Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • iDeCo
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)とは、自分で作る年金制度のこと
  • HOME
  • ブログ
  • iDeCo
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の確定申告書の書き方、方法、いくら節税?
イデコの確定申告方法

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の確定申告書の書き方、方法、いくら節税?

忘れずやっておこう。個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の確定申告

前回の年末調整編に続いて今回は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の確定申告編です。

サラリーマンの方などで年末調整を会社が行ってくれる方で他に特別な事項がなければ確定申告はいりません。

しかし、自営業の方や年末調整で個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の手続きを忘れた方などは確定申告しないと税金の節税はできません。

それでは個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に入った意味が半減ですね。

ぜひ忘れずにやっておきましょう

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の年末調整については下記をご覧ください。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の確定申告

まずは個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の確定申告のやり方を見ていきましょう。

結構簡単です。

小規模企業共済等掛金払込証明書を用意

用意しなければいけない書類は「小規模企業共済等掛金払込証明書」です。

年末調整と全く一緒ですね(笑)

これは10月ころに国民年金連合会から郵送されてくる書類で1年間にどれだけ個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に掛けたのかを記載してあります。

10月に送られてきますので実際にそれまでに引き落とされた金額と、今後12月までそのまま加入した場合の金額が記載してあります。

12月までそのままの掛け金で加入されていれば見込み額の方を使います。

国民年金基金連合会から送られてくるので証券会社などからではないのでご注意ください。

ちなみにうちにはまだ届いていません。

そろそろ届くとは思いますが・・・

所得から差し引かれる金額に記載

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の確定申告書類の書き方

確定申告も個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に関する手続きは簡単です。

確定申告書の左下に所得から差し引かれる金額という欄があります。

その中に「小規模企業共済等掛金控除」という欄があります。

そちらに前述の「小規模企業共済等掛金払込証明書」に書いてある金額を記載するだけです。

他は通常の確定申告と一緒となります。

簡単ですね。

確定申告の場合、紙で印刷する場合には「小規模企業共済等掛金払込証明書」の添付が必要になります。

電子申告する場合には添付は必要ありません。



個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の確定申告でいくら戻るのか?

それでは個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入している人が確定申告することでいくら戻るのでしょうか?

これはその人の所得によります。

下記のサイトで計算が可能です。

実際に還付される金額は他の税額控除や所得から引かれた所得税により変わってきます。

例年と全く同じならば今年から増えた下記の控除分が余分に戻ってくるようになるでしょう。

http://www.dcnenkin.jp/tax/

まとめ

今回は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の年確定申告の方法及び戻ってくる金額の話を見てきました。

簡単だったでしょう。

確定申告書の「小規模企業共済等掛金控除」に金額を記載して、合わせ「小規模企業共済等掛金払込証明書」を添付するだけです。

これを忘れてしまうと確定申告で個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)分の税金還付が受けられません。

忘れずにやっておきましょうね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の年末調整についてはこちらをごらんください。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの5社

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるにはまずどこの金融機関で始めるのかを決めなくてはなりません。

たくさんの金融機関、証券会社が取扱をはじめていますので迷う方も多いでしょう。

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券、松井証券の5択で決まりだとおもいます。

マネックス証券

その中でもマネックス証券 iDeCoが筆頭候補となります。

信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。

特に下記のeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

eMAXIS Slimシリーズについてはこちらをご覧ください。

松井証券

松井証券のiDeCoは取扱商品が12本と少ないですが、

マネックス証券と同様にeMAXIS Slimシリーズを取り揃え信託報酬が最安値水準となっています。

抑えるところは抑えた感じがあります。

最後発の強みですね。

また、1番人気のひふみ年金の取扱もあるのもポイント高いです。

SBI証券

次はSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」かな。

SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。

そのため選択の楽しさがあるでしょう。

また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

あとは確定拠出年金について古くから携わっており5社の中で1番の老舗で安心感が高いのも大きいと思います。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。

このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。

また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。

楽天証券

楽天証券 確定拠出年金は楽天スーパーポイントがたまったり、セゾン投信なんかに加入できます。

また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった人気商品の取扱も魅力です。

総合して考えるとこの5つのどれかに加入すれば後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。






読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。