【iDeCo】【つみたてNISA】加入後は定期的にチェックしよう

イデコ、つみたてNISAはチェックが大事

iDeCo/つみたてNISAは加入後放置でよいの?

個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)やつみたてNISAは基本的に長期間に渡って定期的に積み立てを行う制度です。

(個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)なら60歳まで、つみたてNISAなら20年)

そのため掛けたのを忘れてそのまま放置をされる方も多いでしょう。

また、それを推奨されている方もみえます。

しかし、ほんとうにそれで良いのでしょうか?

今回は個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)やつみたてNISAの加入後の話を見ていきたいと思います。

定期的なチェックが重要

個人的な意見を言わせていただくと毎日のチェックは必要ありませんが月1くらいはチェックをしたほうがよいと思われます。

その理由を見ていきましょう。


リバランスの重要性

個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)にしてもつみたてNISAにしてもあらかじめ資産配分(アセットアロケーション)を考える方がおおいでしょう。

しかし、そのまま積み立ててれば当初考えたアセットアロケーションとは少しずつずれてきてしまいます。

それぞれの資産の値上がり、値下がりによってアセットアロケーションが大きくブレてしまうのです。

たとえば先進国株式50%、国内株式50%というアセットアロケーションを組んだとしましょう。

それから先進国株式が大きく上げて国内株式が大きく下げたりすれば50%、50%ではなくなってしまいます。

これを修正することをリバランスというのです。

リバランスをしたほうが成績がよいとのデータもありますので、

当初想定していたアセットアロケーションとある程度のズレが生じた場合はリバランスをするとよいでしょう。

不正のログインのチェック

また、不正ログインのチェックが考えられます。

個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)もつみたてNISAも基本的にはIDとパスワードで加入者サイトに入ることができます。

もし、そのIDとパスワードが盗まれたり流出していれば・・・・

例えば個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)ならば勝手に配分を変えられたり売却されてたりする可能性があります。
(引き出しはできないですが・・・)

つみたてNISAならばこちらも勝手に売却したり、つみたて対象をかえられたりするいたずらをされる可能性があります。

これらのチェックのためにもある程度定期的に見ておく必要があります。

とくにIDやパスワードを他のサイトと同じにしているような場合にはそこから流出する可能性もあります。

できれば違うパスワードを設定されるのをおすすめします。

経済状況の大きな変化

また、大きな経済状況の変化が生じたときもチェックが必要です。

相場は基本的に行き過ぎてしまうのが常です。

相場の行き先が大きく変わったかな?ってときは長期投資といえどもそちらの方向にシフトしておく方が成績がよくなる可能性が高いでしょう。

私の場合は、週足をチェックして相場の大きな変化を捉えていたりします。

投資商品の変更もできる

個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)もつみたてNISAも投資する商品を変更は簡単にできます。

そのため、同じベンチマークのインデックスファンドで信託報酬がより安いものが出た場合などは思い切って乗り換えてしまうのも良いでしょう。

ただし、信託報酬だけでなく実質コストが重要ですからそちらを確認してくださいね。

とくにできたばかりのインデックスファンドは意外に信託報酬以外のコストが高く実は割高だったということもありえますので・・・、

簡単に定期的なチェックをする方法

簡単に定期的なチェックをする方法としてオススメなのが家計簿ソフトをつかうことです。

私はマネーフォワードの家計簿ソフトを使っていますが、一覧で個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)の資産それぞれの金額、プラスマイナス、合計金額などが表示されます。

まだつみたてNISAははじまってませんのでどういう表示になるかはわかりませんが、

NISAと同じならば個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)と同じようにそれぞれで表示されます。

iPhoneアプリはこちら

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿 – Money Forward, Inc.

アンドロイドアプリはこちら

家計簿マネーフォワード~銀行・クレカ対応が人気の無料アプリ

まとめ

今回は個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)やつみたてNISAに加入後のチェックが重要である話でした。

長い投資期間になりますので忘れてしまうくらいがちょうどよいという方も見えますが私は定期的なチェックをおすすめしますね。

イデコに加入するならこの4社から選ぼう

イデコを始めるにはまずどこの金融機関で始めるのかを決めなくてはなりません。

たくさんの金融機関、証券会社が取扱をはじめていますので迷う方も多いでしょう。

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券の4択で決まりだとおもいます。

その中でもマネックス証券 iDeCoが筆頭候補となります。
信託報酬がほとんど最安値でスキがありません。

次点がSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」かな。
SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。
そのため選択の楽しさがあるでしょう。
また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。
このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです

楽天証券 確定拠出年金は楽天スーパーポイントがたまったり、セゾン投信なんかに加入できます。
また、将来的に楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった人気商品の取扱も期待できます。

総合して考えるとこの4つのどれかに加入すれば後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

つみたてNISAも現在の情報だとSBI証券と楽天証券で決まりかな?って感じです。

始まるのは来年からですので他がどう対応してくるのかは楽しみですけどね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)、つみたてNISAについては下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。





読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. ふるさと納税おすすめ電化製品返礼品
    まだまだ電化製品(家電)がもらえるふるさと納税もある。 先日、ふるさと納税を管轄する総…
  2. 楽天証券イデコ
    激戦の様相の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) 先日イオン銀行が個人型確定拠出年金(iDeC…
  3. ふるさと納税
    少し前のブログにも書きましたが先月に総務省からふるさと納税の返礼品を寄付額の3分の1程度に抑えるよう…
  4. イデコ対国民年金基金
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と同じ枠 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデ…
  5. COMSAでICO
    日本でICOができるCOMSA ビットコインが分割イベントが終わっての安堵感から急上昇…
  6. イデコと公務員
    2017年1月から公務員も個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入できる 201…
  7. 投資信託計算
    先日も書きましたが2018年5月にDC法が改正されます。そこから確定拠出年金の商品数が35本が上限と…
  8. セゾン投信を真似る
    セゾン投信がiDeCoで買えるのは楽天証券だけ iDeCo(個人型確定拠出年金)は手数…
ページ上部へ戻る