア・マネックス・ショック、石油ショックのような大きな下げ相場が来る可能性もあります。

このような状況下で個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)やつみたてNISAで投資していいる場合どうしたらよいのでしょうか?

今回はそんなことを考えてみたいと思います。

2つのやり方がある

大きく分ければ2つのやり方があると考えられます。

順番にみていきましょう。

リスクが低い資産へ移す

まず、考えられるのがリスクの低い資産へ移す事が考えられます。

たとえば個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)ならば定期預金や債権、金などです。

また、つみたてNISAはいつでも辞められますから一旦売却して休むことも考えられますね。

定期預金はそこまで気にしなくてもよいでしょうが債権や金の場合には下記の記事にも書きましたが

株式との相関係数を意識するとよいでしょう。

たとえば債権といっても先進国債券や新興国債権だと結構株と連動してしまいます。
(為替の影響も大きい)
そのためそこまでのリスク回避とならないことも覚えておきましょう。

下げ相場が終わったら

そして下げ相場が終わったら株なりリスク資産へ戻すのです。

定期預金のままでは全然増えませんからね。

ただし・・・理屈はそれでよいのですが実際はそうも行かないのが相場なのです。

いつまで下げ相場なのかは誰もわからないということなのです。

ですからこのような方法を取る場合、この投資格言をしっかり胸に刻んでおいてください。

頭としっぽはくれてやれ

これは昔から相場の世界でよく言われる言葉で天井と底を取ろうと思っても無理ってことです。

ですから1番おいしいお腹とかだけ食べようよってことです。

下落相場のもうそろそろ底だろうというのは1番危険ですからお気をつけくださいね。


何もしない

もう一つの方法は何もしないということです。

いつもどうりそのまま積み立てていくって方法です。

個人的にはこれがオススメです。

なぜならば先程書いたようにいつまでが上げ相場でいつからが下げ相場なんてなかなかプロでも予想できません。

例えば下落相場だからとリスク資産から定期預金に移したらそこから上げ相場となってしまう可能性もあるのです。

だったらそのまま何もせずひたすら積み立てていくのも1つの方法なのです。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)やつみたてNISAは長期投資で分散投資をしているわけです。

もし、下落すれば安い値段でたくさん積み立てをできるわけですからナンピンと同じ効果が得られます。

こんな感じで考えるとわかりやすいかもしれません。

10000円を毎月積み立ててるとします。

上げているときは10000円で1口しか買えませんでした。

そこから相場が大きく崩れて半分になりました。

ってことは5000円で2口買えるようになります。

10000円の時期が5ヶ月、5000円の時期が5ヶ月続いたとします。

(ちょっと極端な例ですが)

ってことは10000円の時期は1口ずつですから5口で50000円買っています。

5000円の時期は2口ずつで10口で50000円分買っています。

合計15口100,000円投資をしたことになります。

ってことは1口当たり66,666円です

つまり50000円から反転して66666円以上になれば利益が出るようになるわけです。

通常の株式取引で「下手なナンピン、スカンピン」といってあまりいい言葉として使われませんが長期投資ではこのような効果が得られるのです。

ですからあえてわからないなら動かいないっての1つの方法なのです。

例えばリーマンショックでも大きく下がっていますが長期的で見ればちょっと下がった程度でまた上昇しているのです。

分散投資で長期投資ならではですね。

60歳近い人は気をつけて・・・

ただし、長期投資となれないもう少しで60歳となってしまう方は気をつけましょう。

下落相場と予想されるならばできるだけ早めにリスク低めの資産に動かすのをおすすめします。

まとめ

今回は下落相場になった場合の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)やつみたてNISAの立ち居振る舞い方をみてきました。

どちらにしても正解は後にしかわかりません。

自分が取れるリスクをしっかり考えた上でアセットアロケーションを組んでおけば下げ相場になっても怖くはないと思います。

(逆に安く買えてわくわくするかもしれません)

ぜひ自分にあったアセットアロケーション考えるところからはじめてみてくださいね。

アセットアロケーションの考え方は下記記事を御覧ください。

関連記事

アセットアロケーションをどうするかで投資結果の9割が決まると現代ポートフォリオ理論では言われています。 デイトレードやIPO投資などの短期的な投資の場合はそうでもないと思いますが、個人型確定拠出年金(iDeCo)やつみたてNISAは長[…]

アセットアロケーション

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの6社から選ぼう

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるならまずは金融機関を決める必要があります。

しかし、たくさんあってどこにしたらよいのかわからない方も多いでしょう。

簡単に決めてしまう方もおおいかもしれませんが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の場合、金融機関ごとの違いがとても大きいですから慎重に選びたいところです。

私が今もし、新たに加入するならSBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、イオン銀行、大和証券の6択の中から決めます。

この6つの金融機関は運営管理機関手数料は無料です。(国民年金基金連合会の手数料等は各社共通で掛かります。)

また、運用商品もインデックスファンドを中心に低信託報酬の商品が充実しています。順番に見ていきましょう。

SBI証券

イチオシははSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」です。

SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。

そのため選択の楽しさがあります。

また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

また、2018年11月からセレクトプランなる新しいプランができました。

こちらではeMAXIS Slimなども取り扱いがあり、信託報酬にも他に負けないだけのものになりましたね。

ちなみに既存加入者も無料でプラン変更可能となっています。

私も先日セレクトプランに変更しました。

また、SBI証券は確定拠出年金について古くから携わっており、1番の老舗で安心感が高いのも大きいと思います。

筆頭候補はSBI証券で決まりでしょう。

まずはこちらを検討してみてください。

マネックス証券

次点はマネックス証券 iDeCoです。

信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。

特にeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

また、最近、一番人気のひふみ年金もラインナップに追加されさらにスキがなくなりました。

松井証券

松井証券のiDeCoは取扱商品が12本と少ないですが、SBI証券やマネックス証券と同様にeMAXIS Slimシリーズを取り揃え信託報酬が最安値水準となっています。

抑えるところは抑えた感じがありますね。逆に本数が少ないことにより選びやすさは増しており初心者向けの筆頭候補といってもよいかもしれません。

また、35本制限まで余裕があるというのは最後発の強みですね。

1番人気のひふみ年金の取扱もあるのもポイント高いです。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。

このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。

また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。
イオン銀行iDeCo

楽天証券

楽天証券 確定拠出年金は人気のセゾン投信なんかにも加入できます。

また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった自社の人気商品の取扱が魅力です。

今後は楽天SPUの対象になったり、つみたてNISAのように楽天カードでポイントが貯まるようになるようでしたらかなり面白いです存在ですね。

大和証券

大和証券 iDeCoは大手証券会社でありながら、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にもかなり力を入れています。

他のネット証券と違い店舗が全国各地にたくさんあります。そこに魅力を感じる方にはおすすめできますね。

また、取扱商品もダイワつみたてインデックスシリーズなど信託報酬が安めの商品を取り揃えています。

また、UBS中国株式ファンド、ブラックロック・インド株ファンド、ダイワ・ロシア株ファンド、ダイワ・ブラジル株式ファンドといった他の金融機関ではみかけないその国特化のファンドなんかもあるのがおもしろいですね。

大和証券 iDeCo

総合して考えるとこの6つの金融機関ならどれかに加入すれば大きな後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

下落相場のイデコ
最新情報をチェックしよう!