iFreeシリーズも信託報酬の値上げ発表【つみたてNISA】【個人型確定拠出年金(iDeCo)】

iFreeシリーズ信託報酬値下げ

ifreeシリーズの信託報酬の値下げ

SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)でラインナップされているifreeシリーズがが大きく信託報酬をさげて来ました。

以下はプレスリリースの内容

当社は、昨年8⽉、「iFree」(アイフリー)を「投資、もっと⾃由に」をコンセプトに、投資者の皆さま (investors)が⾃由(Free)に選べるファンドシリーズ、購⼊・換⾦時の⼿数料が無料※(Free)でインター ネット (internet)でもご購⼊いただけるインデックスファンド・シリーズとして発表しました。おかげさまでご好評をい ただきまして誠にありがとうございます。 今回、iFree シリーズ14ファンドのうちの6ファンドの運⽤管理費⽤を引き下げる信託約款の変更を⾏う予定ですのでお知らせいたします



信託報酬の値下げ

iFreeシリーズは信託報酬の安さが売りですが他の投資信託も値下げで対抗してきてその魅力が薄れてきていた点もあります。

そこで対抗しての値下げです。

ちょうどたわらシリーズの値下げとほぼ同じタイミングでの発表ですね。

全部で6カテゴリーの値下げ。

思いきりましたね〜

iFree日経225インデックス 0.19%(税抜)→0.17%(税抜)
iFreeTOPIXインデックス 0.19%(税抜)→0.17%(税抜)
iFreeJPX日経400インデックス 0.205%(税抜)→0.195%(税抜)
iFree外国株式インデックス 0.21%(税抜)→0.19%(税抜)
iFree外国株式インデックス(為替ヘッジあり) 0.19%(税抜)→0.19%(税抜)
iFree8資産バランス 0.23%(税抜)→0.22%(税抜)

たわらシリーズとの比較

同時期に値下げを発表したたわらシリーズとの比較をしてみると

TOPIX、日経225が互角

外国株式インデックスと外国株式(為替ヘッジあり)が0.005%iFeeeの方が安くなっています。

かなり競っていますね。

0.005%の差だと実質コストで簡単に逆転されてしまいますのでそのあたりも確認したい所。

また、開始日はこちらのほうが2ヶ月近く早くなっていますね。

iFreeシリーズは先日も書いた新興国株式シリーズをなんとかしてほしいところです。

変更日

2017年10月2日

まとめ

今回はSBI証券で個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)で取扱のあるiFreeシリーズの信託報酬引き下げの話でした。

つみたてNISAが10月から募集、2018年から開始ですのでそれも合わせての変更かもしれません。

まだまだいろいろと値下げ競争がでてきそうですね。

今後に期待したいところです。

 

個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)はこの3社に決まり

iDeCoの場合は長期投資となります。

運用に関係なく信託報酬、手数料は掛かってきますので少しでも信託報酬、手数料がやすいところを選択するのがセオリーとなります。

現状ならば下記の3つの証券会社、銀行の中から選択するのがよいかと思います。
それぞれ特徴がありますので比較検討してみるのをおすすめします。

今回ご紹介したたわらノーロードシリーズはイオン銀行と楽天証券で取扱があります。

とくにイオン銀行はたわらノーロードシリーズがかなり充実しています。

SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金

また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。




私がSBI証券、イオン銀行、楽天証券、ニッセイ、みずほ銀行、ゆうちょ銀行でiDeCoをはじめるならこの運用商品を選ぶはこちらからどうぞ






読んでいただきありがとうございました。
私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. iFree新興国株式インデックスの実質コスト
    iFree新興国株式インデックスの実質コストが判明 積立投資信託でここ数ヶ月くらい「iFree新興…
  2. SBI証券でイデコオススメ運用商品
    激戦の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) 楽天証券が10万円以上の残高で手数料無料にすると発…
  3. 投資信託計算
    先日も書きましたが2018年5月にDC法が改正されます。そこから確定拠出年金の商品数が35本が上限と…
  4. つみたてNISAはじまる
    つみたてNISAの概要が各社出揃う 来年2018年からはじまるつみたてNISAの概要が…
  5. 8資産バランスの実質コスト判明
    iFree 8資産バランスの実質コストが判明 SBI証券の個人型確定証券(iDeCo/イデコ)で低…
  6. さわかみファンドつみたてNISA
    さわかみファンドがつみたてNISA導入見送り 来年から鳴り物入りではじまるつみたてNISA。 …
  7. 100円投資信託
    100円投資信託の使い方 SBI証券、楽天証券、松井証券、岡三オンライン証券、マネック…
  8. ふるさと納税
    ふるさと納税が4月以降変わってしまうようです。 4月からふるさと納税の返礼品がグレードダウン?駆け…
ページ上部へ戻る